2週間〜多拠点居住まで! 離島ワーホリ「離島の暮らしへ、旅をする」
体験する

2週間〜多拠点居住まで! 離島ワーホリ「離島の暮らしへ、旅をする」

暮らし体験移住デザイナーライター・エディター学生インスタグラマーミュージシャン

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

離島に移住!地方創生!まちづくり!みたいな、そんなに大げさに考えるのはやめて、少し、離島に遊びに来てみませんか。

といっても、ただ遊びに来るのではなく島で働いてみませんか。例えば2週間、いや1ヶ月でも、1年でも、それとか都市と離島を行き来したり…。

日本には416もの人の暮らす離島があり、そのほとんどが人手不足です。

単純な作業から専門的な仕事まで、1年中人手不足の離島もあれば、ある時期だけ人手の必要な離島もあります。

離島ワーホリは、そんな日本中の離島が連携して提案する新しい働き方・新しいライフスタイルです。(現在は隠岐諸島のみ)

都市の日常を離れ、自然の中で島民と一緒に働いてみれば、ただ旅するのとは違い、離島の暮らしをより深く感じることができるはずです。

もしかしたら、新たな自分を見つけられるかも知れません。

こんな新しい暮らし方について、一緒に考えてみませんか?

季節の旬の現場を渡り歩く

岩牡蠣の生産現場

岩牡蠣の生産現場

イカの加工現場(CAS凍結センター)

イカの加工現場(CAS凍結センター)

春は岩牡蠣の生産現場、夏はホテルでのサービス、秋はナマコの加工場、冬は酒蔵など。
島では季節ごとに繁忙期を迎える現場があり、離島ワーホリに参加される季節に合わせて、海士町観光協会が旬の現場を紹介します。

2週間からの滞在が可能。シェアハウスでの出会い。

花火をした後の集合写真

花火をした後の集合写真

近場で海遊び

近場で海遊び

離島ワーホリには、2週間からの滞在から参加可能です。
シェアハウスで暮らしながら、全国各地からの参加者の方々との交流があります。
多拠点居住をしながら、自由な働き方をしたい方などにもオススメです。

離島ワーホリ 参加者募集

ナイトクルーズ

ナイトクルーズ

東京にある離島キッチンで再会

東京にある離島キッチンで再会

2週間からの滞在期間で、通年で参加が可能です。
滞在中は専用のシェアハウスをご利用頂きます。

【中期プラン(13泊14日〜3ヶ月未満)】
家賃:28,000円
※13泊目以降は+1,500円/日

【長期プラン(3ヶ月以上の滞在または多拠点生活)】
家賃:30,000円/月

【滞在制作プラン】
家賃:0円
離島の暮らしから題材を選び、物を作る。そして、発表してみませんか?写真、絵、文章、踊り、俳句など、方法は問いません。離島を形にしてみませんか?
※企画書による選考あり。

【詳しくは離島ワーホリHPまで】
http://workingtourism.jp/

海士町
恒光 一将が紹介する海士町ってこんなところ!

隠岐諸島の有人島は4島。その中で海士町(中ノ島)は3番目に大きい島で、人口は約2300人。周囲は89km程の島で、島をぐるっと車で走るだけなら、約2時間もあれば一周できる大きさです。日本名水百選にも選ばれた湧水に恵まれ、半農半漁の島として、豊かな資源に恵まれてきた島です。隠岐が遠流の地と定められた時代より、この島でも多くの政治犯や貴族の方を受け入れてきました。中でも鎌倉時代に承久の乱に敗れた後鳥羽上皇は、この海士町で、19年間お過ごしになり、多くの和歌をお詠みになられました。
近年では、行政改革や特産品開発、教育の魅力化など独自の取組が注目を集めている。町のキャッチコピーは「ないものはない」。大事なことはすべてある、必要のないものはなくていいという、島らしい生き方を表現している。

恒光 一将
一般社団法人海士町観光協会
※ プロフィールはまだありません
108
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
離島ワーホリ興味津々です☆
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}