このプロジェクトは終了しました
地域に移住する
公開日:2018/10/25

【募集終了】ほたるの美しい田舎で暮らしながら、宿泊施設の支配人になれます!

アウトドアUターン起業伝統・祭り暮らし体験イベントツアー移住起業家経営者料理人営業・販売地域おこし協力隊求人

主に養父市奥米地(おくめいじ)地区の自然を体験できる宿泊施設である「ほたるの館」の支配人として、運営と事業展開を行っていただきます。

活動の拠点となる養父市奥米地地区は、人口152人、高齢化率35%を超える地域です。(平成30年10月末現在)
地域の活性化に向けて、地域の住民と協力・連携しながら、熱意を持って取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

憧れの「支配人」として宿泊施設を運営できます!

ほたるの館

ほたるの館

バンガロー

バンガロー

1 多彩な施設の運営に携われる!
大正末期に建築された旧養父町役場を移築改造、モダンな近代的建築が素朴な自然の 中で一際映えるほたるの館。それぞれ違うアート小物で飾られた、ちょっとおしゃれなバンガロー。ホタルはもちろん、奥米地の自然について学べる施設奥米地自然体験施設「めいじキララ」。ちょっぴり残る学校の面影が懐かしくて暖かい自然体験学習館「めいじ」といった多彩な施設が存在するほたるの里の企画立案に携われます。色々なアイデアを持つ方大歓迎です!

2 豊かな自然を楽しみに多くの方が訪れます!
周囲を山々に囲まれた小さな田舎の集落には、ほたるが住めるきれいな川があり、夏には多くの観光客の方が奥米地に訪れます。小さな虫や野花たち、野鳥のさえずり、澄み切った夜空に輝く満天の星といった都会では味わえない自然の宝物の中で仕事をしませんか?

3 ほたるの館を活用して新たなビジネスが始められます!
ほたるの館では宿泊施設としての利用だけでなく、カフェの運営やイベントの開催といったことも行っていただけます。

養父市の自然を守り、まちの仲間になっていただける方を募集しています!

様々な生物が生息するとんぼ池

様々な生物が生息するとんぼ池

美しい自然を持つ養父市奥米地地区ですが、少子化や高齢化に伴いほたるの館も担い手不足が深刻化している状況です。

そこで今回、ほたるの館のさらなる活用のために「支配人」として地域おこし協力隊員となってくださる方を募集いたします。

募集条件については下記の通りです。

【業務概要】
ほたるの館の支配人として、主に次の業務を行っていただきます。
①ほたるの館及びほたるの館の活性化に向けての企画立案
②施設を有効活用した新たな事業展開(例:喫茶の営業など)
③集客に向けての効果的な情報発信
④宿泊予約の受付及び管理に係る業務(夜間の対応が発生する場合があります。)
⑤ほたるまつりの開催等、地域行事への参加   など

【募集対象】
(1)年齢が20歳以上概ね45歳以下の方
(2)三大都市圏等に在住し、採用後養父市に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方(ただし、条件不利地からの場合、制限されることがあります。)
(3)過疎地域等の活性化に意欲があり、地域住民と親交を深める意思のある方
(4)契約期間満了後に養父市内で起業、就業して定住する意思のある方
(5)自らの意思及び責任において活動を実施できる方
(6)自らの力で生活を維持することができる方
(7)契約期間を全うする意思のある方
(8)心身ともに健康で、正常な状態で誠実に職務ができる方
(9)普通自動車免許を有している方(ペーパードライバーでなく、実際に運転できる方)
(10)パソコン(ワード・エクセル・パワーポイント・インターネット操作等)の一般的な操作のできる方
(11)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

【募集人数】
1人

【勤務地】
養父市奥米地地区

【勤務時間】
契約する活動に対して、予定している成果を達成することができる日数
※活動内容によっては、土・日・祝日の活動も含まれます。

【雇用形態・期間】
決定次第締め切りいたします
(任用期間は活動に取り組む姿勢、活動成果等を勘案し、最長で3年まで延長します。)
※本市との雇用契約はありません。業務委嘱契約によるものです。

【給与】
月額166,000円

【待遇】
(1)社会保険には各自で加入してください。
(2)確定申告は各自で行ってください。
(3)本市までの交通費、引越しに必要な経費は自己負担となります。
(4)活動期間中の住居は、各自で準備してください。ただし、入居に際し必要となる敷金、礼金は市が予算の範囲内で支払います。
(5)毎月の家賃は、既定の範囲内をもって市が全額負担します。
※但し、食費、光熱費、通信費、駐車場代、町内会費等は各自で、ご負担いただきます。
(6)田舎暮らしには、通勤や買い物等に自家用車等の移動手段が必要不可欠です。自家用車等の持ち込みをお勧めします。
※隊員活動、生活にかかわらず、市からの車の貸与はありません。
(7)活動に必要となる、消耗品等は協議のうえ、購入します。
(8)市が必要と認めた研修旅費については、本市の旅行規定に基づき、予算の範囲内で支給します。

【申込受付期間】
2018年10月01日 ~2019年03月31日
※定員になり次第締め切ります

【審査方法】
≪第1次審査:書類審査≫
≪第2次審査:個人面接≫
○応募書類提出先
兵庫県養父市八鹿町八鹿1675番地
養父市市民生活部やぶぐらし課

そのほか、詳しい要項に関しては、やぶぐらし特設ページをご覧ください!
http://www.yabugurashi.jp/chiiki/chiiki.html

プロジェクトの経過レポート
43
2018/10/25

兵庫県のゲンジボタル保護区に指定されている養父市奥米地(ほたるの里)で2018年6月9日(土)、10日(日)、16(土)にほたる祭りが開催されました。

養父市のほたる祭りは、ゆっくりとホタルを観賞する幻想的で静かなお祭りです。午後9時以降遅い時間になりましても、美しいほたるの乱舞が見られ、のんびりした田舎の雰囲気を味わうことができます。

※ プロフィールはまだありません
57
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!