\3/20 最終回/第7回真庭なりわい塾オンライン特別セミナー
募集終了
情報を集める
開催日:2021/03/20
終了日:2021/03/20

\3/20 最終回/第7回真庭なりわい塾オンライン特別セミナー

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

真庭なりわい塾は、岡山県真庭市をフィールドに、はるか昔から紡いできた農山村の暮らしに学びながら、これからの生き方、働き方、社会のカタチを考える人材育成塾です。
これまでも私たちの社会は、たとえばリーマンショックを境に、あるいは3.11後に大きく舵を切り、持続可能なライフスタイルを求める方向へ転換しようとしたはずです。しかし、実際には、そうはなりませんでした。ところが、このコロナ禍によって再び、人間社会や世界経済の弱点、そして地球規模の課題が露わとなり、時代は大きな転換期を迎えようとしています。

このセミナーでは、各分野の第一線で活躍する多彩なゲストと、真庭なりわい塾の塾長・副塾長による鼎談を通して、今まさに変容しつつある社会と心の在り処をみつめつつ、明日を生きるための指針と希望を見出す場を提供します。

<第7回配信のご案内>
3月20日(土)10:00~11:30
「真庭なりわい塾が目指すもの~里山資本主義の明日へ~」 
出 演:太田昇(真庭市長)×渋澤寿一(真庭なりわい塾長)
ゲスト:高谷絵里香(蒜山耕藝)・小林加奈(松屋館女将)・駒宮博男(真庭なりわい塾副塾長)

本セミナー最終回は、真庭市長・太田昇氏をゲストとしてお招きします。

太田昇氏は京都大学を卒業後、京都府庁に入庁。2010年、京都府副知事に就任しました。2013年、副知事を辞して真庭市長となり、以後、木質資源を活用したバイオマス発電やCLT(Cross Laminated Timber)の普及、地域人材育成等に取り組んでいます。
その先駆的な取り組みは、藻谷浩介氏(日本総合研究所主席研究員)とNHK広島取材班がまとめた書籍『里山資本主義』にも取り上げられ、大きな話題となりました。

セミナー当日は、市長のほか、真庭市にIターンして自然農法や里山資源の活用に取り組む2人の女性にも登壇いただき、里山での暮らし方、働き方、そして、これからの農山村のあり方について、塾長、副塾長を交えたトークセッションを行います。

「無料」で配信を行いますので、ぜひ、皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。

プログラム:2020年9月~21年3月まで全7回(毎月第3土曜日:午前10時~11時半)
参加費  :各回1000円(ZOOMウェビナーによるライブ配信)

真庭なりわい塾ホームページ https://maniwa-nariwai.org/

農山村の暮らしから探究する、これからの生き方・暮らし方

このメンバーでお届けします。

<ゲスト>
◆高谷絵里香(蒜山耕藝)
東日本大震災を機に夫婦で真庭市に移住し、自然栽培を実践。週2日、蒜山耕藝の食卓「くど」をオープン。友人とコラボし、音楽会や展示即売会もたまに開催中。

◆小林加奈(松屋館女将)
真庭市にIターン。野草・薬草の活用や里山資源の商品化、イラスト&デザインなど多様なナリワイを実践中。空き家を改修し「松屋館」(カフェ兼仕事場)をオープン。
◆駒宮博男(真庭なりわい塾副塾長・NPO法人地域再生機構理事長)
岐阜県恵那市に居を構え、食の自給を目指す。持続可能な社会を実現するために、岐阜県郡上郡石徹白地区の小水力発電プロジェクトなど各地の活動を支援する。

<出 演>
◆太田昇(真庭市長)
岡山県久世町(現・真庭市)出身。京都大学法学部を卒業後、京都府庁に入庁。2010年、京都府副知事に就任。2013年、副知事を辞職、真庭市長選挙に出馬し当選。現在2期目。

◆渋澤寿一(真庭なりわい塾長・NPO法人共存の森ネットワーク理事長)
国内外のNGOとともに森づくり、地域づくり、人づくりの活動を実践。真庭市では木質バイオマスを活用した産業づくりに長年携わる。明治の実業家、渋澤栄一の曾孫にあたる。
※お申込みいただいた方には後日、当日の配信動画のリンク先をご案内します。配信当日にご都合の合わない方、再度視聴したい方は、録画記録をご覧下さい。

<主催>
真庭なりわい塾実行委員会
(岡山県真庭市/真庭市中和地区・北房地区/NPO法人共存の森ネットワーク)

いよいよ最終回です。

いよいよ最終回です。

真庭なりわい塾

真庭なりわい塾

真庭なりわい塾は、 こんな仲間を募集しています

・今の働き方を変えたい。
・半農半Xな暮らしをしたい。
・農山村に移住するきっかけがほしい。
・地域資源を活かしたスモールビジネスに関心がある。
・農山村と都市をつなぐシゴトがしたい。
・フランクに語り合える仲間がほしい。

子どもたちの未来を真剣に考えたい。これまでの生き方、働き方を変えたい。そして真庭市をはじめ、各地の農山村に次の時代の可能性を感じていらっしゃる方も、ぜひ、ご参加ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
参加希望の方は、
「応募したい」または メッセージをお送りください。
申込方法をご案内いたします。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年03月20日

所要時間:10:00~11:30

費用:1000円

最小催行人数:1 人

集合場所:オンライン配信 お好きなところ

解散場所:オンライン配信 お好きなところ

スケジュール

お申込みいただいた方には後日、当日の配信動画のリンク先をご案内します。
配信当日にご都合の合わない方、再度視聴したい方は、録画記録をご覧下さい。

真庭市
COCO真庭が紹介する真庭市ってこんなところ!

真庭市は、岡山県の北部、鳥取県境にあり、2005 年3月 31 日に9つの町村が合併して誕生した地域です。東西に約30km、南北に約50km、総面積は828平方km と岡山県の11.6%を占め、全国で58番目に広い面積であり、自然、景観、文化、歴史、県内有数の観光資源など多彩な資源を有しています。

面積の 79.2%を森林が占める典型的な中山間地であり、古くから木材の産地として知られ、生産から加工、流通まで体制が整い発展してきました。現在は、従来の木材利用に加え、木質バイオマスや CLT(直交集成板)など多彩な利用促進を図っています。

北部蒜山地域に源流を持ち瀬戸内海に注ぐ岡山県三大河川の一つである一級河川・旭川が南北に流れ、室町時代から高瀬舟による木材を運搬するなど、森林や河川など自然環境の恩恵を受け、地域経済が支えられてきました。

自然とともに暮らし、持続可能な循環型のまちづくりを目指す真庭は、地域資源のバイオマスを活用した新産業を創出し、住民自らが豊かに暮らせる地域づくりにも取り組んでいます。

【100万年がつくり上げた、真庭「自然美」のおくりもの】
縦に長い真庭は北部と南部では気候が違い、同じ季節でも全く違う風景に出会えます。水の流れや山々の緑、奇岩や鍾乳洞などの美しい自然は100万年の年月がつくり上げた芸術です。何度訪れても違う顔を魅せてくれます。

COCO真庭
真庭市交流定住センター
人とくらしをつなぐ 真庭のメディア「COCO真庭」 真庭は、ふしぎなところです。 暮らし・人とのつながり・子育てのこと・仕事のこと。「大切にしたい」と思っていることが、ちゃんと大切にできる。「じぶんのペースで」が叶う、自然体で暮らせるところ。 岡山県真庭市から始まる コスモポリタン田舎づくり 海外のワカモノたちはいまや、都心よりも「もっと日本らしい、素朴なところが見たい」と思っています。そんな海外のワカモノたちに、日本の原風景である「里山暮らし」を体験してもらいながら、地元の人たちとの交流を提供しています。
14
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!