このプロジェクトは終了しました

【募集終了】国内No.1の登山サービスを一緒につくるWEBデザイナー募集@福岡

アウトドアエンジニアデザイナーイラストレーターライター・エディター求人

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

訪問しました!
移住決定しました!

「YAMAP」に携わっていただけるWEBデザイナーを若干名募集しております。

【こんな方にピッタリ!】
▶ 自然×身体×ITを通して、新たな価値を提供することに喜びを感じる方

【さらにこんな方なら大歓迎!】
・HTML,CSS,Javascriptなどを用いたフロントエンド開発経験がある
・企画からリリース後の改善まで、継続的なサービス改善に携わったことがある
・最新のデザイン関連の動向にアンテナを張っている
・デザインの批評や意見についてオープンにコミュニケーションを取れる

なにをやっているのか

電波が届かない山の中でも現在地がわかる地図アプリで、登山者に安心・安全を提供しています。

私たちは登山・アウトドア向けの地図アプリ・Webサービス「YAMAP(ヤマップ)」を開発・運用しています。

YAMAPは、電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPS で現在地と登山ルートがわかる、“安心安全“の登山アプリ。社会問題になっている山での遭難・道迷いの解決を目指しています。

山行の軌跡や写真が活動記録として日々投稿されるので、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流することもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。

【紹介動画】
サービス内容を2分ほどの動画にまとめております。ご覧下さい。
https://youtu.be/gypO_QTOXO8

【強み】
・使いやすさを重視したアプリ開発で、100万ダウンロードを超え、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームになっています。
・CASIOのスマートウォッチや、京セラのスマートフォンにプリインストールされるなど、他企業からも高く評価されています。
・2018年4月に約12億円の資金調達を完了しており、今後はプロダクトを一気に成長させていきます。

【今後の展開】
もっとユーザに愛されるプロダクトに成長させ、「ハード」「危ない」といった従来の登山のイメージを、「楽しい」「健康的」といったイメージへ変えていくために、登山をアップデートしていきます。
ユーザーの裾野を広げ、2022年までに登山人口2000万人、ひいてはインバウンドの観光客を含め、1億人が日本の山や自然に親しむ世界を目指します。
https://corporate.yamap.co.jp/news/archive/20180413-2/

【主な受賞歴】
▶ 第3回宇宙開発利用大賞 内閣府特命担当大臣(宇宙政策)賞
▶ 環境省 国立公園オフィシャルパートナー
▶ グッドデザイン賞受賞・ベスト100選出
▶ 雑誌AERA「日本を動かすベンチャー100」選出
▶ B DASH CAMP「ピッチアリーナ」優勝

※「No.1」「日本最大」は株式会社フラー「App Ape」調べ
https://lab.appa.pe/2017-12/outdoor-apps-ranking-yamap-no1.html

福岡からグローバルニッチトップを目指す会社です

ヤマップの本社は福岡にあります。

福岡という街は、都市と自然(山と海)がとても近く、人口や物価の面からもバランスが取れた街です。弊社代表の春山は福岡出身。自分の好きな街で世界に羽ばたけることを証明したいという想いで、福岡で創業をしました。

車で30分圏内に海も山もある福岡は、アウトドアを気軽かつ存分に楽しめる土地です。極端な例えをすると、葉山や鎌倉、高尾山などがものすごく近くにあるというイメージです。(例えば、天神から10km以内で綺麗な海でのSUPができますし、登山もできます)
自然へのアクセスの良さが、福岡で暮らし、働く上での大きな魅力であると言えます。

そんな福岡を拠点に活動するヤマップ のスタッフは九州周辺出身のUターン・Jターン組はもちろん、福岡が気に入って福岡に棲み着いてしまったIターン組みも多数在籍しています。
※東京支社もあります

【ヤマップとは、どんな会社か?】

〈働き方はスポーツスタイル〉
YAMAPの定時は8:30〜17:30。この限られた時間内で効率的に仕事を組み立てて終わらせることが求められます。だらだらと仕事をしない、スポーツスタイルです。

とはいえ、たまに仕事が終わると社内の休憩スペースでみんなでビールを飲むような日もあります笑

〈ユーザーファースト。全員が1ユーザー〉
メンバーはみんな1ユーザーです。ヤマップには「CSこそ最大のマーケティング」という考えがあるので、誰が電話をとってもトラブルシューティングができなければなりませんし、何より造り手としてユーザーの課題感や要望を腹落ちさせるためには、自らがユーザーでなければなりません。

ヤマップでは月に一度、業務時間内にメンバーで登山に行くのですが、アプリのフィールド検証も兼ねています。山から帰ってきたら最新版のアプリへのフィードバックが飛び交うのも大きな特徴です。

〈一番大事なのは社員。その次は。。。〉
メンバーの家族です。ヤマップでは、メンバーの1/3ほどが家庭を持っています。
会社自体が、自然の中での時間を大切にすることからも分かるように、その人の心の豊かさは非常に尊重されます。仕事のために、心のケアができなくなるような自体は本末転倒。
家族を持っているメンバーは、家族との時間を大切に。そうでないメンバーは、運動や趣味、旅行などに時間を使うことが推奨されています。(オムツ手当てやジム手当てなんてものもあります)

そうして、自分の時間の中で磨かれた美学や気づきを仕事に活かす。良い意味での公私混同をしてもらいたいと考えています。

私たちは登山・アウトドア向けの地図アプリ・Webサービス「YAMAP(ヤマップ)」を開発・運用しています。 YAMAPは、電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPS で現在地と登山ルートがわかる、“安心安全“の登山アプリ。社会問題になっている山での遭難・道迷いの解決を目指しています。 山行の軌跡や写真が活動記録として日々投稿されるので、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流することもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。
興味あるを押した人たち(6人)
6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。