半世紀ぶりに酒蔵復活!未来に向かう酒蔵の立ち上げメンバー、製造スタッフ、マーケティングスタッフ募集
募集終了
働く・住む
公開日:2021/06/28
終了日:2021/09/27

半世紀ぶりに酒蔵復活!未来に向かう酒蔵の立ち上げメンバー、製造スタッフ、マーケティングスタッフ募集

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

私たちの社名は、「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」ということで閑院の宮様から名付けてもらいました。創業100年以上の継続している造り酒屋です。
地元に根差した企業として、岩手県一関市で清酒醸造を行っておりました。
四代目(現社長 佐藤 航)が20年前に世嬉の一に入社し、酒造りの再開を目指しましたが、当時の地ビールいわて蔵ビールの不振で経営が悪化し、まずはクラフトビール部門を復活させようと努力しました。その結果、品質もよくなりファンもでき、現在は海外からも引き合いの多いビール部門になりました。
そこで、次は日本酒製造を本格化しようと思った矢先、東日本大震災に見舞われ、蔵が崩壊しその復興に10年を要しました。
酒蔵復活は2022年8月完成に向けてスタートしたばかりの事業ですが、実は40年前から当社として切望していた事業です。そして今後10年中心に据える事業になります。

一関が心豊かな素敵な場になるために酒蔵を活用したい!

私たちの会社は「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」からスタートし、現在、様々な業態に変化しています。しかし、この根幹の考えは変わらず、業態をかわっても、人の幸せを願う事業に変わりません。
「幸せの創造」と企業理念にしております。この「幸せの創造」を分解してみると三つの幸せになります。1.お客様の幸せの創造、社員の幸せの創造、地域の幸せの創造です。
お役様の幸せの創造はそのとおりですが、社員の幸せの創造は、企業を通じて社員が成長することと定めています。仕事を通じて、「良い人生」を送る。自分自身の人間性の成長を実感することが社員の幸せにつながると信じています。また、地域の幸せの創造ですが、私たちは岩手県の小さい企業ですが、地域と共に100年以上過ごさせてもらっています。自分たちの住む地域が幸せな地域になるよう企業活動も変えていっております。
私たちは幸せを創造し、お客様、自身、そして地域が心豊かになるように日々創意工夫を行っています。
老舗企業ですが、ベンチャースピリッツに富んだ企業ですので、酒蔵復活も単に酒造りをするというわけではありません。この衰退業界といわれていますが、世界に誇れる酒造りの技術をもって地域と世界をつなぐ日本酒の製造に取り組んでいきたいと考えています。
そのための新しい日本酒工場「世嬉の一」を一緒につくっていきたいのです。

一関が心豊かな素敵な場になるために酒蔵を活用したい!

ずばり、新しい日本酒(清酒)の製造です。ただ、工場は今後の事も考え、発泡性日本酒も製造できるように準備を進めています。入社当時は一緒に酒蔵を立ち上げるために、設備の使い方、保健所や税務署に申請など事務的な仕事が増えるかもしれません。工場が立ち上がったら、清酒製造、ボトリングなど世嬉の一の酒をつくる仕事に・・・南部杜氏を目指してもらいます。
■募集職種■
清酒製造の製造スタッフを募集します。
■仕事のポイント■
社員からのアイデアはどんどん取り入れるカルチャーも「世嬉の一」流です。
新しい取り組みを試行錯誤し、仕事はやりながら改善を加えていくスタンスです。
■今後の活躍の場■
酒部門の成長と共に自らも成長し、キャリアアップを目指すことができます。
■求める人物像■
・部門を丸ごとお任せできる方
・原価や利益率などが肌感覚でわかる方
・わからないことを自ら探求できる方

一関市
佐藤 航が紹介する一関市ってこんなところ!

岩手県一関市は東京から新幹線で2時間半、意外と近いですが、のんびりとした地域です。
隣町は世界遺産で有名な平泉町(中尊寺金色堂や毛越寺)があり、農業を中心とした地域です。全国と同様、急速に過疎化し、Uターンで最近若者が戻ってきたりしておりますが、全体的には少子高齢化の地域です。ただ、やはり世界文化遺産のなった地域なので、様々な埋もれている郷土芸能、食文化、人など外から見ると、一言「もったいない」といわれる地域です。
私どもも、私どもなりに町おこしを行っておりますが、まだまだポテンシャルのある地域と感じています。住むには子育て環境も含めいい場所だと思っております。
当社のHPは下記のとおりです。
https://www.sekinoichi.co.jp/

プロジェクトの経過レポート
2021/07/04

興味があるのはあまり私たちは興味がない・・・

4559

すごく失礼な経過レポートをごめんなさい。私達はこの酒造りプロジェクトを本気で今後10年の世嬉の一の柱にしようと思っています。うちのスタッフたちもワクワクしながら取り組んでいます。かなり本気で・・・そのため「メッセージなし」の興味があるとボタンをぽちっと押された形だと私どもからスカウトは無いと思います。ごめんなさい。
考えに賛同される方や疑問などメッセージをいただければどんどん食いついてお話しします

佐藤 航
世嬉の一酒造株式会社
岩手県一関市にある酒蔵の四代目。酒蔵ですが、酒以外のことに本気になり、クラフトビール「いわて蔵ビール」クラフトジン「清庵~Seian~」、クラフトコーラ「KoharuCola」そして、郷土料理レストラン 世嬉の一、平泉カレーとビールのお店 The Brewers Hiraizumiなど様々なこと、特に町が元気になるようにスタッフと楽しんでおります。
36
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
一度深く話を聞いて見たいです
icon
復興の力になりたい。
icon
酒好きです。製造に関われるなんて素晴らしいですね!
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!