南相馬市と関わってくれる仲間『南相馬市サポーター』を募集します!
情報を集める
公開日:2021/03/17
終了日:2022/03/31

南相馬市と関わってくれる仲間『南相馬市サポーター』を募集します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

南相馬市では、市とつながりを持つ方やこれから市とつながりを持ちたいと考える方との関係を深めるため、「南相馬市サポーター」を募集しています。

サポーターになっていただいた方には、特典として

①南相馬市との関係を深めるための会報誌
 本市をより深く知っていただける会報誌を送付しています。
②南相馬市を訪問していただくためのイベント
 サポーターの方と交流を深めるためのイベントを開催しています。
③南相馬市を発信していただくためのノベルティの送付
 サポーターの方自身が、南相馬市の情報発信をいただけるよう、ノベルティをお送りしています。
④南相馬市に関する情報の提供
 そのほか、南相馬市に関する情報をお送りしています。

サポーターの申し込みはこちらから
https://www.city.minamisoma.lg.jp/cgi-bin/inquiry.php/4?page_no=7196

南相馬市との関わりを”もっと”提供する「南相馬市サポーター」

南相馬市では、平成23年の東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故後、ボランティア活動やふるさと納税を通じた寄付など、全国から多数の応援をいただきました。

これまで本市を応援していただいた方はもちろん、南相馬出身で、離れた場所からふるさとを想う方、通学や通勤などで南相馬市と関わる方など、たくさんのつながりがあります。

市では、南相馬とつながりを持つ方、またこれから南相馬市とつながりを持ちたいと考える方との関係を深めるため、「南相馬市サポーター」を募集しています。

南相馬市原町区 原ノ町駅前

南相馬市原町区 原ノ町駅前

南相馬市小高区 小高神社

南相馬市小高区 小高神社

南相馬市外に住み、南相馬市と関係を深めたい方に会いたい!

南相馬市サポーターはこのような方におすすめ!!
 ● 南相馬市でボランティア活動いただいた市外の方
 ● 南相馬市へふるさと納税をいただいた市外の方
 ● 南相馬市出身で市外で暮らす方
 ● 南相馬市へ通勤・通学等で通う市外の方
 ● 南相馬市とつながりを持ちたいと考える市外の方

また、南相馬市サポーターになった方には南相馬市と一緒に市の魅力発信やイベント参加をとおして、南相馬市ともっと関わっていただけるような交流を企画しています。

サポーターイベント コヤギファーム収穫イベント

サポーターイベント コヤギファーム収穫イベント

サポーターオンライン配信 会報誌発行イベント

サポーターオンライン配信 会報誌発行イベント

南相馬市
南相馬市ふるさと回帰支援センターが紹介する南相馬市ってこんなところ!

南相馬市は、福島県の浜通りの北部に位置し、太平洋に面しているため、海の幸が豊富です。また、阿武隈高地の裾野に広がる海洋性の穏やかな気候に恵まれており、自然豊かなまちです。

毎年7月末には、国の重要無形文化財に指定されている相馬野馬追が開催されます。400騎近くの騎馬武者がまちを練り歩く様は、戦国時代にタイムスリップしたような光景が広がります。
また、市内の北泉海岸はサーフィンの世界大会が開催されたことがあるほど良質な波がくるので、季節を問わず地元内外からサーファーが押し寄せています。
馬事文化が根付いており、馬が日常の中に溶け込む馬とともに生きるまちです。

現在の南相馬市は、平成18年1月1日、旧小高町、旧鹿島町、旧原町市の1市2町が合併して誕生しました。面積は398.5平方kmとなり、東京や宮城県仙台市には常磐線をつうじて移動ができます。

福島県南相馬市にて移住相談の窓口を行っています!南相馬市での暮らし方や気になることなどオンラインでも相談受け付けています!
21
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}