木工体験施設「木遊館」魅力化・体験支援隊員募集!
募集終了

北海道で一番小さな村「音威子府(おといねっぷ)村」は、北海道上川地方北部に位置した自然に囲まれた村です。本村には、道内はもとより全国から生徒を受け入れている村立「北海道おといねっぷ美術工芸高等学校」があり、木工芸や絵画などの美術を学ぶことができる特色ある学校を、まちづくりの中核に位置付け、関係人口創出や移住等の取り組みを推進しています。

木工体験施設である「山村・都市交流センター木遊館(もくゆうかん)」は、村の芸術文化の発信基地でもあり、村立高校と連携を深めるキーとなる施設で、様々な木材加工機械が完備され、趣味・学習・創作活動を通して、どなたでも気軽に「木のぬくもり」に触れることができます。

本施設運営を通じて、地域内外の方々と積極的なコミュニケーションを取りながら、当該施設を魅力あるものとして盛り上げ、利用者増を目指して活動できる「地域おこし協力隊」を募集いたします。

小さな村には、なにもないのでしょうか・・・?

「北海道で一番小さな村」と聞くと、どんなイメージをお持ちになられるでしょうか?
 
昔の物語に出てくるような山の中、ポツンと一軒家が点在するような村、隣の家まで行くのには歩いていけない…。
 
そんなことはありません!
 
北海道で一番小さな村で、ちょっとの不便や大変さもありますが、意外と都会的。若い人(村立高校生)が総人口の2割を占めるので、一般的にイメージされる「田舎」とは少し違うかもしれません。
 
そんな村にある木工体験施設【山村・都市交流センター「木遊館」(もくゆうかん)】は、村の市街地の中に位置し、「体験・交流・展示・研修」の4つを軸とした木工品の体験を行うことができる施設です。
 
村立の特色ある「おといねっぷ美術工芸高等学校」があることや、村の8割以上を森林が占めている音威子府村において、本格的な木工指導を受けながら、誰でも気軽に木工体験ができる唯一無二の魅力的な施設となっています。
 
そのような木工体験施設において、現在開館から30年以上を経過し、次へのステップへと歩みだす時期に来ていると感じています。
 
村立高校の卒業生がこの施設のためにUターンで戻って来てくれるなど、村の自然や施設機械の充実などの豊富な資源がある一方で、村の人口は着々と減って「人」や「交流」もなくなりつつあるのです。
 
 
「木遊館」を核とした音威子府産木材の活用と、村内の観光施設(エコミュージアムおさしまセンター・音威富士スキー場・天塩川温泉など)を繋ぎ、人と人との「交流」の拠点を作り出すことが、次への魅力化へのキーとなっていると考えます。

木遊館施設(多目的ホール)

木遊館施設(多目的ホール)

誰でも木工体験が可能

誰でも木工体験が可能

小さな村だからこそ、人と人とのコミュニケーションを大切にしている方と出会いたい

「木工」を通して人と人とのつながりつくりにチャレンジしてみたい方を必要としています!
※最低限木工機械を扱える方、木工経験がある方が望ましいです。

【今、必要としている方・人材】
・人と人のコミュニケーションを大切にしている方
・村民の一員として、地域活動やイベントに積極的に参加したいと思っている方
・既存の枠にとらわれず柔軟な発想やアイデアを持ち、チャレンジできる方
・施設美化やスケジュール管理等、物事を俯瞰的にとらえ、基本的な自己管理ができる方

お客様への接客も大事ですが、まずは施設スタッフや役場職員などの一緒に働く仲間と楽しくコミュニケーションが取れる方と出会いたいと思っています。

さらに、村にある資源に関心を持ち、既存の施設を活かしたアイデアや構想を一つ一つ着実にチャレンジしていける方を必要としています。

施設スタッフや地域の方々と協力して、まずは楽しく施設の魅力化のチャレンジをしていきましょう!

機械室の様子

機械室の様子

広々とした作業スペース

広々とした作業スペース

音威子府村役場総務課地域振興室
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
音威子府村
北海道音威子府村が紹介する音威子府村ってこんなところ!

北海道で一番小さな村は、北海道遺産「天塩川」が流れ、日本最北へと続く道路と鉄道の分岐する街です。市街地を見下ろすことができるスキー場ゲレンデからの眺めは、村の様子を感じることができるスポットです。
 
雪が多く冬は除雪の日々ですが、キラキラと光る雪の結晶や、氷点下30度近くになる日の張りつめる空気は、ほかでは体感できない神秘的な瞬間でもあるように感じています。
 
「特急列車が停車する駅がある自治体の中で、日本一小さな村」でもあるように、北海道の大都市札幌市や、北海道北部の拠点旭川市からも、JR特急や都市間高速バスで訪れることができ、地方でありながらも実は「交通の要衝地」らしく意外とアクセスは悪くはありません。

北海道音威子府村
北海道音威子府村総務課地域振興室

北海道で一番小さな村です!

6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!