\参加募集!/人口10万人当たりの地域おこし協力隊隊員数が全国No.1の高知県!人気の秘密と裏側を語るぶっちゃけオンライン交流会開催
募集終了
公開日:2021/05/24
終了日:2021/08/20

\参加募集!/人口10万人当たりの地域おこし協力隊隊員数が全国No.1の高知県!人気の秘密と裏側を語るぶっちゃけオンライン交流会開催

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

◇地域おこし協力隊ってなんぞや?
 1~3年の一定期間、都市部の人材が隊員として地方に移り住み、地方自治体の委託を受け、地域の問題解決や発展のための活動を行うというもの。募集する人材や従事する仕事内容、報酬は各自治体によって様々。フルタイム勤務もあれば、副業や起業準備が出来るフリーシフト勤務もあります。地域づくり推進組織やNPO法人、大学等と連携した活動も多いことから、地方にUターンIターンを目指す方にとっては、「一定の報酬・待遇を受けながら、夢の実現に向けた準備ができ、また、地域コミュニティに一早く馴染める」など、ニーズの高い制度とされています。

◇高知の地域おこし協力隊
 高知県は、人口10万人当たりの隊員数が都道府県別ランキングで”第1位”(令和2年度9月1日現在 総務省調査)と、全国的に見ても活用が進んでいる地域。令和3年4月1日時点で、合計276名の隊員が県内で活動中です!
 特産品プロデュースや観光資源の発掘、鳥獣対策や林業による里山保全といった環境課題だけでなく、土佐打刃物、土佐和紙など、伝統・技術の継承といった文化に由来するものまで、その活動が多岐にわたっていることや、受入体制の充実などが、全国と比べて受入れ数が多い理由のひとつにあげられます。

Let‘s 高知県奥四万十地域で協力隊!

今回は、“色んな角度から地域を知ってほしい” “聞くだけではなく気軽に交流してほしい” そんな思いを盛り込んだフェアを開催します。

\\こんな方におすすめ!//
・ 地方で仕事をしたいと感じている方
・ 地域おこし協力隊について情報収集をしている方
・ 奥四万十地域ご出身の方
・ 高知、奥四万十地域、田舎暮らしに関心のある方
・ 高知、奥四万十地域、地方での仕事や暮らしの情報を知りたい方
・ 高知、奥四万十地域の人と関わりを持ちたい方
もちろん、奥四万十地域出身以外の方の参加も大歓迎です。

【イベント名】 高知暮らしフェア2021 Meets奥四万十
【開催日】 2021年6月12日(土) 
【参加費】 無料・予約要
【会 場】 オンライン会議システムZoomを利用します
 ※所要時間は、全体で1時間半~2時間程度。
 ※参加回は、ご希望に合わせてお選びいただけます(セミナーの内容は同じです)
 □ 第1回(10:00~12:00)
 □ 第2回(13:00~15:00)
 □ 第3回(16:00~18:00)

 高知県の中でも受入れ数トップが奥四万十地域。総勢37名が活躍中です!
今回は、この地域で協力隊として働く方の代表としてお二人をゲストにお招きし、【奥四万十地域で協力隊として働くメリットや日々の暮らし】についてお話ししながら交流します!
 ここだけのぶっちゃけ話も飛び出すかも!?
現役で活躍中の協力隊と、起業して地域に根差す先輩隊員のお話が直接聞ける、貴重なチャンスです!

▼林 佑磨さん(須崎市)
愛知県出身。須崎市地域おこし協力隊として須崎市浦ノ内にある猪肉解体処理施設「ジビエ浦ノ内企業組合」のスタッフとして働き、とても恵まれた環境にあることを実感中。任期満了までにジビエ浦ノ内を全国に誇れる施設にすることを目標に頑張っています。

▼松下 昇平さん(中土佐町)
大阪府出身。米国テネシー州へ留学中、アメリカのスポーツ文化に触れ、伝統的な食文化「七面鳥」に出会う。帰国後、日本体育大学でスポーツを学ぶ。トライアスロンの大会で訪れた中土佐町に「国産の七面鳥」が存在することを知り、衝撃を受ける。国産七面鳥生産事業を継承することを目的に2017年、中土佐町に地域おこし協力隊として着任。3年間、七面鳥生産に関する事業を学ぶ。任期満了後、2020年4月、中土佐町内に「松下商店」を創業されました。

  ↓↓↓ オンライン申込みフォームはこちら ↓↓↓
        https://bit.ly/2QMIzHE

  合わせて「興味ある」ボタンのクリックもお願いします!

松下 昇平さん(中土佐町)

松下 昇平さん(中土佐町)

林 佑磨さん(須崎市)

林 佑磨さん(須崎市)

「奥四万十で地域おこし協力隊」をキーワードに。出会える!つながる!

特別ゲストも参戦!知る人ぞ知る日本ワーケーション協会顧問の大瀬良氏をゲストにお迎えし、今話題の“ワーケーション”についてもお話しいただきます。

\特別ゲスト紹介/
▼大瀬良 亮(おおせら・りょう)
株式会社Kabuk Style 共同代表。2007年に筑波大学を卒業後、電通入社。2012年「高知家」を企画提案し、プロモーションを実施。2015年から官邸初のソーシャルメディアスタッフとして従事。2019年4月より定額制宿泊サービス「HafH(ハフ)のサービスを開始、2019年9月 電通退社。2018年4月〜2021年3月 つくば市まちづくりアドバイザーに就任。2021年4月〜(一社)日本ワーケーション協会顧問。自身も東京に拠点を置きながら、場所にとらわれない働き方を通じて新しいライフスタイルの選択肢を地域に提案しています。

------------------ 全体のタイムスケジュール ------------------------

▼▼▼ 大瀬良 亮さん 特別トークセミナー(20分) ▼▼▼
「なぜいまワーケーションなのか?高知でワーケーションを始める魅力とは?」
高知県奥四万十の魅力と共に、自らの体験談とワーケーションという働き方についてお話いただきます。

▼▼▼ 知れる!繋がる!ゆるっと交流タイム♪(20分×3セット) ▼▼▼
 高知県奥四万十エリアの5市町村のPR担当者と、先輩移住者が参加!
 市町村ごとのトークルームに分かれてゆるっと交流いただきます。
 各市町村ルームにはそれぞれトークテーマを設けていますので、
 気になる市町村・テーマを3つお選びください。
 地域の魅力を知り、人とつながり、各テーマに関する知識と理解を
 深めるきっかけにしていただければと思います。

□ 須崎市(★地域おこし協力隊で「イノシシジビエの仕事」)
□ 中土佐町(★地域おこし協力隊制度のすべて)
□ 津野町(私のワーケーション/★津野町の地域おこし協力隊)
□ 梼原町(★地域おこし協力隊「梼原令和の森林づくり協議会ReMORIの仕事」)
□ 四万十町(v私のワーケーション/★四万十町地域おこし協力隊)

--------------------------------------------------------------------------
ゆるっと交流タイムに参加いただいた方の中から抽選で地域の美味しいものなどプレゼント♪

  ↓↓↓ オンライン申込みフォームはこちら ↓↓↓
        https://bit.ly/2QMIzHE

   合わせて「興味ある」ボタンのクリックもお願いします!

特別ゲストの大瀬良 亮さん

特別ゲストの大瀬良 亮さん

高知県
高知県移住促進・人材確保センターが紹介する高知県ってこんなところ!

高知は山あり、海あり、綺麗な川ありと本当に自然に恵まれた地域。
そして、何と言っても『人の温かさ』が魅力。
「あなたの頑張り」を応援してくれる人がたくさん居ます!
 
■高知家で暮らす。
https://kochi-iju.jp/

高知県はU・Iターンに本気で取り組んでいます。 U・Iターンに必要な仕事や家、暮らしの情報を市町村や産業団体、民間団体、移住支援のNPO法人等と連携して、集約し、希望者の方へご提案するなど、全力でサポートします。
28
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!