【体験できます】サクサク食感の珍しい柿や野菜を育てる農園で、農法や農業の楽しみを感じに来ませんか?|まつばら農園
体験する
公開日:2022/09/05
終了日:2023/03/31

【体験できます】サクサク食感の珍しい柿や野菜を育てる農園で、農法や農業の楽しみを感じに来ませんか?|まつばら農園

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

「人が繋がる循環を、農業を通して作りたいんです。」そう話すのは、120年続く農家の6代目、まつばら農園の松原好佑さん。和歌山県紀の川市で、5代目であるご両親とともに、たまねぎや柿、はっさくやみかんなどを生産しています。

まつばら農園のホームページでは、6種類のブランド柿を中心に、生産している果物や野菜の特徴や美味しさの秘訣が紹介されています。農作物だけでなく、農園のロゴがプリントされたTシャツやトートバッグなどのオリジナルグッズの販売も。遊び心を取り入れながら農業を楽しんでいる印象の松原さんですが、最初はモチベーションが上がらず苦労したそう。

「僕が就農した当初まで、100%組合を通して出荷していたので、お客さんの声が届くことがなくて。なかなかやりがいを感じられずにいたんです。そんな時に参加したマルシェでお客さんから直接感想が貰えたことが転機になって、直販を始めました。」

お客さんとの接点が、モチベーションに繋がったという松原さん。購入したお客さんの口コミが他のお客さんを呼び、今では販売を開始するとすぐに売り切れてしまうことも多いとか。

松原さんは現在、近隣農家の方も気軽に直接販売できる場所づくりの準備も進めているといいます。「生産者側の”楽しい”を促進することで、自ずと農業に興味を持つ人も増えるはず。」という考えから、周囲を巻き込みながら活動の幅を広げています。

今回体験できる内容

まつばら農園の体験では、農作業、畑の管理、時期に応じて直販のお手伝いや収穫作業なども体験できます。特に、まつばら農園の柿は、甘さだけでなくサクサクの食感が楽しめる珍しい柿。多くの農家がやらない技法を見学できるチャンスです。

「柿は一般的に、収穫後にまとめて渋抜きをします。収穫から1週間以上は渋抜きの期間が必要なので、実も柔らかくなるんです。でもうちは収穫前に渋抜きをしているので、柔らかくなる前に食べられます。僕はサクサクの柿の方が好きなので、手間はかかってもこの作り方にこだわっています。」

もちろん柿だけでなく、玉ねぎやとうもろこし、はっさくなど柑橘類も栽培しているので、種類が異なる作物を育てるメリットも学べます。作物の種類が違っても、農業の技術は応用が可能。短期間で収穫できるとうもろこしで肥料や育て方の試行錯誤を繰り返し、効果があったやり方を、他の作物に対しても取り入れているといいます。

農業に触れたことがないという人も大歓迎。”美味しい”を追求する松原さんのもとで、ぜひ農業の奥深さを感じてきてください。

お客さんの「美味しい」が聞けることが、農業の本質

「組合にだけ出荷していると、お客さんの声も届かないし、楽しさって感じにくいと思うんです。特に、僕の親世代は”長男だから”という理由で農業を継いできた人も多くて、義務感で農業をしている印象もあって。だから親世代にこそ、お客さんの声を聞く体験をしてほしいなと思っています。」

義務や責任感だけでなく、楽しみを感じながら農業をしてもらいたいと話す松原さん。本人が楽しんでいれば周囲にも伝わり、結果的に若い世代のIターンやUターンにも繋がると感じているそう。その循環をつくる一手として取り組んでいるのが、生産者とお客さんの接点づくりだといいます。

「お客さんの”美味しい”を聞けてはじめて、もっと頑張ろうと思えるんですよね。僕はそれが農業の本質だと思っていて。だからこそ義務だけで行う農業ではなく、生産者側も”楽しい”を感じてほしい。そこで良い循環を作れたらいいなと思っています。」

お客さんの声が農業のやりがいに直結する経験をしたことで、お客さんとの繋がりを大切にしている松原さん。この体験でも、キャンピングカーを改造した直売所での接客や販売の体験も予定しています。ぜひまつばら農園でのしごと暮らし体験を通じて、お客さんの声に触れ、農業の楽しみを感じてください。

イベント・ツアー内容

所要時間:2泊3日程度 ※ご都合に合わせて調整可能です。

費用:無料(宿泊費別)※宿泊費は一部補助されます。

最小催行人数:1 人

集合場所:和歌山県紀の川市東毛252

解散場所:和歌山県紀の川市東毛252

スケジュール

◎ 1日目(13:00~17:00)
1.ごあいさつ、やりたいことや目的の確認
2.まつばら農園での農作物の説明
3.農作業のお手伝い
畑の見学/収穫/畑の手入れなど
※時期、天候状況によって変更があります。

◎ 2日目(9:00~17:00)
1.農作業のお手伝い
畑の見学/収穫/畑の手入れなど
2.直売所のお手伝い
※時期、天候状況によって変更があります。

◎ 3日目(9:00~15:00)
1.農作業のお手伝い
畑の見学/収穫/畑の手入れなど
※時期、天候状況によって変更があります。
2.体験の感想、質疑応答

主催:わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクト
紀の川市
わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクトが紹介する紀の川市ってこんなところ!

「住いも甘いも定住も!自然豊かなフルーツ王国」

◎ 桃・柿・キウイ・はっさくなどフルーツの生産量・品質が日本でもトップクラスの「フルーツ王国」です。
◎ 大阪市内から車で約60分、関西国際空港からは約30分の好立地です。
◎ 大学のキャンパスもあり、小学校から大学まで慣れ親しんだ地域で教育を受ける環境が整っています。
◎ 日本有数のスカイスポーツゲレンデがあるなど、自然を生かしたアクティビティも充実しています。
◎ 猫の「たま」が駅長に任命されて話題を呼んだ和歌山電鐵「貴志駅」がある市です(現在はニタマ駅長)。

わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクト
わかやま定住サポートセンター
東京都に住みながら、キャリアコンサルタントとして、和歌山の仕事の情報発信や、職業体験の企画をしています。 和歌山のこと、お仕事のこと、なんでもお気軽にご連絡ください。
20
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}