「空き家問題」に挑むべく立ち上がった組織に参加!“シェアハウス運営”や移住希望者への“居住・生活・就労支援活動”の仕事体験|清川くらし探求舎
体験する
公開日:2022/11/07
終了日:2023/03/31

「空き家問題」に挑むべく立ち上がった組織に参加!“シェアハウス運営”や移住希望者への“居住・生活・就労支援活動”の仕事体験|清川くらし探求舎

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

全国シェア25%を誇る日本一の梅の里「みなべ町」。その東西を流れる南部川の最上流部に位置する清川地区が「清川くらし探求舎」の活動拠点です。集落を囲む山々には梅畑が広がっています。

清川くらし探求舎は、廃校になった清川中学校の有効活用のために集まったメンバーが、空き家の活用にも挑もうと立ち上げた組織です。2018年の総務省統計局の調査によれば、和歌山県の空き家率は20%以上と全国で2番目に高く、清川地区も例外ではありませんでした。

しかし、「外部の移住希望者と空き家を持つ地元の大家さんが直接契約を結ぼうとするとトラブルも多いんです。」と清川くらし探求舎の山下丈太さん。

そこで、「一旦、私たちが空き家を借り上げて、移住希望者との仲介役になることで、貸し手も借り手も安心して利用できる仕組みを作ろう。」と山下さんが提案したことがこの活動の始まりです。現在は2件の空き家をシェアハウスとして運営。梅の繁忙期には援農者の住まいとして活用しています。

移住するにしても、就農するにしても、「一番の問題は、何も知らないまま飛び込まざるを得ないこと。」と語る山下さんは、空き家の問題を解決しながら、移住希望者の住居や仕事の不安もフォローできる一石二鳥の仕組みづくりに励んでいます。

今回体験できる内容

清川くらし探求舎のメンバーは、5名の梅農家さんとみなべ町の町議会議員もつとめる棒引さん、山下さんの計7名。代表を務めるのは、梅農家の山崎真一さんです。山下さんは、忙しい農家メンバーに代わり、シェアハウスの管理などを引き受けています。

まずはシェアハウスに訪問、実際に移住も経験された山下さんとの交流からスタート。短期の入居者として空き家の利活用や管理方法についても一緒に考えてみましょう。

さらに、農業を営むメンバーが揃っていますので、梅栽培のお手伝いを中心に農作業体験も行います。梅が主産業ですが稲刈りや田植えなども季節によっては体験できますよ!「清川は地域の結束が強く、何かあれば6〜7人のネットワークが一気に働く。」と山下さん。夜は、メンバーを集めて参加者と食事をしながら交流を深める予定です。就農や移住の相談にも応じてくれるでしょう。

仕事にも遊びにも本気で取り組む魅力的な方々との出会いが、この体験の一番の醍醐味です。

「梅農家が多いエリアですが、田んぼを持っている方もいるし、ジビエでソーセージを作っている方もいます。メンバーはみんな釣りが好きで、忙しくなければ釣りにも連れて行けますよ。」

仕事・くらしの特徴

山下さんは、「アグリナジカン」という農業に特化した職業紹介会社を営む経営者であり、京都府からの移住者です。移住してまだ3年ながら、すっかり地域に溶け込んでいます。

その秘訣を伺うと「一生懸命地域に関わる仕事をすればいいだけのこと」といたってシンプルな返答。地域の集まりに参加するといったコミュニケーションも大切ではありますが、それ以上に「仕事を通じていかに自分の存在価値を周りに示せるかどうか」が重要だと話します。

山下さん自身も、ワーカーさんと呼ぶ援農者を多くの農家さんに紹介する仕事を通じて、地元の方々との関係を深めてきました。地域社会のために一生懸命努力していれば自然と良い評判が広まって、新たな仕事にもつながっていくそうです。

農家さんのために奮闘する山下さんは、「若い人たちが移住してきてくれると、いろいろな力を発揮してくれる。」と新規就農希望者にも期待を寄せています。清川くらし探求舎では、本格的な就農に踏み出す前の導入トライアルとしてアグリスクールの開講も構想中です。

この機会にぜひ清川くらし探求舎で、移住や就農を成功させるヒントを見つけてください。人と人とをつないで地域に貢献する山下さんなら、参加者の可能性も広げてくれるに違いありません。

イベント・ツアー内容

所要時間:2泊3日程度 ※ご都合に合わせて調整可能です。

費用:無料(宿泊費別)※宿泊費は一部補助されます。

最小催行人数:1 人

集合場所:和歌山県日高郡みなべ町清川3186

解散場所:和歌山県日高郡みなべ町清川3186

スケジュール

◎ 1日目(13:00~17:00)
1.ごあいさつ、やりたいことや目的の確認
2.「清川くらし探求舎」の仕事の説明
3.仕事のお手伝い
・シェアハウス管理(清掃等)
※実際の仕事状況によって変更があります。

◎ 2日目(9:00~17:00)
1.仕事のお手伝い
・農業体験(梅栽培等)
※実際の仕事状況によって変更があります。

◎ 3日目(9:00~15:00)
1.仕事のお手伝い
・農業体験(梅栽培等)
2.清川くらし体験
・フィールドワーク(参加者の希望に合わせた地域交流)
3.最後のまとめ
・体験の感想、質疑応答
※実際の仕事状況によって変更があります。

主催:わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクト
みなべ町
わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクトが紹介するみなべ町ってこんなところ!

「風光明媚な景観を誇る日本一の梅の里」

◎ 梅のトップブランド「南高梅」の誕生の地で、日本一の梅の里として知られています。
◎ 町の木ウバメガシを使った紀州備長炭は、世界の最高傑作として高く評価されています。
◎ 美しい山・川の大自然を有しています。
◎ 美しいリアス式の海岸線は千里の浜や鹿島などの景勝地に恵まれ、磯釣りや磯遊びが楽しめます。
◎ 千里の浜は、本州一を誇るアカウミガメ産卵地です。
◎ 800種類を超える近海ものの鮮魚介類が水揚げされる、海の幸の宝庫です。

プロジェクトの経過レポート
2023/01/30

● 参加者からの感想が届きました!

現地の方も言っていましたが、繋がり得なかった関係性が、繋がれたのはとてもいいことでした。またテレワーク等の仕事のしかたの可能性も十分あり得ると感じました。
3日間だけでも肌身で感じれる体験はとても有意義でした。

わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクト
わかやま定住サポートセンター
東京都に住みながら、キャリアコンサルタントとして、和歌山の仕事の情報発信や、職業体験の企画をしています。 和歌山のこと、お仕事のこと、なんでもお気軽にご連絡ください。
17
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}