【オンラインOK】\お気軽に/ご相談ください【鯖江市に移住】
情報を集める
公開日:2020/12/03
終了日:2021/12/31

【オンラインOK】\お気軽に/ご相談ください【鯖江市に移住】

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

 鯖江市は、「めがねのまちさばえ」として全国に広く浸透しておりますが、実は4年制の大学がなく、しがらみがないことから、「学生連携のまちづくり」に力を入れているまちでもあり、全国から多くの学生が集まります。

 中でも代表的なのは、夏の約1か月間、地区内の空き家となっていた古民家を拠点としてアート活動および地域住民と交流する「河和田アートキャンプ」と、「市長になりませんか?」のキャッチコピーのもと、2泊3日で、本市の活性化策を考案し、プレゼンテーションを行う「地域活性化プランコンテスト」です。
 そんな「学生連携のまちづくり」をきっかけに、近年、県外の若者が本市に移住して県外の仲間とともに起業し地域の活性化に取り組んだり、新型コロナウイルス感染症の影響で外出の自粛が続く中、テイクアウト店の紹介サイトを立ち上げて地元飲食店の活性化を図たりするなど、若者が元気なまちでもあります。
 また、都市部IT企業を対象にサテライトオフィスの誘致にも取り組んでおり、若者に魅力的な雇用の創出にも力を入れています。

\もっと身近に/

 新型コロナの影響で、おうち時間が増えたり働き方が変わったりと、世の中が大きく変わる中で、これからの暮らしについて改めて考える方が増え、その選択肢の1つとして移住も視野に入れている方も増えてきているように感じています。

 あなたが移住を考えた時に生まれる、住居や就職、子育てなどに対する不安や疑問を気軽にご相談ください。どんなことでもご案内させていただきます。

 オンライン相談にも対応しておりますので、「応募したい」アクション、またはメッセージをお寄せください。

鯖江市
福井県鯖江市めがねのまちさばえ戦略課が紹介する鯖江市ってこんなところ!

 鯖江市は、眼鏡フレームの国内生産シェア9割以上を誇る眼鏡産地の中心地であり、そのほか繊維王国福井の中核を担ってきた繊維産業、1,500年余りの歴史を有し国内の業務用漆器の8割を占める漆器産業、そしてIT産業などが集積した「ものづくりのまち」です。
 王山古墳群をはじめ古墳が多く、近松門左衛門が幼少期を過ごした地域には当時をしのぶ街並みが残っているなど、古代ロマンのあるまちでもあります。
 また、豊かな自然にも恵まれ、日本歴史公園百選に認定されている西山公園は日本海側随一のつつじの名所として親しまれており、毎年5月上旬には約5万株のつつじが咲き誇る「つつじまつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。
 ものづくりの息吹が感じられる工房や人情味あふれる商店街、自然豊かな里山など、都会と田舎のいいところをギュッと凝縮した鯖江市では多様な人たちがイキイキと暮らしています。

 鯖江市は、眼鏡フレームの国内生産シェア9割以上を誇る眼鏡産地の中心地であり、そのほか繊維王国福井の中核を担ってきた繊維産業、1,500年余りの歴史を有し国内の業務用漆器の8割を占める漆器産業、そしてIT産業などが集積した「ものづくりのまち」です。  王山古墳群をはじめ古墳が多く、近松門左衛門が幼少期を過ごした地域には当時をしのぶ街並みが残っているなど、古代ロマンのあるまちでもあります。  また、豊かな自然にも恵まれ、日本歴史公園百選に認定されている西山公園は日本海側随一のつつじの名所として親しまれており、毎年5月上旬には約5万株のつつじが咲き誇る「つつじまつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。  ものづくりの息吹が感じられる工房や人情味あふれる商店街、自然豊かな里山など、都会と田舎のいいところをギュッと凝縮した鯖江市では多様な人たちがイキイキと暮らしています。
7
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}