ローカルメディアの可能性を秘境の地で探る「繋ぐローカルエディター」募集!

起業地域活動住まい仕事暮らし募集移住カメラマン映像クリエイターライター・エディター地域おこし協力隊

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

椎葉村にはゆっくり流れる時間の中で暮らしが営まれていて、とても心地よい。
そんな秘境での暮らしや人、出来事を切り取り、暮らしの幸せさ、貴重さを伝え、人の心を動かすローカルメディアを創ってみませんか?

これからの未来に必要なローカルメディアとは?

日常の温かさを切り取る

日常に人が求める暖かさがある

地方はまだまだ知られていない魅力的な人、暮らしの幸せさなどが多くあります。また、地方だからできる面白い事へのチャレンジも見られます。こうした事を切り取り、多くの人に届ける事で、人を繋げ、新たな事を生み出す。そんなローカルメディアがこれからの未来には必要だと感じています。
椎葉村には「Only one shiiba」というローカルメディアがありますが、これを発展していきたいと考えています。
既に村内外の人々がこの「Only one shiiba」に記事を書いていますが、これを主導的に取り組んでもらえる人を「地域おこし協力隊」として募集します。

人が繋がるメディアを創り出したい

椎葉村のローカルメディア"Only one Shiiba”

日常的な暮らしのなかにローカルメディアとしての素材の面白さが多くあります。
暮らしの不便さから生み出された知恵や工夫、人と人との関わり合い。
こうしたものを今は求められている様な気がします。
実際に「Only one shiiba」によって惹かれた人が椎葉村へ関わりを持つという事が起きています。
これを更に進化させる事がローカルメディアの新たな価値を生み出すと感じています。
是非、これからの未来に必要なメディアを創ってみませんか?

待遇及び福利厚生

(1)給与 月額166,000円
(2)住宅 椎葉村で確保します。家賃については、「秘境de農業」の隊員は就農した際に所得の差が大きくならないように3万円/月までを隊員で負担し、それを超える部分を村で負担します。それ以外の隊員については、全て村で負担します
(3)諸手当 年2回賞与(月額報酬相当を2回)通勤手当は通勤距離に応じて
(4)社会保険等 厚生年金、雇用保険等に加入します
(5)その他 業務に要する車両は隊員所有の車両を使用し、走行距離に応じて費用をお支払いします。

その他、地域おこし協力隊募集の詳細はリンクをご覧下さい。
http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/promote/2018/10/post_35.php

椎葉 豊が紹介する椎葉村ってこんなところ!

椎葉村は宮崎県の北西部の山間部にある村です。不便な地域だからこそ、自然の力を活かした暮らしが築かれ、人と人、自然と人の繋がりが必要で、それが残ってきた地域です。
神楽や狩猟などにもそれは見て取れます。
そして何より広い。広すぎて地域によって言葉さえも違う。
そんな、色々と奥深い村なのです。

プロジェクトの経過レポート

当プロジェクトの募集は本日まででしたが、応募者がいなかったため、募集期間を1月31日まで延長します。
お試し体験事業も可能ですので、是非、一度、椎葉村へ足を運んでいただき、応募を戴ければと思います。
椎葉村ホームページの掲載記事については、来週に変更しますが、取り急ぎ、お知らせいたします。

2018/11/30
椎葉 豊
椎葉村役場
椎葉村役場職員
興味あるを押した人たち(39人)
39
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}