地域おこし協力隊オンライン説明会≪現役の協力隊がミッションを語る≫質問もOK!
募集終了
働く・住む
開催日:2023/01/12
終了日:2023/01/12

地域おこし協力隊オンライン説明会≪現役の協力隊がミッションを語る≫質問もOK!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

秩父市移住相談センターで勤務する協力隊を2名募集しています。(令和5年4月スタート)
応募締め切り:1月20日(金)必着

ミッション「移住・定住支援」ってどんなことをやっているの?
一緒に働く協力隊はどんなひと?
普段の生活や将来の構想は?

現役協力隊が、応募のきっかけや、なぜ秩父市に来た?、自分の強みをどう生かしているか、普段なかなか表に出ないことを話します。

* 日時:2023年1月12日(木)19:00~20:00
* zoomミーティングで配信(配信中にチャットで質問を受け付けます!!)

★「応募したい」を押してくださった方へ、詳細情報を送ります。

ぜひ活動のイメージをつかんでください。
質問時間も設けますので、気になることはその場で聞いてもらってOKです。

秩父で“暮らす”イメージを発信する

年間約300万人の観光客が訪れる一大観光都市、秩父市。
春の芝桜や秋の紅葉、冬の夜祭など、四季を通して見どころがあります。

そんな秩父市ですが、現在深刻な人口減少問題に直面しています。
総人口は6万人を切り、昨今は年間で約800人減少しています。

秩父市の移住相談センターでは、秩父市への移住人口や関係人口の創出を目標に、
各種移住支援制度の案内や、イベントの実施、地域と地域外のつながり作りをしています。

観光だけではない、秩父で「暮らす」イメージを発信する。
地域おこし協力隊(移住・定住支援)として、あらゆる角度で取り組んでくれる仲間を募集します。

現協力隊も自分の得意分野を生かし、自ら企画して実行しています。
例えば、
「移住×カメラ」⇒暮らす秩父のイメージポスター制作、移住者の取材・撮影、地元高校とコラボして写真展開催
「移住×映像」⇒秩父のイメージ動画制作、地域おこし協力隊活動動画制作と発信
「移住×アニメ」⇒自身もアニメオタクであることから秩父に移住、秩父ファンクラブで聖地巡礼イベントなどを企画
「移住×ランニング」⇒トレイルランイベントでの移住ブース出展、今後秩父市でランニングを楽しめる環境の整備を計画中

「移住×○○」
移住をフィールドに、あなたの得意なこと、やりたいことを実現しませんか。

【地域おこし協力隊への応募】についてはこちらもご覧ください。
SMOUTプロジェクトページ:https://smout.jp/plans/9968
市HP:https://www.city.chichibu.lg.jp/7958.html

あたらしい、あなたらしい、「暮らし方」

あたらしい、あなたらしい、「暮らし方」

秩父ファンクラブイベントでハイキングをしました

秩父ファンクラブイベントでハイキングをしました

特別な資格や経験は不問、秩父市についてはこれから知ればOK!

移住相談を受けるからには、秩父に詳しくないといけないのでは?

そんなことはありません!
秩父については、これから知ってもらえれば大丈夫です。
むしろ、外から見た秩父の視点を持っていることで、相談者に寄り添うことができます。

特別な資格は要りません。
現役の協力隊も初めはただの移住者でしたが、今はプロの移住案内人になっています。
自身の移住体験を生かしながら、興味のあることややってみたいことを掛け合わせて
あなたにしかできない、「秩父暮らし」の提案をしてください。

移住相談センター(地域おこし協力隊)のメンバーはチームワークが大事!経歴の異なる20~40代のメンバーが個性を生かして活動しています

移住相談センター(地域おこし協力隊)のメンバーはチームワークが大事!経歴の異なる20~40代のメンバーが個性を生かして活動しています

イベント・ツアー内容

開催日程:2023年01月12日~ 2023年01月12日

所要時間:19時~20時

費用:無料

最小催行人数:1 人

集合場所:オンライン開催

解散場所:

スケジュール

地域おこし協力隊の活動紹介(30分)
質問・回答(30分)

秩父市総合政策課・移住相談センター
秩父市
秩父市総合政策課が紹介する秩父市ってこんなところ!

都内からのアクセスが良いのに、自然を感じられるちょうどいい「ちかいなか」
⇒池袋から西武線特急で77分、市域の87%が森林

市街地はコンパクトに機能がまとまっており、住みやすい

近年は、結婚新生活支援補助金、出産祝金、ランドセル購入補助金など、結婚・子育て支援にも力を入れている。

秩父が大好き、秩父に興味がある人たちをまとめた「秩父ファンクラブ」は400名を超え、ファンクラブイベントも随時開催。

秩父市移住相談センターHP
https://www.chichibu-iju.com/

※ プロフィールはまだありません
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!