【参加者募集】11月10日(日) こだわりの地場野菜が食べられる!出張料理人と七草農園のトークイベント
募集終了
情報を集める
募集終了日:2020/11/10

【参加者募集】11月10日(日) こだわりの地場野菜が食べられる!出張料理人と七草農園のトークイベント

pin 岡山県 真庭市
(サブエリア: 新庄村)
Uターン起業住まいアーティスト農家フリーターノマドワーカーその他

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

「これからの食デザイン」
~地域×料理×農業
 
出張料理人 沼本 吉生 氏
七草農園 石橋 千賀良 氏
 
日時:2019年11月10日(日)13:30~15:30(開場13:00)
 
場所:UEDA VILLAGE
〒719-3132 岡山県真庭市田原山上2138(旧上田小学校)
 
参加費:無料
※セッション終了後「野菜を食べる会」開催。
 一時間程度。参加費2000円。要予約。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  
<スピーカー>
■沼本 吉生 氏

ヒトトゴハン株式会社 代表取締役
Uターンで、東京から真庭市へ。岡山県北で出張料理人として腕を振るう。カメラマン、コンサルタント、地域の中間支援者としても活躍。
2019年、廃校となっていた旧上田小学校を、地域の人たちと大規模リノベーションし新しい拠点「UEDA VILLAGE」へと生まれ変わらせた。「一般社団法人地域支援機構サトビト」の代表理事、中小企業庁ミラサポ登録専門家、農林水産省6次化プランナー、岡山県産業振興財団登録専門家、津山市つやま産業支援センター産業アドバイザーも務める。
 
■石橋 千賀良 氏
 
七草農園代表
岡山県高梁市(旧有漢町)在住。寒暖差とメリハリのある日当たりがある高梁市に2018年に移住。「たくましく美味しい」野菜作りに励む。「大自然」という設備の本気を発揮してもらえるよう、真冬でもハウスを使わず、あえて「露地栽培」にこだわった品目も多く生産している。
2019年9月に(株)年貢を立ち上げるためのクラウドファンディングを実施し、見事達成。飲食店向けの高品質の野菜の生産にするだけでなく、耕作放棄地の増加に代表される現代の農業の課題に真正面から立ち向かうことを目指している。
 
 
<モデレーター>
■安川 幸男 氏

鳥取銀行地方創生アドバイザー
鳥取大学大学院非常勤講師
広告・出版業界を経て、NTTデータにビジネスプロデューサー職で入社。 コンテンツビジネス、社内ベンチャー立ち上げを経て、NTT持株会社にてライブビューイング等のメディア事業を推進。その後、NTTドコモにて東京大学とオンライン教育に関する共同研究、大規模公開オンライン講義(MOOC)事業など15年間NTTグループにて事業開発に従事。
2016年に鳥取へ移住し、鳥取県庁へ入庁。商工労働部にて起業家支援を推進後、現在は鳥取銀行地方創生アドバイザー、鳥取大学大学院非常勤講師を務め、ベンチャー型事業承継、地方創生事業を推進。

村が求める移住者像「自ら稼ぎを生み出す事業主」の移住を推進

〜Local Work Design Lab
複数の職を持ちながら、自律的に生きていく
「 人」を創り出していく。
 
先の読めない予測不能で答えのない時代に、経済や組織、個人のキャリアまでもが大きな転換点を迎えている。成長至上主義や終身雇用が終焉し、組織に頼らない個の時代に必要なのは、自分の人生をみずからデザインし、自分らしく生きること。
 
人口わずか940人の日本一美しい村から、
新しい働き方、生き方を考えるLab誕生。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<Program>
 
21世紀型ワークスタイルをローカルで実現するための
プログラムを大阪、京都、岡山市(予定)で実施。
 
一連のプログラムでは、ワークスタイルの変革だけでなく、ポスト
資本主義の経済・社会システムや地域とアートとの新しい関係性、
マインドフルネスなどの感情的知性、教育やローカル起業など、
最先端の知や情報を、毎回ゲストスピーカーを招きながら討議し
ていきます。
 
答えのない予測困難な時代をポジティブに生き抜く個人を、創
出していくプログラムです。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■事業内容
ー 起業塾の開催
 平成31年6月から平成32年2月の9か月間、およそ毎月1回の起業塾を開催。

(1)起業に関する知識を取得し、事業主の生き方を学び、講師や参加者との人的ネットワークを得ることで、参加者の起業に対する意識を高め、事業主としての生き方を選択する

(2)年間通じて村との関わりを持つことで村に対する理解を深め、自分の望む生き方と合致する場合、村で事業主として生きる生活を選択する

という移住促進と事業主創出をセットで捉えた内容にしていきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

主催:Local Work Design Lab
powerd by 新庄村

「自分を生きる」覚悟があるひと

ピンと直感が働いた方、お待ちしております。
興味あるor今すぐ話を聞きたいを押してください!

プロジェクトの経過レポート
2019/11/05

まだ空きがございます。
参加迷われている方、ご参加お待ちしています!

Tochizawa Madoka
岡山県新庄村役場
現役・地域おこし協力隊、とちこです。 移住・空き家案内/地方創生 森林資源利活用/鳥獣害対策/ナラ枯れ対策/ほか林務 に携わっています。
11
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!