小田原の材木屋さん、木の仕事WS 「第3回オリーブの木で作るバターナイフ」
募集終了
体験する
募集終了日:2019/03/09

小田原の材木屋さん、木の仕事WS 「第3回オリーブの木で作るバターナイフ」

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

湘南二宮「ユニバーサル農場」で育てられたオリーブの木をお好きなカタチにデザインし、糸ノコで切り出したものをナイフで削り、ヤスリをかけて作ったバターナイフに焼きゴテでお好きな模様をつけオイルを塗って仕上げます。ご一緒に世界でひとつのバターナイフをつくりませんか?小田原の材木屋さんが教えてくれる人気のworkshopです。
湘南二宮「ユニバーサル農場」https://www.shonan-olive.jp/shonan-olivefarm/universalfarm

【開催日時】
2019年3月9日土曜
午前 12時〜
午後 15時〜
【参加費】
2500円(材料費+講習料+お茶セット)
【応募方法】
興味あるボタンを押してください!

移住したいなぁ…と思ったら。

まずはその地域に知り合いを増やすこと。
気軽に参加できるworkshopにご参加しませんか?作業しながら皆さんでおしゃべりしましょう。その中から小田原のいろんな顔が見えてきます。地元小田原の材木屋さんが地元で育ったオリーブの木でバターナイフづくりを手ほどきします。そろりとオーナーの関も移住経験者。質問色々受け付けます。

関敦子
そろりと小田原
東京、浅草生まれ深川育ちですが、石川県金沢市、千葉県南房総市、横浜を経て小田原へ移住してきました。「そろりと小田原」というworkshop cafeを主宰しています。https://sororito.jimdo.com/
5
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!