移住交流会@東京「人はなぜ知らない町に移り住むのか?」2月28日開催
募集終了
情報を集める
公開日:2019/01/31
終了日:2019/02/28

移住交流会@東京「人はなぜ知らない町に移り住むのか?」2月28日開催

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

徳島県の小松島市をご存知ですか?
小松島市主催の移住交流会を東京で開催します。「人はなぜ知らない町に移り住むのか?」
今回は移住経験者や移住希望者と地方を結ぶキーマンをゲストに迎え、移住することの意味や小松島市という場所についてご紹介します。

日時:2019年2月28日(木)19:00〜21:00
場所:ターンテーブル(東京都渋谷区神泉町10-3)http://turntable.jp/
対象:小松島市への移住に興味がある方、移住に関わる方
費用:3,000円(食事代含む)
主催:小松島市移住交流支援センター
参加申し込み
E-mail info@komatsushima-iju.com

移住交流会@東京「人はなぜ知らない町に移り住むのか?」参加募集

移住経験者や移住希望者と地方を結ぶキーマンをゲストに迎え、移住交流会を開催します。

【話題提供者】
永森 昌志氏(HAPON新宿 共同創設者、合同会社AWATHIRD 代表)
広告会社や環境系プロジェクトを経て、シェアオフィスHAPONに参画。東京都武蔵野市出身。南房総在住。南房総市公認プロモーターとして、自治体とともに2拠点居住のサポートも行う。

中村 圭二郎氏(株式会社カヤックLiving ディレクター)
3,000名以上が参加する移住スカウトサービス「SMOUT」、移住情報を提供する「SMOUT移住研究所」を運営する(株)カヤックLivingのディレクターとして、地域と移住希望者のマッチングに取り組む。

熱田 大氏(株式会社チェスト&ヒューマンアクト 代表)
これまで1,000店舗以上の開業に関わるなど幅広い事業の展開戦略に参画。戦略コンサルタントとして2015年より東京と淡路島の2拠点居住しながら、地方創生プロジェクトにも取り組む。

永森 昌志氏(HAPON新宿 共同創設者、合同会社AWATHIRD 代表)

永森 昌志氏(HAPON新宿 共同創設者、合同会社AWATHIRD 代表)

中村 圭二郎氏(株式会社カヤックLiving ディレクター)

中村 圭二郎氏(株式会社カヤックLiving ディレクター)

熱田 大氏(株式会社チェスト&ヒューマンアクト 代表)

熱田 大氏(株式会社チェスト&ヒューマンアクト 代表)

徳島市に隣接する小松島市は便利な港町です。

徳島市に隣接する小松島市は便利な港町です。

小松島市
岸村 憲作が紹介する小松島市ってこんなところ!

小松島市は四国の東門と呼ばれ、四国と関西を結ぶ小松島港を中心に栄えてきた港町です。源義経ゆかりの地をめぐる義経ドリームロードをはじめ、四国八十八ヶ所霊場18番札所恩山寺、19番札所立江寺や金長たぬき像、阿波三峰のひとつ日峰山など、小松島市には魅力的な観光地がたくさんあります。地域医療の拠点である徳島赤十字病院、JR南小松島駅、立派なホールや図書館、港湾施設に豊かな農林水産物など、小松島市の中心市街地には、コンパクトなエリアに生活に必要なものが集まっています。

岸村 憲作
株式会社アワグラス
私は大阪府岸和田市出身です。徳島在住26年になりました。徳島は自然いっぱい、食べ物が美味しい、人が親しみやすい、阿波おどり最高です。 吉野川市で梅酒製造業、徳島市と小松島市でコワーキングスペース運営などをしながら、小松島まちづくり社という活動をしています。移住して新しい商売を始めたい人を応援します。
64
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
はじめまして。小松島市移住交流支援センターの岸村と申します。いよいよ来週28日木曜日の19時より移住交流@東京が開催します。 2拠点移住や多様な暮らし方をテーマに食事をしながらの交流会になっています。今すぐ移住を考えていなくても、お気軽に参加して頂けます。まだ参加申し込み受付中ですので、ぜひご参加お待ちしています!
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!