大空町の新しい高校づくりに携わる町営塾スタッフ募集!【地域おこし協力隊】

北国UIJターン地域活動家族・こども仕事暮らし募集移住教師/講師地域おこし協力隊

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

北海道大空町では、平成33年開校に向けて町立の新しい高校づくりがはじまっています。それに先立って平成31年から、高校生向けの町営の塾をオープン予定。
教科指導だけでなく、平成32年からの大学入試改革に対応したアクティブラーニングやキャリア教育も実施し、地域の方々にも参加してもらうなど、町一体となって子どもたちを育てていく新しい発想の塾です。
今回は、この塾の講師を募集しています。

「新しい高校づくり」とは?

大空町は芝桜で有名。四季折々の景色を楽しむことができます。

大空町は女満別高校のある町。東京・大阪・名古屋からの直行便もあります。

現在、大空町には、北海道立の「女満別高校」と、大空町立の「東藻琴高校」の2つの高校があります。

センバツ高校野球に21世紀枠で出場経験のある女満別高校は、全日制の普通科で生徒数55名。東藻琴高校は農業の仕組みや、生産から加工・販売までを学ぶ生産科学科で生徒数48名。町の特産品であるチーズの開発をはじめ、地域素材を生かした様々な食品加工品の開発・研究に取り組んでいます。それぞれ地域に根差した教育を実践し、町内だけではなく、網走市など近隣の市町からの入学者の割合も半数以上。

しかし、町内をはじめとした近隣市町の中学卒業者数の減少により、両校への入学者数は年々減少し定員割れの状況が続いており、ここ5年で入学者は半減。
このような現状から、大空町では平成18年に「大空町の高等学校教育を考える協議会」を設置し、大空町での高等教育の在り方について、町民の方々と協議を行ってきました。
その結果、町内にある2つの高校を統合し、大空町立の高校の設立に向けて動き出すことになりました。

日本の教育を大空町から変えていく!

甲子園出場経験のある女満別高校

町の素材を活かした商品開発をしている東藻琴高校

新しい高校づくりにあたって、住民の方々と「どんなこどもを育てたいか?」という議論からスタートしています。ここで出てきた大空町ならではの、育てたい人材像に基づいて、新しい高校で学ぶことができるカリキュラムを作成していく予定です。
町営塾は、まさに新しい高校づくりの第一歩。塾のスタッフには今後の高校づくりも一緒に参加していただく予定です。

今後の子どもたちに、どんな教育が必要か?
一緒に大空町で考え、実践してきませんか?

募集内容

・「公営塾」講師(地域おこし協力隊/役場嘱託職員)
・月給:167,200円(時間外手当・期末手当有)
・勤務時間:12時45分~21時30分(内休憩1時間)
・福利厚生:厚生年金・健康保険・雇用保険加入

■休日休暇:土曜・日曜・祝日(週休2日制)
 ※定期試験前、受験前などで変動する場合は調整します

■応募資格・求める人物像:
・教育を軸とした地域活性化に取り組みたいという意欲をお持ちの方
・町、高校、地域と協働してプロジェクトを進めることができる方
・学生時代/社会人で指導経験がある方 歓迎 ※教員免許は必須ではありません

岡本真実
株式会社PrimaPinguino
兵庫県出身、札幌市在住。 現在は、PrimaPinguinoという会社で、北海道の高校魅力化プロジェクトに携わっています。
興味あるを押した人たち(12人)
12
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
学校の枠を越えた教育に興味あります!!
icon
講師経験は必須ですか?
icon
自分の生業である、スポーツビジネスやメディアなどの授業が出来たら、それはコンテンツの一環になるかもしれないと思いました。
icon
地方から日本の教育を変えていきたいです!お力添えさせてください!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}