【尾鷲のしごと留学】海のしごと、山のしごと。紀伊半島の大自然を舞台に、これからの働き方と価値観を見つめ直す。
体験する
募集終了日:2020/11/10

【尾鷲のしごと留学】海のしごと、山のしごと。紀伊半島の大自然を舞台に、これからの働き方と価値観を見つめ直す。

アウトドアUターン

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

「自然に寄り添った暮らしをしたい」
「一次産業に興味がある」
「地域の伝統産業を守りたい」
「地域の人と繋がりたい」

都会で働き暮らす人たちが、田舎を目指し地域に踏み出そうとする。
きっかけは人それぞれ、十人十色です。

そんな人たちの第一歩を後押しする為、三重県尾鷲(おわせ)市の伝統産業である「漁業」「林業」に着目して、魅力的な”しごと”を体験できる「しごと留学」プログラムをご用意いたしました。

今回のしごと留学を、将来の移住先候補の下見や、そこでの仕事選び、職場選びとして役立てたり。

もちろん、漁業・林業に触れてみたい、これからの働き方や価値観を見つめ直したい、といったライトな思考での参加もOK。

この機会に、ぜひ尾鷲の漁業と林業のしごとに触れてみてください!

尾鷲市ってどんなところ?どんなしごとを体験するの?

株式会社ゲイトさんによる漁師体験(海のしごと)。

株式会社ゲイトさんによる漁師体験(海のしごと)。

森林組合おわせさんによる林業体験(山のしごと)。

森林組合おわせさんによる林業体験(山のしごと)。

尾鷲市は、三重県南部の熊野灘に面する人口1万8,000人ほどの小さな港町です。
全国有数の降水量を誇る「雨の町」として知られ、温暖多雨な気候と黒潮がもたらす自然の恵みによって、古くから漁業、林業で栄えてきました。熊野古道伊勢路が通い、自然豊かで古き良き日本の情緒を色濃く残すここ尾鷲市が、しごと体験の舞台となります。

▼受け入れ先は、尾鷲で活躍するこちらの事業者です▼

・須賀利町で小型定置網漁業を営む「株式会社ゲイト」
・尾鷲市各地で山々や森林を管理する「森林組合おわせ」

漁業と林業、”どちらか” or ”両方とも”、参加可能です。
しごと体験の内容は、下記の概要をご覧ください。

============================================

●株式会社ゲイト(https://gateinc.jp

<体験内容>
定置網漁体験(定置網漁・水揚げ・魚の選別など)・渚泊体験
※天候により開催を見送ることもあります。

<しごと体験の内容、求める人物像など>
わたしたちは尾鷲市須賀利町で漁業に取り組んでいます。日本の原風景が残る小さな漁村です。日常では触れる機会が少ない豊かな資源で溢れています。
美しい海はもちろん、漁業をはじめとした産業・文化に触れるきっかけのひとつとして、定置網漁などの体験プランをご用意いたしました。

自然に囲まれた町並み・景色とともにリアルな漁業の現場を体験ください。(広報担当:安福 可奈子さん)

<体験期間/日数>
期間:2019年11月11日(月) ~ 2019年11月20日(水)
目安:上記期間の内、最短1日〜参加可能です。
※日時、期間はご相談により調整いたします。

<受入費用>
須賀利1泊プラン
・大人 15,000円 (宿泊・定置網漁体験)
・魚料理体験&浜の朝ごはん付 (夕朝)
※現地までの交通費は実費負担になります。
※安全の為、指定の保険にご加入いただきます(※500円程度、実費負担)

<ご利用いただける設備について>
ライフジャケット・長靴・Wifi・バス・トイレ・キッチン用品・ドライヤーあり
必要なアメ二ティはご持参ください。

============================================

●森林組合おわせ(http://www.owase.or.jp/home/

<体験内容>
樹木の除伐、間伐、植林など林業業務の見学・体験
※天候・業務状況により体験内容の変更、または中止となる場合があります。

<しごと体験の内容、求める人物像など>
森林組合おわせは、尾鷲・紀北町⼀帯の⼭々や森林を舞台に林業を営む組合です。⽊を切る・植える・育てるの3つの事業を軸に、⽇本農業遺産認定の 『尾鷲ヒノキ』に代表される良質な⽊材の産出も⾏っています。
植林・枝打ち・除伐・⽊材の荷降ろしなど、季節ごとに変わる業務をご体験いただければと思います。
また、林業において、森林の環境を保全し、⽊々を育てていくことも、⽋かすことができない重要な業務です。普段は⾒られない林業の 裏側も⾒て・体験していただき、「森林(やま)を守るために、⼈の⼿をかけること」の⼤切さも、⼀緒に伝えていきたいです。(事業課課⻑ 川端将⽂さん)。

<体験期間/日数>
期間:2019年11月11日(月) ~ 2019年11月20日(水)
上記期間の内、見学:半日〜1日、作業体験:3日間程度
※日時、期間はご相談により調整いたします。

<受入費用 >
体験無料
※現地までの交通費、滞在宿泊費、飲食代などは実費負担になります。
※安全の為、指定の保険にご加入いただきます。(※500円程度、実費負担)

============================================

<参加方法>
本プロジェクトが気になる方は「興味ある」「今すぐ話を聞きたい」を押してください!
後ほど詳細をご案内させていただきます。(※プログラム詳細は、現在鋭意調整中です)

また、本プロジェクトは11月11日から12月6日にかけて紀伊半島にて実施される暮らしの実証実験「紀伊半島はたらく・くらすプロジェクト」の一環で行われます。
実証実験に興味のある方はこちらをご覧ください!
https://smout.jp/plans/836

※ プロフィールはまだありません
24
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}