河内長野市が好きな人は住宅を購入してずっと暮らそう
働く・住む
公開日:2020/12/10
終了日:2021/03/31

河内長野市が好きな人は住宅を購入してずっと暮らそう

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

河内長野市は、大阪都心まで約30分で行けるのに、市を囲む山並みは壮観で、市内に居ながらにして大自然を満喫できる自然豊かなまち。また、京都や堺から高野山に向かう高野街道が合流、縦断しており、古くから宿場町として栄え、市内各所に、国宝をはじめ多くの文化財が残されています。現在、大阪一の教育都市をめざし、子育て世代が住みよいまちづくりに取り組んでいます。そんな河内長野市で、あなたも暮しませんか?

河内長野市はベットタウンで住宅用地や中古物件がたくさん!

河内長野市では昭和40年代から、主に一戸建てを中心に住宅開発が進み、今日まで、たいへん多くのご家族に、このまちを選んでいただきました。現在、総人口10万3千人、4万7千世帯が暮らしています。

市内南部の住宅の様子

市内南部の住宅の様子

市内北部の住宅の様子

市内北部の住宅の様子

河内長野市に愛着があり住宅購入を検討している人にぜひ

河内長野市では、出産から安心して子育てができ、豊かな教育環境の中で子どもたちに健やかに成長してもらえるよう、お子さんの年齢に沿って、継続した支援を行っています。また、近居同居促進マイホーム取得補助制度や木造住宅除却補助制度、空き家バンク制度、マイホーム借上げ制度などを運用しています。移住定住相談デスクでは、移住や定住(住宅を購入して住み続けること)を検討、希望される方を対象に、お問い合わせやご相談をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

住宅地の様子

住宅地の様子

南海電車が通ります

南海電車が通ります

河内長野市
東映道が紹介する河内長野市ってこんなところ!

河内長野市は、大阪府の南東端に位置し、東は金剛山地で奈良県、南は和泉山脈で和歌山県と接し、北を頂点とした三角形の市域を形づくっています。大阪府内で3番目に広い面積の7割は森林で、石川や石見川など河川沿いに平野が開け、北に向かって河内平野に続いています。市域の大部分は砂岩地帯、肥沃な土壌と内陸性の湿潤温暖な気候があいまって、稲や野菜、果樹の栽培に適しています。産業は、つまようじ、すだれ、可鍛鋳鉄、ベアリングなど。特産品は、つまようじ、すだれ、しいたけ、もも、みかん、天野酒など。一度、道の駅奥河内くろまろの郷へお越しください。

東映道
河内長野市役所
河内長野市役所(広報広聴課)で移住定住相談デスクを担当しています。これまでの観光部門や協働部門での経験をふまえ、河内長野市への移住希望者の皆様のご相談ご質問にお答えしています。時々、市公式YouTubeにも出演し市政情報をお伝えしていますのでよければご覧ください。プライベートでは高校生の長女と中学生の長男の親として、また農林業の一担い手として河内長野市内で生活しています。
5
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}