\12/22開催/【年間500人以上の相談を受ける移住コンシェルジュに聞く!】地域で暮らす一歩目座談会
募集終了
情報を集める
公開日:2021/12/14
終了日:2021/12/22

\12/22開催/【年間500人以上の相談を受ける移住コンシェルジュに聞く!】地域で暮らす一歩目座談会

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

<地域移住の一歩目を始める!>
「地域移住」を考えるにあたって、皆さん何から始めますか?ネットで情報収集したり、移住フェアに参加してみたり、いろんな方法があると思いますが、いざ特定の地域のことを調べようとした時、「どこに何を尋ねていいのか分からない」「どこまで相談していいものかわからない」といった声をよく聞きました。家は不動産会社に聞けばいい?仕事はハローワーク?そんな希望者の悩みに移住コンシェルジュがお答えする、オンライン相談会を実施します!

三条市の紹介はもちろん、移住する際に多く頂く質問や、実際に移住する人たちが直面するトラブルや、事前に検討しておくべき情報など、地域移住を検討する最初のステップとして、ぜひ一度相談会にご参加下さい!

こんな人におすすめ!

・地方移住を検討しているけど、移住先が見つかっていない方
・移住にあたって何から初めていいかわからないと悩んでいる方

<こんなことします!>
・三条ってどんな所?移住者から見た地域紹介
・都会から移住して変わったこと、変わらないことは?
・移住を考える人必見!三条の楽しみ方

イベント概要

======
◎日程 :12/22(水) 19:00〜20:30
◎場所 :オンライン(Zoom)
◎参加費:無料
◎当日のイベント内容
 ①三条市の紹介、移住状況
 ②地域移住の気になるリアル3選
 ③三条市に移住する人ってどんな人?
◎申込URL
https://sanjo-iju-kurashi3.peatix.com/
※上記をクリックする前に「興味あり」のクリックをお願い致します。
 
======

池田 和也(株式会社FoundingBase/三条市地域おこし協力隊)
1990年生まれ。佐賀県小城市出身。
国際基督教大学を卒業後、FoundingBaseの新規取り組みであった岡山県立和気閑谷高校の「高校魅力化プロジェクト」に参画。その後、国際進出支援を行うベンチャー企業を経て、2018年4月にFoundingBaseに復帰。
2019年11月よりCommunity Coordinatorとして新潟県三条市にて活動中。
今年度より開設した「三条市移住コンシェルジュ」として、移住希望者の様々な相談に対応している。
https://foundingbase.jp/n/n099ed74e7c4e?magazine_key=mde7974df7638

三条市
三条市 地域経営課が紹介する三条市ってこんなところ!

人口約10万人の地方都市・三条市は、東京駅から新幹線で約2時間。
上越新幹線が止まる燕三条駅や、高速道路のインターチェンジがあり、国道も走っているため、アクセス抜群の地域です。

ものづくりのまちとして有名で、「石を投げれば社長に当たる!」と言われるほどの中小企業企業の集積地でもあります。
飲み屋街・本寺小路に行けば、隣に座っていた人が社長だった、ということも良く聞く話。

市街地には幹線道路が走り、スーパーやコンビニも多く、デパートもあります。車さえあれば生活には困らない、地方都市的な生活ができます。
そこから車を約30分走らせて清流大橋を越えると、田舎暮らしが楽しめる地域・下田郷(しただごう)が広がります。市街地とは打って変わって、温泉やラフティングなどのアクティビティが楽しめる、自然豊かな場所です。

つまり…
三条市なら、地方都市的な生活も、田舎暮らしも、どちらも楽しめます!

三条市 地域経営課
三条市役所 地域経営課
▼三条市HP https://sanjo-city.note.jp/ 人口約10万人の地方都市・三条市は、鍛冶技術の伝統を受け継ぎながらも、時代に合わせて革新を続けてきた打刃物の技が光る「ものづくりのまち」です。新幹線が止まる燕三条駅から車で約30分走ると、自然豊かな地域・下田郷が広がります。地方都市暮らしも、田舎暮らしも叶えられる一石二鳥なまちです。
2
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!