2つの伝統工芸と日本海が自慢の温泉街で、鮮魚と酒と器を活かした「なにか」を始める人を募集。
体験する
公開日:2023/12/24
終了日:2024/10/01

2つの伝統工芸と日本海が自慢の温泉街で、鮮魚と酒と器を活かした「なにか」を始める人を募集。

もっと見る arrow

○この地域について
どこまでも広がる日本海に面しているこの地域では、少し車を走らせると風流な温泉地に辿り着きます。
山代、山中、片山津という3つの温泉地に恵まれ、若い移住者も多く、近年はカフェやレストラン、セレクトショップの開業が後を絶ちません。その共通項は「質のよい、小さなお店」です。

若い商店主が、少しずつ集まる石川県加賀市。
何が、この地域に人々を惹きつけるのでしょうか。

○海の幸が自慢
この地域では、温泉街と漁港が深く結びついています。
ズワイガニ、ブリ、カキ、ノドグロ、ハタハタ、メギス、甘エビ、ガスエビ、タイ、カマス、アワビ、サザエなど
豊富な魚介類が季節ごとに流通しています。
何十種類もの海の生き物たちは、食文化の豊かさをあらわしています。

○新しい滞在サポートを始めました
多彩な海産物をはじめ、工芸品や酒などを活かした「なにか」を考えるお手伝いをします。
・最大3泊4日まで、石川県加賀市に滞在できる拠点を無料でお貸しします。
・町(温泉街や漁港など)を巡る。
・海産物を知る。
・料理を演出する器(山中漆器や九谷焼)を見る。

○「なにか」とは?
事業化を目指したプロジェクトから、ご家庭で取り組むプライベートなことまで、なんでもOKです。
たとえば、家庭内での食育のために
お子さんと海で釣りをして、魚を捌くような生活にシフトしたい
という些細なことでも構いません。

町と食と器が織りなす、料理文化を次世代へ

○豊かな食資源で、何かをしたい人を募集します。
そのための最初の足掛かりとして、3つの滞在サポートを行います。

○サポート1 観光で終わらせない町歩き
人口6万人の小さくて多様な地域「石川県加賀市」
この地域には温泉街や城下町、漁港や農村などがあり、多彩な生活シーンが垣間見えます。
たとえば、毎日温泉に通う住民や、軽トラックで魚を売る行商さんがいます。
こうした暮らしに埋め込まれている「日常の宝物」を、一緒に探しましょう。

○サポート2 海の幸について知る
鮮魚店やスーパーを訪ねることで、分かる情報は多く
その1つが「どの時期に、どの鮮魚が流通しているのか」ということです。

おいしい食べ方について知るには
割烹、寿司屋、海鮮定食屋、居酒屋などを訪ねる方法もあります。
交通手段やご予算に応じて、店舗情報もお伝えします。

○サポート3 器を学ぶ
2つの伝統工芸「山中漆器」と「九谷焼」の産地である石川県加賀市。
さまざまな職人やアーティストが暮らしており
個性的な作品が、食文化に彩りを与えます。
ギャラリーや美術館などを訪ねることで
その歴史や活用方法などを考えましょう。

◎対象者(一例)
・北陸の海鮮食材と料理について学びたい方
・移住して、家庭で美味しい魚を味わう暮らしを始めたい方
・これから飲食店を開きたいと考えている方
・飲食店や家庭で北陸の食材を扱いたい方
・海をテーマとした、子ども向けの食育などに興味のある方
※「もしかしたら、こんなことができるかも」というアイデアをお持ちの方も、お気軽にご相談ください。

○メッセージ
「料理文化を次世代へ」というテーマは
あたりまえのように日常風景に埋め込まれています。

たとえば
家庭で、地域の魚を使った料理をお子さんに教える。
レストランで、魚介類を活かしたメニューを開発する。
など日々の生活や仕事で実践できるほど、何気ないことです。

料理文化を次世代へと繋ぐ営みは
ひとりひとりの暮らしに溶け込んでおり
そうした生活を送りたい人を応援したいと考えています。

鮮魚店や飲食店では、種類豊富な海の幸を楽しめる。

鮮魚店や飲食店では、種類豊富な海の幸を楽しめる。

山代温泉の古総湯は、明治時代の建物を再現した温泉施設。

山代温泉の古総湯は、明治時代の建物を再現した温泉施設。

まずはお試し住宅で移住体験

市内にはスーパーやコンビニ、病院やドラッグストア、家電量販店やホームセンターなど生活に欠かせない施設も揃っています。

【滞在拠点について】
名称  :お試し住宅
対象者 :石川県加賀市への移住を検討したい方
利用期間:日帰り~3泊4日
利用料 :無料
所在地 :石川県加賀市大聖寺もしくは山代温泉
定員  :1~6名
申込方法:「応募したい」や「チャット機能」よりお問い合わせください。
設備案内:下記サイトよりご覧ください。
https://kaga-teiju.jp/support/house/

※観光や出張目的の方は、利用をご遠慮ください

【スペシャル企画】
1月30日(火)の夜は、食事会を催します。
温泉から徒歩5分の民家に
九谷焼の女性作家さんと茶碗屋さんが集まり
手作り料理を囲んで談笑するアットホームな食事会です。

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

温泉から徒歩5分のお試し住宅

温泉から徒歩5分のお試し住宅

うねりのあるリズミカルな絵を描く九谷焼作家さんの作品

うねりのあるリズミカルな絵を描く九谷焼作家さんの作品

加賀市定住促進協議会
プロジェクトの経過レポート
2024/05/24

6/23(日)移住体験×カフェイベント

19165

現代作家の九谷焼を使ったカフェイベント(6月23日)に参加し、工芸や茶道を嗜んでいる住民とも交流したい人を募集中です。

ミュージアムツアーや抹茶、お菓子がセットになっており、地域の方ともお話できる機会です。歴史文化が根付いた地域で暮らしたいと考えている人はぜひお見逃しなく。

興味のある方は、「応募したい」ボタンからお気軽にご相談ください。

2024/05/17

副業づくりもサポート

19085

埼玉県や愛知県など様々な都市から移住希望者さんがお越しになっています。工芸や食文化について学び、どのような仕事を作れるかイメージを広げていただきます。

フィールドワークのように町をぶらぶら歩き、地域の課題にも触れてもらいます。課題が鮮明になれば、自ずと取り組むべきことも見えてきます。

移住体験の様子
https://www.instagram.com/p/C6vJbLpJOb4/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==

2024/05/02

5/16以降、移住体験の予約に空きがございます。

18917

・現代工芸を活かした茶会
・陶磁器に蒔絵を施す商品開発
・料亭の破損器を金継ぎするプロジェクト
さまざまな企画が同時並行で動いています。

滞在を通じて工芸や食文化を学び、これからを一緒に考えていくような機会を設けております。

滞在日などについてお気軽にご相談ください。

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
加賀市
山田淳史が紹介する加賀市ってこんなところ!

加賀市は石川県の最南端にあり、本州のほぼ中心に位置しています。
 加賀市での生活に自家用車は欠くことのできないアイテムですが、車で5~10分ほどの距離には医療機関やスーパーマーケットがあり、金沢市へは車で1時間足らずで行くことができます。
 2024年には北陸新幹線も開業。陸路、空路と多様な交通手段で東京・大阪・名古屋などの都市圏へのアクセスは良好です。
 清新な空気や四季折々の風景、「山代温泉」「山中温泉」「片山津温泉」と3つの温泉があり、どれも日々の生活を豊かにしてくれます。
 また、日本海に接した橋立港では海の幸が、田畑ではこしひかりやブロッコリー、ルビーロマンなどのおいしい食材があふれています。
 食べ物がおいしい!空気がおいしい!自然が美しい!自慢のまちです。

山田淳史
加賀市定住促進協議会

私の出身地は石川県加賀市です。移住コーディネーターとして観光業や農業、製造業などへの転職をサポートしております。そのほか「お試し住宅」や「移住ツアー」の運営しております。趣味は植木と料理と工芸です。家の近くで採れた山菜や果物を味わう暮らしをしています。

91
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}