北海道の北の北!マイナス30度の厳冬地で、農家さんとして新しい暮らし&仕事をはじめよう!

北国Uターン起業地域活動家族・こども住まい仕事暮らし体験募集移住農家求人

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

農家さんに興味がある若い人やご夫婦などが、下川町で続々と新規就農しています。

実は、北海道下川町は森林の町でありつつも、農業も、町を支える基幹産業!!
育てているのは、ホワイトアスパラ、「ハルユタカ」という品種の小麦、そしてフルーツトマトです。
まずは2年間、諸先輩がたに教わりながら、しっかりと農業の仕事や、地域での暮らしを教えてもらえる環境がととのっています。

北の大地で、新しい暮らしと仕事、はじめてみませんか?

フルーツトマトの名産地!

真っ赤なトマトは、下川の短い夏の風物詩

トマトだけでなく「ハルユタカ」という小麦も育てています

下川で有名なのは、なんと言ってもフルーツトマト!

糖度8度以上で、マイナス30度にも下がる厳しい冬を乗り越えたトマトは、遠方にお住いの方がお取り寄せするほど根強いファンがいます。

初心者でもオッケー!その理由は?

睦良田(むらた)さんご夫妻も、研修制度を利用して、農家さんを目指し中

「アテネファーム」を営む中田夫妻。独自のブランドを作り上げ、ファンも多い

下川町には、まったくの初心者から新規就農する方が何組もいらっしゃいます。

その理由は、手厚いサポートがあるから。

たとえば、新規就農を目指す方には下川町役場から、月額20万円を借りることができます。ただし、研修を終えてから下川町で農家さんとして5年間、経営を続けた場合は返還義務がなくなるのです。

初めて農家になるのに生活が安定するか不安・・・という人にとっては、ありがたい制度の一つです。

また、研修中の方は新規就農を目指す方々のための住宅(1棟4戸(2LDK2戸、3LDK2戸)で一定期間、暮らすことができます。

独立とともに引っ越す必要がありますが、2年間で培った人間関係やコミュニティに支えられ、スムーズに家探しができる方が多いようです。

■他にもこんなサポート&特徴が!
・研修旅費補助(農業技術習得のための研修等参加費用に対し、10万円以内/年を補助)
・実習費用補助
・道北随一のハウス栽培の集積地
・営農相談員が支援
          ・・・などなど

プロジェクトの経過レポート

ちょっとでも気になる方は、メッセージをお送りいただくか、下川町役場農務課にお問い合わせください!
農務課 農業振興グループ 農政担当
電話:01655−4−2511(内線143・145)

2018/12/25
北海道下川町に住んでいる編集者です。「灯台もと暮らし」編集部、「北海道Likers」ライターなどをしながら、下川でプレゲストハウスと称して民泊を運営しています。 https://www.airbnb.jp/rooms/26283713
興味あるを押した人たち(18人)
18
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}