足寄町って北海道だし、冬ってやっぱり大変でしょ?
体験する
公開日:2022/08/22
終了日:2022/12/31

足寄町って北海道だし、冬ってやっぱり大変でしょ?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

やっぱり多いのがこの質問です。

『真冬ってどれくらい寒いの?』

『雪かきってどうやるの?』

『雪道なんて運転したことない』

『冬の間っていったいどんな生活してるの?』

ずばり真実をお答えします!!

足寄町の冬は、意外と過ごしやすい??

まず、やっぱり気になる雪について。
わたしも本格的に移住してくるまでは、北海道=冬は常に雪が積もっているイメージでした。

しかし、十勝地方って北海道の中では降雪の少ない地域なんです。
日高山脈によって雪雲が遮られるためだそうですが、秋から冬にかけてはいわゆる『十勝晴れ』という晴天の日が続き、
どこまでも真っ青な空が広がり、それが夜には満天の星空に変わります。

ひと冬に数回ドカっと雪が降る程度で、常に降り続いて常に雪かき、、ではありません。

ただし、雪雲は遮られても風は吹きます笑

北海道の中でも足寄町は内陸となるため、気温はぐーーんと下がり、
朝方になると時にはマイナス20度近くまで冷え込みます。

次に、雪かきについて。
主要道路についてはすぐに町の除雪車によって除雪されるので、心配はいりません。
自力で雪かきをするのは、玄関前からその道路までだったり、車庫の周りだったり。
十勝は雪が少ないので、ちょっと積っただけで嬉々として雪かきしている町民も何度か見かけたような。。。

雪道運転については、雪があまり積もらないのでわたしもまだまだ特訓中ですが、
大きな道だけを走るのならそこまで難しくはありません。

それでもやっぱり気になる家の中での生活。
よく北海道民は真冬は家の中で半袖で過ごしているって聞いたことありませんか?

この噂は本当でした笑

東京から移住してきたわたしには、そこまで室内を暖かく(というか暑く)する必要あるかな?
ってくらい、みなさんストーブをガンガンに焚きます。

二重窓の威力はすさまじく、暖気はなかなか外にもれないようで、
家の中は常にポカポカ、薪ストーブの上で煮込み料理なんてしてみたらステキに光熱費も節約できます笑

部屋の中に関していえば、真冬の東京より暖かく感じます。
移動も基本は車なので、都会の冬より外の冷気にさらされる時間は極端に少ないようです。

冬はツララが立派に育ちます

冬はツララが立派に育ちます

真冬だって屋外でBBQ!

真冬だって屋外でBBQ!

冬でも冬じゃなくても、足寄町で暮らし体験したい人、大募集!!

◆実施期間
ご希望の日に合わせて実施。
3泊4日あるとしっかり足寄町を知ることができますが、1泊2日や1週間でも対応可能です(費用負担については要相談)。
※新型コロナウイルス感染症の関係から、急遽予定の変更・中止等を行う場合がございます。

◆実施内容
ご希望に合わせて個々にカスタマイズします。
例えばノマドワーカーの方にはシェアハウスとコワーキングスペースのご紹介。
お店をやりたい方には空き店舗の見学。
農業に興味がある場合は、農家での体験。
お子さんがいる方は保育所の見学など。
町民や先輩移住者との交流会も設けます。
※新型コロナウイルス感染症の関係から、急遽予定の内容の変更・中止等を行う場合がございます。

◆募集定員
16組 ※独身でも家族全員でも大歓迎!!

◆体験までの流れ
申込→申込内容の確認→オンライン面談→確定通知→足寄町へ!

◆応募締切り 
随時受付中(定員に達し次第終了)

◆費用(交通費等)
参加費無料、宿泊費無料、最寄りの駅・空港までの送迎あり。
(ご自宅から最寄りの駅・空港[とかち帯広空港・JR帯広駅・釧路空港]までの交通費、
食事代は、参加者の個人負担とします)

◆足寄町までのアクセス
東京(羽田)→(飛行機・1時間半)→とかち帯広空港→(車・1時間半)→足寄町
関西国際空港→(飛行機・2時間)→釧路空港→(車・1時間半) →足寄町
新千歳空港→(バス・2時間半)→帯広駅→(車・1時間半)→足寄町
※新型コロナウイルス感染症の影響を受け、運休や時間の変更などがございますので、随時ご確認ください。

芸術的に凍った二重窓の間

芸術的に凍った二重窓の間

冬の朝の美しさは格別です

冬の朝の美しさは格別です

足寄町
杉原 初美が紹介する足寄町ってこんなところ!

足寄町は北海道の東側に位置し、十勝地方にありながら平野ではなく山や丘の多い町です。

阿寒摩周国立公園の一部でもあり、時にエメラルドグリーン色になる”オンネトー”という綺麗な湖もあります。

人口は約6700人。
町の人はお酒を飲むことが好きで、居酒屋に入れば満席だったり。。。

北海道といえば心配なのは冬だと思いますが、
足寄町は道内では珍しく雪が少ない地域で、過去の移住体験者からも
「冬の生活が不安だったけど、全然大丈夫だった!」という声を聞いています。

杉原 初美
一般社団法人びびっどコラボレーション
わたしたち家族もコロナ禍の始まった2年前に、東京からここ足寄町へ移住してきました。 マレーシア育ちの夫(日本人)、品川区産まれの息子(3歳)、そして足寄町産まれの娘(0歳)といっしょに日々、都会で疲れたココロとからだを癒やしています。 子育てするなら足寄町!というだけあって、子育てするにはビックリするほど最高&最適の環境です。 わたし自身は、元バックパッカー。 インドやミャンマーの旅行会社で働いたのち結婚を機に退職し、その後は東京で生活しておりましが、夫の脱サラをきっかけに足寄町へ移住してきました。 国内・国外問わず幾多の移住や就職を経験してきたので、みなさんの背中を少しだけ押すことができる気がしています。 まずは小さな一歩を踏み出してみませんか?
20
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}