味噌づくり体験⚐⚑「愛菌家 みなみちゃん」と自分だけの味噌を仕込む♡
体験する
開催日:2019/11/21
募集終了日:2020/11/20

味噌づくり体験⚐⚑「愛菌家 みなみちゃん」と自分だけの味噌を仕込む♡

研究者地域おこし協力隊

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

奈良県下北山村の特産品、「南朝みそ」。

村のお母さんたちが手間暇かけてつくる南朝みそと同じレシピで、村在住の「愛菌家 みなみちゃん」と一緒に行う味噌づくりワークショップを開催します!

自分の常在菌と一緒につくった味噌のおみそ汁をいただくと、『手前味噌』という言葉の意味がよく分かります。

誰かに自慢したくなるくらいおいしくて、自分の心にも身体にもフィットする優しいお味噌。

そんな魅惑の味噌づくりの世界を体験してみませんか?

今回は、南朝みそのおみそ汁試食つきです♪

「菌からはじまるWorld Peace☆」みなみちゃん流の味噌づくり

子どもから大人までフレンドリーに接してくれる愛菌家みなみちゃん

子どもから大人までフレンドリーに接してくれる愛菌家みなみちゃん

国内のみならず海外でも発酵食品の魅力を伝えている

国内のみならず海外でも発酵食品の魅力を伝えている

「あなた=あなたの細胞+あなたと共生している常在細菌」

今回のワークショップを行ってくれる、愛菌家みなみちゃんの言葉。

菌を心から愛してやまないみなみちゃんですが、話の引き出しが多いのも魅力です。

発酵食品のアレコレだけでなく、オーストラリアで活動していた時の出来事やノーシャンプーの勧めなど、面白い話をたくさん聞かせてくれます。

◾️愛菌家みなみちゃんプロフィール

○座右の銘:「菌からはじまるWorld Peace☆」

○東京農業大学短期大学部醸造学科 酒類学研究室日本酒専攻 卒業

○福島県出身。短大卒業後オーストラリアへ渡り東日本大震災後に帰国。田舎へ移住地を求め奈良県吉野郡下北山村で地域おこし協力隊を約3年間経験し、その間、毎冬新潟にある味噌蔵の寒仕込みに参加。発酵ワークショップなどの講師も努めるようになる。

○2015年7月より再びオーストラリアへ。ゴールドコーストにあるオーストラリア産オーガニック味噌の製造販売元 Rice Cultureを9ヶ月間お手伝いした後、2016年4月よりサンシャインコーストにあるCrystal Waters ecovillageに移りPermaculture Design Certificateを取得。
同時に「菌ガールズ」の活動を開始しオーストラリア東海岸6都市や日本でもぬか床ワークショップを開催。

○2018年3月に下北山村へ帰村、NPO法人サポートきなりで働きながらライフワークとして発酵ワークショップを随時開催中。

○好きなことは常在菌のことを考えること、土いじり、家事全般、食品加工全般、茶道、読書など。好きなぬか漬は、オクラ。

○ノーシャンプー歴14年(内お湯シャン歴4年)。ゆるいベジタリアン歴10年くらい。

ここで、愛菌家みなみちゃんから皆さんへ一言。。。☆

「菌からはじまるWorld Peace☆」を目標に、発酵食品づくりや常在菌を意識した自然な暮らしを通して、菌たちを理解し、菌たちに学び、菌たちと共生していく。

そうすることで、自分や自分のまわり、そしてその先にある世界を健康に、たのしく、しあわせにしていく方法をみんなでシェアしたり、探求したり、たまにワークショップしたりしていけたらいいなと思っています。

<参加方法>

本プロジェクトが気になる方は「興味ある」「今すぐ話を聞きたい」を押してください!
詳細をご案内させていただきます。

また、本プロジェクトは11月11日から12月6日にかけて紀伊半島にて実施される暮らしの実証実験「紀伊半島はたらく・くらすプロジェクト」の一環で行われます。
実証実験に興味のある方はこちらをご覧ください!
https://smout.jp/plans/836

ツアー内容

開催日程:2019年11月21日

所要時間:13:30〜15:30 約2時間

費用:2,000円(仕込んだお味噌1㎏お持ち帰り+南朝みそのおみそ汁試食付き!)

定員:10 人

最小催行人数:5 人

集合場所:SHIMOKITAYAMA BIYORI

解散場所:SHIMOKITAYAMA BIYORI

スケジュール

◾️スケジュール

 13:00〜13:30 SHIMOKITAYAMA BIYORIに集合
 
 13:30〜15:00 味噌づくり体験
(麹の塩切り、煮大豆つぶし、混合、仕込みなど)
 
 *ご自身で実際に仕込んだお味噌約1㎏をお持ち帰りいただきます☆

 15:00〜15:30 南朝みそのおみそ汁の試食、質疑応答など

◾️持ち物

 必要な方は、手拭き用タオル、エプロン、三角巾(バンダナ)など
 
 調理器具などはこちらで準備します。

◾️注意事項
 
 ・前日の夜から納豆は食べないよう、よろしくお願いします。
  (納豆菌はとても強く、影響が出るのを防ぐため!)

 ・駐車場は無料です。

下北山村
奈良県が紹介する下北山村ってこんなところ!

奈良県の最南端に位置する下北山村。

息を呑むような美しい自然は、訪れる人を毎回驚かせます。
特に、「前鬼ブルー」と称される青緑色の川は、一度見たら忘れられない美しさで、多くの人を魅了しています。

村の特産品と言えば、皆がまず口を揃えるのは「下北春まな」
肉厚で、甘味の中にほんのり苦味があり、野菜嫌いの子どももパクパク食べる人気の野菜です。
冬にしか獲れない希少な野菜を、是非お試しあれ。
他にも、「南朝みそ」「ばん茶」「はちみつ」など、村の人の想いが詰まった人気の特産品が季節を彩ります。

観光地と言えば、まずは下北山スポーツ公園。
上から見ても下から見ても絶景な「池原ダム」は、110メートルの巨大アーチ式ダムとして有名です。
そして、鬼が住む集落「前鬼」も忘れてはなりません。昔、前鬼と後鬼という二匹の鬼が、役行者の教えにより人間となって宿坊を営んだとされる集落です。61代目の鬼の子孫の男性が現在も宿坊を営んでおり、全国的にとても珍しい場所と言えます。

また、下北山村は奈良県にありながら、隣接している三重県・和歌山県と交流が深く、いわゆる「奈良県北部」とは違った独自の文化を築いてきました。
その歴史もあってか、村外の方への対応がとてもフレンドリー。

とても居心地の良い村なのです。

※ プロフィールはまだありません
6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}