津軽。寒そう?いえ、とても“あたたかい”町なのです! 青森県今別町がもう1つのふるさとに。世代を超えた絆を深めるプロジェクト!
募集終了
体験する
開催日:2021/02/13
終了日:2021/04/30

津軽。寒そう?いえ、とても“あたたかい”町なのです! 青森県今別町がもう1つのふるさとに。世代を超えた絆を深めるプロジェクト!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

本州の北の果て、“奥津軽”とも呼ばれる津軽半島の先端にある今別町大川平(おおかわだい)地区。この地で毎年8月に開催される「荒馬まつり」に、今から20年前、遠く京都より伝統芸能サークルに所属する数名の大学生が偶然やってきました。

囃し、踊り、酒を酌み交わすうちに、まつりやそこに住む人々の言葉では表現できない温かな魅力に惹かれた学生たち。

20年経った今では卒業生も含め毎年100名前後が大川平に”帰る”ようになり、中には家族を連れて”帰る”者もいるほど強い絆で結ばれています。

しかし、ここでも高齢化の波は待ったなし。人口は20年前と比べ4割も減少しています。

『このままでは、まつりはおろか、この魅力ある大川平そのものがなくなってしまう。何とかして自分たちの子や孫の世代にもこの絆を残したい!』

そんな想いから、学生や卒業生そして大川平に住む人の有志によって、人々が集い・つながり・絆を深める空間を作るプロジェクトがスタートしました。

「ただいま!」「おかえり!」を子や孫の世代にも

目指すのは、ここ大川平に住む人々とそこに”帰る”人々の「おかえり!」「ただいま!」から始まる楽しげな会話が、この先もずっと変わらず続いていくこと。

そのために今すべきことは、大川平に住む若い衆とジジやババ、遠方から“帰ってくる”人、大川平に集う皆が力を合わせ、子や孫の世代になっても「人が集い、新たなつながりが芽生え、絆を深めていく」流れが続いていく”仕掛け”を作ることだと考えています。

例えば、大川平にある元小学校や空き家を使って、
 ・お料理教室やまつりの衣装づくり教室を開いて、楽しみながら大川平のことを学んだり、
 ・宿泊スペースをつくって、遠方からの家族連れが気軽に”帰れる”ようにしたり、
 ・縁側のあるカフェをつくって、ジジやババとゆっくりおしゃべりできるようにしたり、

まずは、子や孫の世代までこの絆が続くことを夢見つつ、そして時々一杯交え、これらの空間づくりをみんなでワイワイ楽しみながら進めたいと思っています。

こうして出来上がった空間は、当初数年間は大川平に既に毎年”帰っている”学生や卒業生が中心となって活用し、大川平の魅力の1つとして育てていきます。

そして近い将来、これらの空間をはじめとする大川平の温かな魅力を学生や卒業生以外にも広く発信しながら、
大川平を次の世代へつないでいく仲間を増やしたいと考えています。

子や孫の世代まで絆を繋げたい、それが私たちの希望です。

子や孫の世代まで絆を繋げたい、それが私たちの希望です。

大川平は「寒い」町。でも「あたたかい」町です。

大川平は「寒い」町。でも「あたたかい」町です。

一緒に奥津軽のふるさとに“帰り”ませんか?

【求める人物】
私たちの想いに共感し、大川平の人はもちろん県内外の学生・卒業生と共に、次の世代への架け橋となる空間を一緒に作っていただける方

今回のプロジェクトは
「大川平の人々と そこに”帰る”人々が つながる空間づくり」でもあり
「大川平の人々同士が つながる空間づくり」でもあります。

まずはそんな温かい空間づくりを一緒に楽しみましょう!

そして活動を通して大川平を知ってください。つながってください。するとあなたも大川平に魅せられ、もうそこに”帰る”1人になっているはず。大川平がまるでふるさとのように想えるはずです。

私たちと一緒に「ただいま!」「おかえり!」を未来につなげる活動をしませんか?

おっかぁ達の津軽弁。聞き取れなくても、なんだか楽しい。円座で心が繋がります。

おっかぁ達の津軽弁。聞き取れなくても、なんだか楽しい。円座で心が繋がります。

おらだぢとやるべし!!

おらだぢとやるべし!!

今別町・大川平地区を盛り上げてくれる方々を大募集!

2021年2月中旬頃から、中長期的に今別町を盛り上げてくれる方を募集します。
「地域おこし協力隊の経験はない…」「学生だから…」などの心配は一切ありません!

楽しく、ワイワイ、にぎやかに。

地域の方々と触れ合いながら、たくさんの経験をしてみたいという方は、ぜひお気軽にご応募ください!

食事を囲み、語るうち、大川平があなたの第二のふるさとに。

食事を囲み、語るうち、大川平があなたの第二のふるさとに。

住まいは違えど、想いは同じ。次会う時も「ただいま」「おかえり」から始まります。

住まいは違えど、想いは同じ。次会う時も「ただいま」「おかえり」から始まります。

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年02月13日

所要時間: 上記の日付以降、年間通して様々な活動に取り組みます

費用:無料

定員:5 人

最小催行人数:1 人

集合場所: 北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」もしくはJR津軽線「大川平駅」

解散場所:北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」もしくはJR津軽線「大川平駅」

スケジュール

取り組みごとに相談・調整の上、決定します。

今別町
おおかわだい好き大作戦が紹介する今別町ってこんなところ!

青森県今別町大川平地区は、青森市内から車で約1時間、津軽半島の先端、「奥津軽」にある小さな集落です。

ここ大川平も65歳以上が人口の半数を占める”限界集落”。
普段はとてもひっそりとしていますが、毎年8月だけは雰囲気が一変します。「荒馬まつり」に参加するために、そこに住む人に会いに行くために、日本全国から大勢の学生や卒業生が押し寄せ、ここ大川平の地に集います。

大川平地区をはじめ今別町全域で踊られる「荒馬」は、馬に扮した男性と手綱取りと呼ばれる女性とがペアで踊る、荒々しく勇壮な踊りですが、「有名です」とはとても言えない、いわば隠れた津軽地方の郷土芸能となっています。

どこか懐かしい自然豊かな海山と田畑、そこに暮らす人々、そしてまつり。
【何もないようで、何かがある】 【寒い場所だけど、実はとても“あたたかい”場所】
そんな町の素敵な何かを見つけに、温かさを感じに、
あなたも是非一度来てみてください!

「おおかわだい好き大作戦」は、荒馬祭りをはじめとする大川平の魅力を受け継いでいくために、地域住民と全国の”荒馬が好き!””大川平が好き!”なメンバーが集まって、今年から動き始めた新しい活動です。昨今の事情から、今はまだオンラインでの活動が主体ですが、大川平で「おかえり!」「ただいま!」から始まる楽しげな会話がずっと変わらず続いていくことを目指し、メンバー全員で力を合わせて活動しています。
6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!