みなかみ移住トークセッション: 自然の中で、自分らしく楽しみながら生きるコツ/本間優美さん<ウェブマーケター(リモートワーク)/猟師>
募集終了
情報を集める
公開日:2021/01/21
終了日:2021/01/26

みなかみ移住トークセッション: 自然の中で、自分らしく楽しみながら生きるコツ/本間優美さん<ウェブマーケター(リモートワーク)/猟師>

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

あけましておめでとうございます✨本年もよろしくお願いいたします!
年末は大雪でメディアを賑わせたみなかみ町の鈴木雄一です。

もしかすると今年移住元年となる方もいらっしゃると思います。そんな方は2021年を移住地で思いっきり愉快に暮らしましょう!

さて2020年、みなかみ町&FLAPではオンライン移住相談会&ウェビナーを開催してきましたが、2021年も変わらず継続して参ります。

みなかみ町でなくても、みなさんの移住が何より素晴らしいものとなり、ご家族の豊かな暮らしとそして地域活性のきっかけとなってくれると、日本が良くなるんじゃないかなと思っていますので、お気軽にのぞいてもらえればと思います。

今回は2021年第2弾のウェビナーのおしらせです。
テレワーク/リモートワーク化が進み、場所に囚われない働き方ができる状況が進んでいます。今回はみなかみ町在住で、ウェブマーケターのお仕事をフルリモートでされている本間さんをお招きして、根掘りー葉掘りーお聞きしようと思います。
私自身、みなかみに住んでいて、東京の仕事の受けやすさなど、この1年でお仕事のしやすさが一気に変化したように体感しています。この機会に東京の最先端のやりがいのある仕事と季節に合わせた田舎暮らしの楽しみ。どちらも満喫している秘訣は何か?お聞きしましょう!

●参加申し込み
当団体一般社団法人FLAPのFACEBOOKページのイベント情報を確認いただき
フォームよりお申し込み
または、
メッセージにてご連絡いただければ、詳細をお伝えいたします。

●TIMESCHEDULE(about60min)
 20:00 みなかみ町での暮らしについて
        移住の経緯。東京での仕事。みなかみでの暮らし楽しみ。趣味の話。田舎のメリットデメリット
 20:15 トークタイム
 21:00 終了予定
※質問は、ZOOMチャットで随時募集。音声でのご質問も予定しています。

●主催 
 みなかみ町
 みなかみ移住&起業支援 ローカルチャレンジサポートFLAP

●協力
 テレワークセンターMINAKAMI 

ウェブマーケター兼狩猟、時々田んぼ。多分、地方と都会の振れ幅を最大限楽しんでいる先駆者!

本間さんは、東京都出身。国際基督教大学(ICU)卒業後、ソフトバンクへ新卒入社→9年の営業勤務を経て、狩猟のできる暮らしを求めて群馬県片品村に「地域おこし協力隊」として移住。任期後みなかみ町に移住して、東京に本社を置くソウルドアウト株式会社でデジタルマーケターとしてお仕事をしながら、春から秋は酒米づくり、冬場には狩猟も行い、地域を楽しみ尽くしています。
このプロフィールだけで、面白くないはずがありませんw
こういう生き方もあるんだな、そしてこういう生き方をやれる可能性があるんだな、ってことを知っていただきたいです。

テレワーク移住&地域おこし協力隊にガチで興味がある人へ!

正直、都会に暮らす意味がなくなっている方が激増しています。一方で地方移住に踏み切れないのも事実。移住にあたっての不安や気になることって、人ぞれぞれでもありますが、先輩移住者の話を聞くことで、移住すべきか都会に留まるべきか参考になる情報がたくさんあります。特に今回は都会の仕事を地方でやっているパターンなので、いいとこ取りの選択のお話を聞けるかと思います。また4月の新年度を間近に控え、地域おこし協力隊募集がでてくる時期です。地域おこし協力隊OGでもある本間さんのお話は「地方でおこす」ってどういうことかのヒントが得られると思います。現場のリアルを聞いてみてください!
・仕事を持って田舎へ移住したい
・その土地らしい楽しみにどうやってジョインしたのか知りたい
・狩猟に興味あります!
・都会のスキルの地方での活かし方ってありますか?
・地域おこし協力隊、そして任期後に興味ある!
・みなかみ町の地域おこし協力隊について知りたい

みなかみ町
Yuichi Suzuki(ローカルチャレンジサポートFLAP)が紹介するみなかみ町ってこんなところ!

みなかみ町は東京から66分。ユネスコエコパークに認定され、SDGs未来都市にも選定された自然と暮らしが共存する町です。たくさんの温泉があり、夏は関東の水源利根川を使ったウォーターアクティビティ、冬は分水嶺の軽やかな雪と季節を通して荒々しくも素晴らしい自然環境が楽しめます。観光産業がメインの町なので、人を受け入れチャレンジを促す土壌はある程度あります。
特にお店のある湯原は水上駅があり、温泉街があり、そこで生き生きと地域を盛り上げる活動する住民がいる面白いエリアです。
ぜひ一緒に地域を面白くしていきましょう!

大阪府出身、長野県経由で群馬県みなかみ町へ。広告代理店のプランナーを経て、観光と地域活性化に現在取り組んでいます。移住のきっかけは雪山!地域おこし協力隊でDMOに取り組み、みなかみ町の最高の自然環境でより良い暮らしを目指しています。拠点はテレワークセンターMINAKAMI。最近130年の歴史があるらしい染色工場を借りてリノベ始めました。みなかみ町公認移住コンシェルジュです。
5
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!