【急募!】南の島で季節ごとの複業スタイル おきのえらぶ島でマルチワーク<遊び編>
働く・住む
公開日:2021/07/20
終了日:2021/08/31

【急募!】南の島で季節ごとの複業スタイル おきのえらぶ島でマルチワーク<遊び編>

pin 鹿児島県知名町
(サブエリア: 和泊町)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

鹿児島県南西部にある島、沖永良部島(おきのえらぶじま)で働いてみませんか?

派遣職員として雇用を結び、島のいろんな職場で働いて、移住者にとって必要な人脈も情報も集まる。
そんな働き方を、「えらぶ島づくり事業協同組合」に所属することで、実現することができます。
そこで今回、最大8人のマルチワーカー(無期雇用派遣職員)を募集します!

※地域人口の急減に直面している地域において、農林水産業や商工業などの地域産業の担い手=マルチワーカー
(季節ごとの労働需要などに応じて複数の事業者の事業に従事)に係る労働者派遣事業。

総務省の所管する「特定地域づくり事業協同組合制度」についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。
https://www.soumu.go.jp/main_content/000679335.pdf

<働き方>についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。
https://smout.jp/plans/4495?token=Z4wopErNcfm8JjvhXUptzgp5

休日にケイビングやシュノーケリングをしてみては!?

沖永良部島の自然や文化は沖縄の離島を思わせます。

昔から農業が盛んだったことから観光開発が進まず、ウミガメが産卵地に選ぶほどの手つかずの自然が守られているのです。

そんな環境を覗き見できるマリンアクティビティなども高い人気です。

また、サンゴ礁が隆起して出来た島には、大小約200から300の洞窟・鍾乳洞があり、
洞窟探検家のあいだで「洞窟の聖地」といわれています。

大人気のケイビングや海のアクテビティを休日に満喫するライフスタイルを実現出来ます!

地下には絶景の大洞窟が広がる神秘の世界(提供:一般社団法人 沖永良部島ケイビングガイド連盟)

地下には絶景の大洞窟が広がる神秘の世界(提供:一般社団法人 沖永良部島ケイビングガイド連盟)

海はウミガメとふれあえるほど美しい(提供:自然体験アクティビティ専門店『Feel it』)

海はウミガメとふれあえるほど美しい(提供:自然体験アクティビティ専門店『Feel it』)

海好きにはたまらないロケーション

島のどこからもほぼ10分以内に海にアクセスでき、200あるとも言われる浜はプライベートビーチ同然の静けさ。

週末はキャンプやBBQ、釣りやシュノーケリングなどマリンスポーツを楽しむ方も多いです。さすがに冬の海は冷たくて容易に入れませんが、たとえ2月でも昼間は半袖で過ごせる日が珍しくありません。

サンセットSUPでリフレッシュ

サンセットSUPでリフレッシュ

海ガメを眺めながらのBBQ(提供:海の見えるペンション)

海ガメを眺めながらのBBQ(提供:海の見えるペンション)

新しい生き方へのソフトランディング

コロナ禍が長期化する中、これからの生き方を模索している人も多いかと想像します。
そうして考え抜いた末に今沖永良部島の住人となっている人も、実は少なくありません。

しかし、仕事の有無ばかりはどうしようもない。
移住したところで仕事が見つかるか?という不安はごもっとも。
前もって仕事を探す人は少なくないと思いますが、とくに移住者であるほど、
ただでさえ慣れない暮らしの中でさらに新しい職場というのはリスクが伴います。

えらぶ島づくり事業協同組合は、そんな移住に不安を抱える人に対して島とつなぐ橋渡しができないかと考えております。

もちろん、移住希望者ばかりでなく、島に帰るタイミングを考えている出身者の方も大歓迎です。

さまざまな仕事を経験する中で「ここで就職したい」「こんな課題があるなら自分が起業して解決したい」という発見もあるかもしれません。

そうした人たちが卒業して島に根付き、また新たな人たちが沖永良部島にやってくる。

そんな好循環を生み出す受け皿に、「えらぶ島づくり事業協同組合」はなりたいと考えています。

※先ずは「興味ある」ボタンを押して、お気軽にご相談下さい!

サンゴ礁の美しいビーチは、いつも貸し切り状態

サンゴ礁の美しいビーチは、いつも貸し切り状態

水平線に沈むサンセットタイムを堪能できるのも島に住む特権!(提供:知名町)

水平線に沈むサンセットタイムを堪能できるのも島に住む特権!(提供:知名町)

金城 真幸
えらぶ島づくり事業協同組合
わたしは神奈川県横浜市出身です。海外に20年間住み、世界60か国でビジネスをして、世界中を観てきました。そんな自分が理想のライフスタイルを実現するために選んだのが、沖永良部島です。この島は、観光開発されておらず、手付かずの自然と助け合いの精神を持つ心優しい人々が暮らす素朴な島です。そんな素晴らしい島を元気にするための活動に尽力しております。
81
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}