【地域おこし協力隊】岩泉ヨーグルトと短角牛の町で、自分の可能性を見つけてみませんか?
働く・住む
公開日:2024/03/29
終了日:2025/03/31

【地域おこし協力隊】岩泉ヨーグルトと短角牛の町で、自分の可能性を見つけてみませんか?

私たちの町、岩手県岩泉町は畜産ととても繋がりが深い町です。

今はモッチリとした食感の「岩泉ヨーグルト」が有名ですが、元々岩泉町の酪農(牛乳を生産する畜産)は今から約130年前に始まり、小岩井農場などで知られる岩手県の酪農の中でも、岩泉町の酪農はとても歴史のある地域です。

また肉牛に関しては、一般的に知られている松坂牛や前沢牛などの霜降りが入る黒毛和種ではなく、和牛の中でも1%以下として大変貴重な短角牛の産地として、岩泉町は知られています。

町の面積の90%以上が山で占められている私たちの町は、北海道のような平地を生かした、大規模な畜産は行えません。その代わり人と牛の距離が近い、地域に密着した畜産を歩んできました。

地域と畜産を守りたい。

しかしながら世界的規模の飼料、資材の高騰、その一方で止まらないコストダウンと大規模化。そして地域の少子高齢化など、様々な要因が重なり厳しい環境にあるのも事実です。私たちはそんな環境の中でも、岩泉ヨーグルトや短角牛など他地域との差別化を図りながら、地域と共に歩む畜産を守っていこうと努力を続けています。そんな地域に根差した畜産と、それを生み出す地域を、一緒に守っていく人を募集します。

牛乳を搾る朝夕の搾乳は1年365日、休みなく続きます

牛乳を搾る朝夕の搾乳は1年365日、休みなく続きます

短角牛は春から秋にかけ、山の上に放牧され、独特の景観を作り出します

短角牛は春から秋にかけ、山の上に放牧され、独特の景観を作り出します

畜産に興味はあるけど・・・・・そんな人のための募集です!

畜産に興味はあるけど農家になるにはハードルが高そう。
牛は好きだけど、それを仕事にできるか不安。
農家になるのではなく、ヘルパーや放牧看視人などで畜産に関わりたい。
畜産と地域に関わる新しい仕事をやってみたい。

こんな思いがある人は是非、岩泉町地域おこし協力隊を検討してみませんか!

農家になるのはもちろんのこと、畜産に関わる仕事にいきなり就くのは、なかなか勇気のいることだと思います。まずは3年間、地域おこし協力隊として安定した収入を得ながら、実際に地域と畜産に関わり、その後の進路を決めてみるのはいかがでしょう?

協力隊終了後の将来像としては、事業継承による新規就農はもちろんのこと、酪農ヘルパーとしての就職、岩泉町にある育成牧場や堆肥センターの運営を行っている公社への就職など、協力隊の3年間の任期中に実際に様々な経験をして、決めて頂ければと思います。

地域の牛乳を使って、岩泉ヨーグルトが作られます。

地域の牛乳を使って、岩泉ヨーグルトが作られます。

面積の9割を山が占める岩泉町、山の間に採草地や放牧地が広がります。

面積の9割を山が占める岩泉町、山の間に採草地や放牧地が広がります。

地域と畜産に興味のある方は是非!

応募必須条件:
(1)年齢が概ね20歳~40歳代の方(性別は問いません)
(2)現在、三大都市圏又は地方都市等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村)に居住し、委嘱後に住民票を岩泉町に異動し、居住できる方
(現在、他市町村等で地域おこし協力隊として2年以上活動している方も応募可能です)
(3)心身が健康で、地域おこし活動に意欲と情熱を持ち、積極的にコミュニケーションを取れる方
(4)普通自動車運転免許を取得している方
(5)パソコンを日常的に使用している方(基本的なパソコン操作ができる方)

活動時間:
月20日 1日8時間程度
但し、受け入れ先等の事情で、活動日数や就労時間が異なる可能性があります。

報酬等:
毎月、前月の活動実績を月報及び日報として提出いただき、活動日数1日あたり12,500円を活動日数に乗じた金額を報償費として岩泉町より支払います。ただし、1年間の支給上限を300万円とします。

なお、双方のミスマッチを防ぐ事を目的として、エントリー前に2泊3日程度で岩泉町での暮らしや仕事を体験してもらい、担当者や関係者と直接話せる「おためしプログラム」への参加を推奨しております。開催日程や内容については、参加を希望される方と相談しながら柔軟に対応していきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他、詳細な条件等はメッセージでお気軽にお尋ねください。メッセージはもちろんのこと、Zoom等を使ったご説明も可能です。また岩手県内と首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に関しては、直接お会いしてお話しすることも可能ですので、こちらもお気軽にメッセージにてご連絡ください。

畜産農家の皆さんと地域の暮らしを楽しみましょう!

畜産農家の皆さんと地域の暮らしを楽しみましょう!

そして、地域の畜産を守りましょう!

そして、地域の畜産を守りましょう!

一般社団法人KEEN ALLIANCE(岩手県岩泉町 地域おこし協力隊募集・フォロー業務受託団体)
プロジェクトの経過レポート
2024/05/02

5/2以降お問い合わせの方は、最短でも10/1以降の着任となります

岩泉町地域おこし協力隊について、大変多くの方に関心をお寄せいただいております。本当にありがとうございます。

5/2現在、新規着任分の予算が補正予算次第となっております。本日以降のお問い合わせの方につきましては、最短でも10/1以降の着任となりますので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
岩泉町
穴田光宏が紹介する岩泉町ってこんなところ!

岩泉町といえば日本三大鍾乳洞の一つである龍泉洞が有名ですが、食の豊かさも実は素晴らしいです。もっちもっち感がたまらない岩泉ヨーグルト!短角牛に龍泉洞黒豚!日本酒の八重桜に山ぶどうワイン!山菜にマツタケ!そしてウニにアワビに鮭!まさに海から山まで、自然の恵みで溢れています。
  
また歴史文化の面では、日本全国に熱心なファンがいる中野七頭舞をはじめ、地域ごとの郷土芸能が子供たちにしっかり受け継がれています。
  
2011年の東日本大震災、2016年の台風10号被害と立て続けに大きな自然災害に見舞われましたが、全国からの温かい支援もあり、ゆっくりですが復興を遂げつつあります。
 
他の地域と同様に岩泉町も過疎化が進む地域ですが、人々は自然の厳しさと豊かさを感じながら、ゆっくりとした時間の中で、幸せに暮らしています。みなさんもぜひ一度、岩泉に来てみませんか?

穴田光宏
一般社団法人KEEN ALLIANCE

 生まれは東京都練馬区ですが、東京農業大学卒業後、岩手県岩泉町に移住。20年間住んでいました。岩泉在住中は農業と小さなハム屋をしてました。

 親のことなど、色々事情が重なり、再び東京に戻り、現在は首都圏にいながら岩手県岩泉町の移住コーディネーターをしています。
 
 岩手県岩泉町に本拠地のある一般社団法人KEEN ALLIANCEに所属し、働くことだけではなく、暮らすことも考える、岩泉型インターンシップの運営、地域おこし協力隊の募集・フォローなどを担当しています。また、岩手大学地域協創教育センターの客員教員として、学生と地域を繋ぐ仕事もしています。

10
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}