海辺の町に夫婦移住!映像クリエイターの挑戦
もっと見る arrow

家なし、金なし、コネなし。

無い物だらけでスタートした僕の移住物語。
あるのは長年YouTuberとして活動し、独学で身につけた「映像編集スキル」のみ。

バックパッカーで国内や海外を放浪すること18か国。
47都道府県をバイクにまたがって1年かけて野宿旅。
YouTube歴5年、チャンネル登録1万人超。
近年は、車中泊スタイルで日本各地を旅しながら、シェアハウスの立ち上げや運営に関わったり、フリーランスで映像クリエイターの仕事をしていた僕が、移住を決意した経緯と移住後のリアルな生活をつづります。

移住のきっかけはSMOUTだった

コロナ渦で、車中泊の旅すらも思うようにあっちこっち行き来しずらい状況が2年ばかりつづいたある日。

「そろそろ、どこかに拠点をおかない?」

楽しく続けていた車中泊旅も2年が過ぎたある日、当初思い描いた理想の車中泊生活とは程遠く、僕たち夫婦はこの先の人生を悩んでいた。

結婚をしたあとも、1年以上家すら契約をせずに車一台で生活をしていた僕たちだったけれど、さすがにそろそろ屋根があって、壁があって安心して眠れる「場所」が欲しくなってきた。

どこかに、引き取り手がいなくて困っている「空き家」はないか?
大好きな「映像の仕事」を続けられそうな場所はどこだろうか?

そんなことを思いながら、様々な自治体のページや空き家バンクを検索。
しかし一向に、生活のイメージが出来なかった。

そんな時に、目に飛び込んできたのが「SMOUT」という移住情報サイト。
海が大好きな妻と、自分の得意を活かし映像の仕事をやりたい夫。

そんな2人の願望を叶えられそうな募集が「黒潮町」でされていた。
https://smout.jp/plans/6748

これだ!ピンときてすぐ行動した僕は、すぐさまSMOUTからメッセージを送って、面接へと挑んだ。

メッセージのやり取りから約1か月後、面接の結果「合格」のお知らせが届いた。
本当に移住をするのか、最後まで夫婦で悩みに悩んだ。

けれども「地域おこし協力隊」なら任期も3年間と限定的だったことと、移住するにあたって任期の期間中は「家」の家賃がかからないこと、海や山など大自然がすぐそばにあることなどの理由から、あとは移住してから考えてみよう!と意を決して黒潮町へ「移住」することにした。

インドの砂漠を旅したときの様子。砂漠の真ん中で見上げた満点の星空が今でも忘れられない。

インドの砂漠を旅したときの様子。砂漠の真ん中で見上げた満点の星空が今でも忘れられない。

バイク2人乗りで野宿しながら日本一周。お金は無かったけど、夢だけはいっぱいあった。

バイク2人乗りで野宿しながら日本一周。お金は無かったけど、夢だけはいっぱいあった。

海辺の町に移住してみて感じたこと

地域おこし協力隊として、6月から黒潮町へ移住をしてはや2カ月。

めちゃくちゃ不安だったのが、今まで色々なところを転々として、フリーランスといえばかっこよく聞こえるが、ほぼ無職のような自由人が地域の人に受け入れてもらえるのかどうか?

そして今まで自由気ままに動いていた僕が「地域おこし協力隊」として役場職員としてちゃんと勤めていけるのかどうか?

結論から言うと、今は「移住をして本当に良かった!」と心から思っている。
理由としては「地域おこし協力隊」として、住み心地の良い「平屋」に住まわせてもらってご近所さんとのお付き合いも楽しめていること。
収入が不安定な映像の仕事から脱却し、安定した収入を確保できたこと。
それによって心の余裕が生まれて、夫婦関係も今までよりも一層良くなったように感じる。

来てみて分かった地域おこし協力隊の仕事のリアルなことや、移住生活のお話しは今後もSMOUTを通して皆さんにお伝えしていけたらと思っています。

移住に興味ある!地域おこし協力隊の仕事ってどんな仕事?っていう方は、ぜひ「興味ある♡」ボタンで教えてください。
また、ご質問などもお気軽にどうぞ。

軽自動車をDIYして車中泊で日本各地を旅したときの一枚。

軽自動車をDIYして車中泊で日本各地を旅したときの一枚。

黒潮町はアートがあふれる海辺の町。写真はTシャツアート展。

黒潮町はアートがあふれる海辺の町。写真はTシャツアート展。

黒潮町役場 観光係
プロジェクトの経過レポート
2024/02/20

こたつと本と音楽と

18125

シェアパークflatは、誰でも気軽にふらっと立ち寄れるシェアスペースです。

元々の家主さんが残してくれたコタツや、ご好意で寄贈いただいた本があります。ウクレレやギターも置いているので、弾いてみたい人は、ご自由にどうぞ。

主に土日祝は開放日で、自分たちがいる間の日中はゆるっと開けています。(イベント出店の日などで、不在の日もあります)
中で本を読んだり、こたつで暖まってウトウトしたり、おしゃべりしたり、自由に過ごしてもらえます。

ハッピーマネー(寄付)で運営しているセルフコーヒーもありますので、もし黒潮町へ来られる際にはぜひふらっとお越しください。
詳しいご案内や、ご質問があればお気軽にメッセージください。

2024/02/19

家の近所の川で海苔をとりました

18085

先週末のポカポカと晴れた日。
地元のご近所さんに教わって、近くの川で海苔をとりました。
2人で1時間ほどかけて、小さなカゴいっぱいになりました。
家に持ち帰ってよく洗った後、それを巻き簀にひいて、丸一日天日干しすると、それはそれはもう立派な海苔が3枚できました。
今まで、海苔はスーパーで買うものとしか思ってませんでしたが自分たちで作り出せたことに感動。
そして、こんな綺麗な川が近所に流れていることにも感謝。
これからも自然の恵みをたくさん集めて、大切にしていきたいと思います。

2024/02/13

1泊2日の四国の協力隊交流勉強会に参加しました

17994

先日は、四国の地域おこし協力隊が高知市に一堂に会する交流勉強会に参加しました。

そこでは様々な人生の背景・希望を持ちながら四国に移住して、地域で何かしたい!と願うメンバー総勢100人以上が集いました。

同じ地域おこし協力隊でも、地域やミッションによって仕事のやり方、生き方は様々で、良い刺激をたくさんもらいました。

パネルディスカッションでは地域おこし協力隊の先輩たちが自身の活動や、現在の暮らしなどを交えて、協力隊としてのあり方のヒントを伝えてくれました。

僕も協力隊になって、はや1年と8ヶ月が過ぎて、残り活動期間が1年4ヶ月となりました。
これから何を残していけるか、何を伝えていけるか模索中ではありますが
今回学んだことを活かして、これからも黒潮町YouTubeでの情報発信や、任期後のなりわいづくりを楽しんでいきたいと思います。

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
黒潮町
西川太悟が紹介する黒潮町ってこんなところ!

黒潮町(くろしおちょう)は広い海、遊べる山や川、美味しい農産物や海産物など、ゆったりと流れる時間の中で、のびのびと移住生活をするにはぴったりの町です。
高知市内からも車で2時間弱のところにあってアクセスも比較的良い、便利な海辺の田舎町です。地域の人も移住者に優しくて、よくご近所さんから畑で採れたお野菜や、漁業関係の方からお刺身をもらったり、コミュニティもとっても温かい地域です。

現在、地域おこし協力隊として町を一緒に盛り上げてくれる方を大募集中です。移住について気になる方はお気軽にメッセージください。(^^♪

黒潮町公式HP
https://www.town.kuroshio.lg.jp/

黒潮町公式YouTubeチャンネル
https://youtube.com/@kuroshio_town

西川太悟
黒潮町 地域おこし協力隊
2022年6月から高知県幡多郡黒潮町の地域おこし協力隊に就任しました。 町の情報発信のお仕事をやっています。
53
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}