伊那谷つながりSTAND≪spin-off≫「伊那谷を編集する人たち vol.4 森林編」
募集終了
情報を集める
公開日:2021/05/10
終了日:2021/05/24

伊那谷つながりSTAND≪spin-off≫「伊那谷を編集する人たち vol.4 森林編」

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

長野県南部に位置する「伊那谷」。3000メートル級の「南アルプス」と「中央アルプス」に囲まれたこの地では、いま、さまざまな人と人が、さまざまなモノゴトとつながり、小さくて新しい変化が起こり続けています。

そんな一端を感じてほしくて、「伊那谷を編集する人たち」から話を聞くセミナーを開催します。

第4回は森林編。伊那谷を作る豊富な資源である森林をどう作り、どう活かし、そしてどう伝えようとしているのか、さまざまな立場の皆さんからお話をお聞きします。

気になった方は、「興味ある」を押してくださいね!

伊那谷だからこそできる「森林」の活かし方

・山、森、木というワードにそそられる
・地方での起業に興味がある!
・長野県伊那市ってどんなところ?
・循環する暮らしに憧れる
・あえて地方をフィールドにしたい!

そんな皆さまお待ちしています。

限界集落をフィールドにする出口友洋さん

限界集落をフィールドにする出口友洋さん

林業ビデオグラファーとして活動する大学生の高橋幸司さん

林業ビデオグラファーとして活動する大学生の高橋幸司さん

伊那谷のいまをお伝えします

伊那谷つながりSTAND≪spin-off≫「伊那谷を編集する人たち vol.4 森林編」

【日時】
5月24日(月)午後5時30分から午後6時45分まで

【ゲスト】
●出口友洋さん…Wakka Agri代表
1978年北海道生まれ。信州大学教育学部卒。2009年、香港にて現地精米による日本産米の販売事業を開始。以後、シンガポール、台湾、アメリカ(ハワイ・ニューヨーク)に拠点を広げ、新鮮で美味しい日本産米を通して日本食文化を世界に伝えている。2017年、国内ニーズではなく、海外市場ニーズ(食味・嗜好・機能)に合わせたお米を栽培する為、農業生産法人Wakka Agri「the rice farm」を伊那市長谷で設立し、長谷の棚田から自然栽培(無肥料・無農薬栽培)のお米を輸出。お米の生産(国内)から販売(海外)まで一気通貫で取り組んでいる。
https://www.facebook.com/WakkaAgri

●高橋幸司さん…信州大学4年生 林業ビデオグラファー
長野県のユニークで面白い街「伊那」に住んでいる大学生で、フリーで映像制作を行う。林業や農業、田舎の暮らしに焦点を当てた映像をメインに、田舎の暮らしや自然の素晴らしさを発信中。5年後は、ドイツやオーストラリアへ行き、海外の林業を映像にすることも目標。また、伊那の街づくりにも関わっていて、商店街でのイベントのお手伝いや商店街にある古本屋「カリカリブックス(仮)」の運営メンバー も務める。
https://www.instagram.com/koji_forestryvideographer/
https://m.youtube.com/channel/UCPZS8VtTV50lyF-XeYx_UnA

●三宅慎平さん…伊那市役所 耕地林務課
1985年山口県生まれ。信州大学農学部卒業後、製紙会社の原材料部門で6年勤務した後、信州が忘れられず伊那に戻り、現職。市役所の林務担当として、市有林の管理や、森林に関わる情報データベースの精度向上、50年の森林(もり)ビジョン推進委員会の事務局など、幅広く担当してきた。最近は特に、地域材利用に興味があり、公共建築への地域材の活用に向けエネルギーを注いでいる。趣味は登山。
https://www.inacity.jp/sangyo_noringyo/noringyo/ringyo/moridukuri/50nenmoridukuri.html

【ファシリテーター】
●奥田 悠史氏
ディレクションが生業。長野県の田舎と三重県の田舎で二地域暮らし。株式会社やまとわ / 取締役。一般社団法人◯と編集社 / 理事、写真とデザインAlpenglow works 代表。週一マルシェ ハラペコ里の市 主宰。

伊那市役所の職員である三宅慎平さん

伊那市役所の職員である三宅慎平さん

50年の森林(もり)ビジョンを掲げる伊那市

50年の森林(もり)ビジョンを掲げる伊那市

伊那市
伊那市移住・定住相談窓口が紹介する伊那市ってこんなところ!

長野県伊那市は、中央アルプスと南アルプスが東西に広がり、その間を天竜川と三峰川などが流れる、人口約68,000人の自然豊かなまちです。東京、名古屋、大阪などから、高速バスの直通便があります。
特色ある教育の保育園や小学校などが多く、また図書館をはじめとする文化環境も優れているということから、「子育てにぴったりな田舎」としても取り上げられています。
商店街にも元気なお店が多く、さらに夜になると多くの飲食店に人々が集い話をする、楽しいまちです。
伊那市への移住・定住を検討する方は、ぜひ一度伊那市役所の「伊那市移住・定住相談窓口」にご連絡ください。

■伊那市移住応援HP「伊那に住む」 http://www.inacity.jp/iju/

プロジェクトの経過レポート
2021/06/15

Voicyで音声配信しています!

セミナーの内容を、音声メディアVoicy「ローカルとつながる伊那ラジオ」で配信しています。

全5回、各回15分程度なので、移動中など、ぜひぜひお気軽にお聞きください!

リンクはこちらから!
https://linkmix.co/5022590

2021/05/26

セミナーを開催しました!

参加できなかった皆さま、下記でアーカイブしていますので、ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/165517890557109/videos/227423662104706

アフタートークはこちらから
https://voicy.jp/channel/1196/158884

伊那市への移住、定住に関するご相談をなんでも受け付ける窓口です。移住・定住コーディネーターをはじめ、職員が対応しています。
28
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
移住を考えています!
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!