所有者に寄り添う「空き家相談員」になりませんか?
募集終了

 現在、日本全国のほとんどの地域で、放置された空き家が深刻な問題になっています。民間機関の調査では、このままのペースで空き家が増え続けていくと、2030年には全国の約3分の1が空き家になるとの予測もなされています。

 釜石市も例外ではなく、市内には約1,000戸の空き家が存在しており、今後も人口減少に比例して増加が予想されています。

 一方、放置されている空き家の所有者の方々も、必ずしも放置したくてしているというわけではありません。「困っているけどどうしていいかわからない。けど、どこに相談していいかわからない。」という方が相当数いらっしゃいます。

 最終的なリスクを背負い、不安を持っている所有者に寄り添い、問題の解決をサポートする取り組みの必要性をひしひしと感じています。前例のないコトに前向きに、行政職員という立場で共に活動できるプレーヤーを求めています。

「どうしていいかわからない…」に寄り添うのが最大のミッション

 あなたなら自分の実家が空き家になる際、どこに、誰に相談しますか?
 相談にいらっしゃる多くの空き家所有者は「どこに、誰に相談していいかもわからない」という方です。相談先がわからず、どうしてよいかもわからずに空き家が手つかずになると、放置しているつもりはなくても、結果的に放置という状態になります。適正に管理されず、放置された空き家は時間の経過とともに劣化していき、所有者のリスクはどんどん高まり、地域の問題としてもどんどん大きなものになっていきます。

 空き家と一口に言っても、相続なら司法書士、売買なら不動産会社、解体なら解体事業者、家財道具の整理なら清掃企業といったように、空き家の何をどうしたいのか、によって相談先が変わります。しかし前述したとおり、空き家の所有者は、どこに、誰に相談していいかわかりません。
 釜石市ではそうした所有者に寄り添う存在、役割が必要とされています。
窓口に寄せられる所有者からの相談や地域住民の方々とのコミュニケーションを通じて、所有者に寄り添い、現在の空き家の状態や悩みを理解・整理し、必要な情報や相談先をご紹介しながら、解決への道筋をつけていくことで、空き家の増加を抑制し、住みよい街を後世に残す、社会的意義が大きい取り組みです。

住みよい街を未来に残す空き家の相談窓口を共に創りたい人と出会いたい

出会いたい方はこんな人!
 ☑様々な人とコミュニケーションを楽しめる
 ☑人から悩みの相談を受けることがよくある
 ☑建物や地図を見るのが好き
 ☑地方のまちづくりに興味がある
 ☑社会問題について深く関わり解決していきたい
 ☑将来的に終活や空き家ビジネスを展開したい
 ☑今までの社会経験を地域問題の解決に生かしたい

主な活動内容は以下のとおりです。
<空き家相談窓口の開設・運営>
地域に存在する空き家に困っている住民や、空き家の処分に困っている所有者の相談に応
じ、解決の道を探っていきます。また、空き家の相談履歴や調査履歴のデータ管理と更新作業を行い、今後の空き家の対応を決める大切な情報として整理します。

<空き家の適正管理に向けた啓発>
空き家セミナーや出張出前講座などの開催を通じて、住宅を空き家にしない意識を醸成し、空き家の発生抑制や適正管理を促す取り組みを行います。

現地確認を行い、空き家が周囲に及ぼす影響を確認します

現地確認を行い、空き家が周囲に及ぼす影響を確認します

相談者の悩み・課題を紐解いていきます

相談者の悩み・課題を紐解いていきます

地域おこし協力隊の募集要項

<職  種> 地域おこし協力隊

<雇用形態> 釜石市会計年度任用職員 (1 年度ごとに更新し、最大 3 年となります。)

<着任希望時期> 応相談

<報 酬> 月給 18 万円 ・期末手当年間2.6か月分

<勤務地> 釜石市役所市民生活部生活環境課

<勤務時間>  9時〜16時  1 週間につき 5 日間(30 時間)

<休  暇> 週休日(土・日)、国民の祝日、年末年始、有給制度あり(年最大10日)
      夏季休暇(4日)

<待遇・福利厚生>
・社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)に加入
・協力隊員としての勤務時間外には市長が認める範囲において、副業や起業するための活動に従事することができます
・活動用の車は公用車を利用(私用利用不可)
・釜石市定住促進住宅に無料入居可能

<応募資格>
募集対象は、次の要件をすべて満たす方です。
・20 歳以上59歳以下の方(令和5年4月1日現在)
・総務省が定める条件不利地域以外に居住(住民票がある)の方
・採用後、生活の拠点を釜石市に移すとともに釜石市に住民票を異動することができる方
・釜石市に 1 年以上居住可能な方
・心身共に健康な方
・普通自動車運転免許を有し、着任時に 1 年以上経っている方
・パソコンの一般的な操作ができる方

釜石市
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
釜石市
釜石市オープンシティ・プロモーション室が紹介する釜石市ってこんなところ!

釜石市は岩手県の南東部に位置し、太平洋に面した人口約3万人の街です。
海洋の影響と地理的条件から岩手県の中では四季を通じて温暖な気候に恵まれています。
釜石市は製鉄業の発展とともに、市内外の方との交流が盛んな地域であり、多様な外部人材(=ヨソモノ)を受け入れる土壌や文化があることが特徴的です。
東日本大震災を経験した後も、復興まちづくりの過程でたくさんの”ヨソモノ”が釜石を支援するために訪れ、移住し、現在も様々な活動で中心的な役割を担っています。

釜石市では常に開かれたまち「オープンシティ釜石」をキーワードに、多様な企業・団体・人材と協働することで、課題解決により地域への新たな可能性を生み、人口が減少しても地域の活力が維持され続けるまちを目指しています。
7
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!