【富山県初!】南砺市は特定地域づくり事業協同組合を設立します!
働く・住む
公開日:2022/06/24
終了日:2023/12/31

【富山県初!】南砺市は特定地域づくり事業協同組合を設立します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

南砺市は富山県南西部に位置し、美しい散居村が広がる平野部から世界遺産「五箇山合掌造り集落」を有する山間部まで、豊かな自然の中に懐かしく美しい、日本の原風景が息づくまちです。
そんな暮らしへの憧れから移住者に人気が高く、富山県でも3番目に移住者が多いエリアです。
ただ、「仕事の確保」がハードルとなり移住に踏み出せない!という声が多く、さらなる移住促進の課題となっていました。

そこで南砺市は、南砺で暮らしたい人が適切な生業に就ける体制を目指して(仮称)南砺市特定地域づくり事業協同組合の設立を目指すこととなりました!

安定的な雇用を作り出し、移住をサポートします!

 特定地域づくり事業協同組合とは人口減少に直面している地域において、特定地域づくり事業に賛同する「事業者(組合員)」が、組合を設立して市内の若者や移住希望者等をマルチワーカーとして雇用し、様々な仕事を組み合わせて通年で働ける仕事を創り出し、「地域づくり人材(派遣職員)」として派遣することで、安定的な雇用環境を提供するものです。移住・定住を希望されている方にとっては、様々な仕事を経験することによるスキルアップや、地域内の様々な方と交流を深められるというメリットがあります!

仕事の組み合わせイメージ

仕事の組み合わせイメージ

世界遺産 五箇山菅沼合掌造り集落

世界遺産 五箇山菅沼合掌造り集落

現在は、南砺市内の事業者を募集中です!

南砺市は、令和4年6月から地域づくり事業協同組合の設立に取り組み始めました。
7月に市内事業者向けに説明会を行い、組合員(発起人)の募集説明会を行います。募集後、組合発起人会や設立総会、県の認可等を経て特定地域づくり事業協同組合が設立されます。
組合ができるまでの経緯については、プロジェクトの経過レポートにて随時お知らせいたします!ぜひ、「興味ある」を押していただき、設立までのプロセスを見守ってください!

事業者募集ページ↓
https://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=25034

城端曳山祭 (ユネスコ無形文化遺産)

城端曳山祭 (ユネスコ無形文化遺産)

井波よいやさ祭り 獅子舞

井波よいやさ祭り 獅子舞

南砺市
南砺市役所 南砺で暮らしません課が紹介する南砺市ってこんなところ!

南砺市には、昔から「散居村」と言われ、それぞれの家の周りに屋敷林をめぐらせてきた風景がよく見られます。その成り立ちは、それぞれの農家が自分の周りの土地を開拓して米作りを行ってきたことに由来します。この地方では屋敷林は「カイニョ」と呼ばれ、冬の冷たい季節風や吹雪、夏の日差しなどから家や人々の暮しを守ってくれました。
一方で、地域によっては職人がたくさん住む街並みが続いている地域もあります。
 あたたかい人と人の関わりが、この南砺市の土地の魅力だと思っています。いい意味で「おせっかい」って言葉が似あうそんな南砺市です。

プロジェクトの経過レポート
2022/09/08

組合員(発起人)募集説明会を開催しました!

10208

南砺市では、7月に2回の市内事業者向けの説明会を行いました。41事業者、52名の方にご参加いただき、市内では注目度の高い事業となっています!
組合員(発起人)候補者を募ったところ、13事業者から申し込みがありました。8月には発起人会設立検討協議会を開催し、9月下旬には発起人会の開催を予定しております。
次のような事業者(企業)が参加しています。
・スキー場運営
・レストラン
・温浴施設
・レジャー産業
・農産物生産(野菜、果物、水稲)
・食品加工(かぶら寿司、干柿)
・コンクリート製品製造
今後も、どんどん情報を公開していきます。南砺でのマルチワーク、南砺での暮らしを想像してみませんか?

 富山県南砺市は、平成16年11月に城端町、平村、上平村、利賀村、井波町、井口村、福野町、福光町の8つの町村が合併して誕生しました。富山県の南西端に位置し、岐阜県境に連なる山々に源を発して庄川や小矢部川の急流河川が北流するなど、豊かな自然に恵まれています。また、本市北部の平野は、豊かな水に恵まれた全国有数の水田地帯です。  山間部には、世界遺産に登録された五箇山合掌造り集落があり、平成28年12月には、城端神明宮の曳山祭が無形文化遺産に登録されました。  平野部には、家並みが美しい越中の小京都・城端や、板画家の棟方志功が約7年間暮らしていた福光、そして瑞泉寺門前の古い町並みから木槌の音が響く信仰と木彫りの里・井波など、香り高い歴史や文化があり、伝統の技も豊富にあります。 そして人情溢れる人が、訪れる人々をいつでも温かくお迎えします。 自然豊かで伝統あふれる南砺で暮らしませんか!(課)
36
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}