【12月中旬オンライン】豪雪地帯? 2軒の集落? 楽しもうよ! 西会津町のポジティブを体感せよ 〜LIVE!SMOUT Vo.12〜
募集終了
情報を集める
開催日:2019/11/14
募集終了日:2019/11/12

【12月中旬オンライン】豪雪地帯? 2軒の集落? 楽しもうよ! 西会津町のポジティブを体感せよ 〜LIVE!SMOUT Vo.12〜

Uターン歴史・史跡伝統・祭り地域おこし協力隊募集マーケター・PR営業・販売地域おこし協力隊

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

【日程が延期になりました。決定次第ご連絡します】

豪雪地帯?2軒の集落?廃校?
全部楽しもうよ!

 ・廃校をリノベーションして、芸術村を作り上げ、アートやデザインの力で地域再生に取り組む場所に。
・日本有数の豪雪地帯で雪を楽しもうと、ジョセササイズという除雪を遊びに。
・たった2軒の集落の築120~130年の蔵と納屋を宿泊棟にリノベーション
・古民家をリノベーションしてゲストハウスにして交流起点に。

上記の例のように、伝統を活かしながら
地域の仕事や暮らしを自分たちでつくろうとする人が集う福島県西会津町。

今回は、西会津町に少しでも興味を持ってくださった皆さんに、
もう少し深く知ってもらおうと、オンラインイベントを開催致します。

【今回のイベントでは以下について詳しくお話しします】
1. 2020年度地域おこし協力隊募集の紹介

2. 11/30・12/1の1泊2日のツアーの紹介

少しでも気になっている人は、ぜひ参加してみてください。

・地域おこし協力隊に興味がある方
・なんでも楽しみたい!と思っている方
・ツアーに参加しようか迷っている方
・雪が好きな方
ぜひご参加ください!

オンラインイベントなので、ご自宅のPC、スマートフォンから気軽にご参加いただけます。
もちろん途中入室・退出OKです!

当日時間になりましたら
下記URLよりアクセスください。
https://zoom.us/j/908351631

〜ゲストの紹介〜

矢部佳宏さん(一般社団法人BOOT 代表理事)

矢部佳宏さん(一般社団法人BOOT 代表理事)

須藤雅人さん(一般社団法人BOOT)

須藤雅人さん(一般社団法人BOOT)

・矢部佳宏さん(一般社団法人BOOT 代表理事)
1978年西会津町生まれ。
マニトバ大学大学院(カナダ)ランドスケープアーキテクチャー修士首席修了。
㈱上山良子ランドスケープデザイン研究所、studio CLYNE,NITA DESIGN GROUP(上海)等を経て、現職。約360年続く山奥の集落にある家を19代目として継承しながら、ランドスケープ・アーキテクトとしての知識や経験を軸に、新しい暮らし方、新しい社会のカタチを模索しながら様々な活動を展開している。

・須藤雅人さん(一般社団法人BOOT ゼネラルマネージャー)
西会津町出身。大学進学と就職で県外に出たのちUターン。
一般社団法人BOOTに参画し、地元の活性化を担う様々な事業推進を担当する。

・斎藤淳さん(西会津町 商工観光課地域振興係)
・橋谷田綾子さん(西会津町 商工観光課地域振興係)

一般社団法人BOOT(イッパンシャダンホウジンブット)について
アート・デザインのプロセス思考を軸に、様々な視点から地域活性化の理論構築と実践に取り組む法人として2017年に創業。2018年からは西会津国際芸術村の指定管理を受け、アーティストインレジデンス事業、定住移住相談支援センター、お試し住宅 「OTAME」 などの企画・運営を手がける。空き家や遊休施設のリノベーションによる人の集まる拠点づくりや宿泊事業なども進行中。持続可能なコミュニティづくりのため、人口減少や社会格差・地域格差、地球環境問題と里山の荒廃など、高度経済成長を経て積層し複雑化した社会課題・地域課題を創造的に発見し、その解決方法をあらゆる視点から模索し、走りながら考えられる人材の育成に取り組んでいる。

募集する予定の地域おこし協力隊とツアーの詳細

廃校を活用した西会津国際芸術村

廃校を活用した西会津国際芸術村

除雪を楽しむ様子

除雪を楽しむ様子

【地域おこし協力隊】
①集落支援
②番組制作(ケーブルテレビ)
③アート
④高校魅力化 各分野1名ずつです
他にNext Commons Laboで起業型の協力隊を10名募集します。

【ツアーの詳細】
「縄文時代から続く町」「豪雪地帯」など、
さまざまな顔を持つ 福島県の最西端に位置する西会津町。

人口約6,300人の町では、
・廃校を活用して、アートやデザインの力で地域再生に取り組む
・たった2軒の集落の築120~130年の蔵と納屋を 宿泊棟にリノベーション
など、伝統を活かしながら
地域の仕事や暮らしを自分たちでつくろうとする
若手世代の活動が活発になってきています。

西会津町の良さを伝えたいと 現地へ行く1泊2日のツアーを開催致します!
活動によって賑わいを取り戻した場所や、 古き良き神社の紹介、
ゲストハウスのオーナーとの交流、 西会津町の人との交流会など
西会津の人と文化を知れる1泊2日となっています。

イベント・ツアー内容

開催日程:2019年11月14日

所要時間:19:30-21:00

費用:無料

集合場所:オンライン https://zoom.us/j/908351631

解散場所:

スケジュール

【予定】
1930-1940 自己紹介
1940-1945 導入
1945-2015 西会津町のあれこれ
2015-2030 ツアーについて
2030-2045 地域おこし協力隊の募集について
2045-2100 質問タイム

西会津町
日本の田舎 西会津町が紹介する西会津町ってこんなところ!

福島県西会津町は、会津地方の西部にあり、新潟県に隣接している人口約6300人の町。『一生に一度、なじょな願いもききなさる野沢の山の神様』として知られる大山祇神社が有名で、3年続けてお参りすればどんな願いも叶うと言われています。かつて越後街道の宿場町として栄えた街並みや飯豊連峰を望むことができる風景、豊富な水量を誇る阿賀川など、豊かな自然と文化が残る一方で、アーティストインレジデンスや様々な企画展やワークショップの開催により地域活性の拠点となっている西会津国際芸術村をはじめ、クリエイティブな人材や移住者が集まり、先人が紡ぎ守ってきた歴史や伝統、技、生活の営み、豊かな自然など「ココニ アルモノ」を大切にしながら、新たな考え方や手法と融合させ「フルクテ アタラシイ」価値を創出しています。
日本の原風景が残る西会津町の暮らしや人々のありのままの姿を切り取ったプロモーション映像「日本の田舎、西会津町。」もぜひご覧ください。(町のHPからご覧いただけます。)

11/30,12/1にライフスタイルツアー 12月中旬に交流イベントを行います。 気になることがあれば、気軽にメッセージください!
7
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!