【オンライン関係人口】南アルプスの村の木材オーナメントを商品化しませんか?
募集終了
体験する
公開日:2020/10/22
終了日:2020/11/06

【オンライン関係人口】南アルプスの村の木材オーナメントを商品化しませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

今回のプロジェクトを担当させていただく田中と申します。地域おこし協力隊として3年目、任期の最終年度となりました。

私が、1年目から力を入れてきたプロジェクトがあります。「HASE Xmas〜南アルプスのむらに光のニューシンボルを〜」。

南アルプスの麓にある小さな村・長野県伊那市旧長谷村。かつては林業の村と呼ばれていましたが、現在は林業の担い手が減り、子供も人口も減少傾向。

「根本的な解決にはならないかもしれないけれど、何かの光になるような取り組みができないか」。2018年冬、長谷村の背景を知ってもらいながら、地域内外の人が楽しめるイベントを目指し、「HASE Xmas」というクリスマスイベントを開催しました。
2019年の2年目もイベントをつなぐことができ、今年3年目の開催を目指しています。

協力隊では、この先に続く可能性を見出したいと考え、イベントのアイコンとして大切にしてきた「地域材の木材オーナメント」の商品化モデルを作成することにしました。
一緒に企画をしてくれる方を募集します!

・地域の活性化に関わることをしてみたい!
・地域材や国産材の活用に興味がある!
・商品開発ってどうやるの?
・地方の関係人口になりたい!
・地域おこし協力隊になってみたい!

そんな皆さん、まずは興味あるを押してください!企画の概要をお送りいたします。

HASE Xmasを通して、地域とつながる人を増やそう

【プロジェクトを通して実現したいこと】
・木材オーナメントを通して、地域とつながる人が生まれる
・森や林業に携わる人を増やす
・地域の新しいコンテンツができる

地域に根ざし始めたイベント「HASE Xmas」。
1年目からこの取り組みの“アイコン”になっている「地域の間伐材を使った木材オーナメント」を商品化できないかと考えました。

地域の森と人をつなぐプロジェクト「Forest College」と連携しながら、木材オーナメントのモデルを開発し、商品化できないかと考えています。(Forest Collegeについてはこちらをご覧ください!https://forestcollege.net/

このプロジェクトに一緒に取り組んでいただける方を応募したいです。

木材オーナメントの商品化に興味ある人募集!

HASE Xmasストーリー

2018.12.15 長野県伊那市・旧長谷村。南アルプスの麓にある人口約1700人の小さな村です。その長谷の道の駅に8メートルほどのシンボルツリーがあります。30年近く前、道の駅のパンやさんがいつかみんなとクリスマスを楽しめるようにと小さなモミの木を植えました。

一緒にツリーを飾ろうと訪れたツアーのお客さん、長谷のおとなやこども、役場の人たち。他にも、たくさんの人が一緒になって、準備をして、ツリーを飾りました。

みんなの笑顔が広がって、地域の未来も明るく照らされた日。

2019 HASE Xmas〜南アルプスの村に光のニューシンボルを〜
https://www.youtube.com/watch?v=vQABE_GB_RQ

・木、森に興味がある人
・地域材を使った商品化に興味がある人
・地域でクラウドファンディングをしたことがある人
・木材オーナメントに関わるのって楽しそう!って思ってくれる人

木や森を通して、地域とのつながりを持ちたいと思ってくれる方と出会いたいです。
プロジェクトを通して、地域のヒト、コトに出会い、この地域に愛着を持っていただけたらと思っています。

【オンラインインターンシップ企画概要】

「一緒に地域をつくりましょう!」
伊那市地域おこし協力隊とともに地域課題を解決に向けて活動するオンラインインターンシップを開催します。各隊員が抱える課題や未来へつなげる活動にオンライン上で参加。隊員とともに企画を立案し、実践します。
終了後にはオンライン報告会を実施。活動内容を全国に配信します。
・活動時間 週5時間程度
・謝礼 なし
詳細については「興味ある」を押してください。

伊那市
伊那市移住・定住相談窓口が紹介する伊那市ってこんなところ!

長野県伊那市は、中央アルプスと南アルプスが東西に広がり、その間を天竜川と三峰川などが流れる、人口約68,000人の自然豊かなまちです。東京、名古屋、大阪などから、高速バスの直通便があります。
特色ある教育の保育園や小学校などが多く、また図書館をはじめとする文化環境も優れているということから、「子育てにぴったりな田舎」としても取り上げられています。
商店街にも元気なお店が多く、さらに夜になると多くの飲食店に人々が集い話をする、楽しいまちです。
伊那市への移住・定住を検討する方は、ぜひ一度伊那市役所の「伊那市移住・定住相談窓口」にご連絡ください。

■伊那市移住応援HP「伊那に住む」 http://www.inacity.jp/iju/

伊那市への移住、定住に関するご相談をなんでも受け付ける窓口です。移住・定住コーディネーターをはじめ、職員が対応しています。
30
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
オンラインで参加できるのは嬉しいです。
icon
オンラインで参加!素敵ですね!
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!