【茨城でテレワーク!】水の街、潮来。ゆっくりと時が流れる街で過ごし、古民家で暮らす。テレワーク移住体験ツアー参加者募集!
募集終了
体験する
開催日:2021/02/19
終了日:2021/02/10

【茨城でテレワーク!】水の街、潮来。ゆっくりと時が流れる街で過ごし、古民家で暮らす。テレワーク移住体験ツアー参加者募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

茨城県が行う新たな取組み「Work Life Journey(ワークライフジャーニー)」。
 
新型コロナウイルスの影響もあり、テレワークの普及が目ざましい近頃。茨城県は、以下市町村と連携しながら、テレワークを活用し、地方での働く・暮らすをリアルに体験できる機会やテレワーク移住への支援策をご用意しています。

詳細はこちら:
https://iju-ibaraki.jp/telework/

今回は、霞ケ浦や北浦など、豊かな水系に囲まれた水の郷、潮来市。
東京駅から高速バス1本で80分のほどにある都心からのアクセス性もあるこの街で、ぜひ地方での働く、暮らすを体験してみませんか?

地方の時の流れを感じながら働き、暮らす2泊3日のテレワーク体験

テレワークの舞台は、東の北浦、西に霞ヶ浦、南は外浪逆浦と、水に囲まれ、水運の要所として発展した潮来市。
江戸時代から文人墨客たちがこの地を訪れ、その歴史を物語る酒蔵や長勝寺、潮音寺などの名所、見所も多く点在し、年間を通して多くの観光客が訪れるこの街では近年、釣りやサイクリングなどのアクティビティも盛んです。

潮来市:https://www.ibarakiguide.jp/about/ibaraki44/itako-city.html

今回、水の街として、ゆっくりとした時の流れを感じる潮来市で今後の働く・暮らすを考える2泊3日のテレワーク体験の機会をつくりました。
拠点となる古民家、水郷旧家磯山邸では、「古民家に暮らすように泊まる」をコンセプトとした宿泊施設。古民家での雰囲気で働くこともできます。

磯山邸:https://itako-isoyamatei.com/

また、潮来市は、東京駅から高速バスで約80分。運行頻度も20分に1本と高く、仕事を変えずに潮来で暮らす移住者もいます。
テレワークが普及した今、地方や郊外での暮らしを検討される方も増えてきたのではないでしょうか?そんな方に、ぜひバス通勤での利便性も感じて欲しいです。

さらに、隣の市は鹿島市。日本三大神宮の1つである鹿島神宮がある街でもあり、プロサッカーチームで有名な鹿島アントラーズの本拠地でもあります。
もし潮来市で暮らすことになれば、周辺の街も生活圏域の1つに。潮来市に限らず、生活圏域の情報もこのツアーではお伝えし、リアルな暮らしを想像してみて欲しいと思っています。

都内へのアクセス性も良く、地方での暮らしを存分に味わえる潮来での働く・暮らすをぜひ体験してみてください。

お申込み詳細はこちらから
https://iju-ibaraki.jp/telework_itako/

水郷潮来の様子。

水郷潮来の様子。

拠点となる磯山邸の様子。Wi-Fiも完備されている。

拠点となる磯山邸の様子。Wi-Fiも完備されている。

テレワークが普及した今だからこそ地方に興味のある方募集中!

今回のツアーを通じて、こんな方に出会ってみたいです!

・週の大半がテレワークとなり、豊かな環境下で働いてみたい方
・地方で暮らすことを少しでも体験してみたい方
・茨城県や地方への移住を考えている方

お申込みはこちらからお願いします。
https://iju-ibaraki.jp/telework_itako/

鹿島神宮の鳥居も湖越しに見ることができます。

鹿島神宮の鳥居も湖越しに見ることができます。

霞ケ浦沿いのりんりんロードでは、サイクリングを楽しむことも

霞ケ浦沿いのりんりんロードでは、サイクリングを楽しむことも

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年02月19日

所要時間:

費用:期間中の宿泊費、2日目の移住交流会費、3日目の暮らし体験ツアー内での交通費は無料 ※その他、現地までの交通費、自由時間内の交通費及び食費は別料金

定員:5 人

最小催行人数:1 人

集合場所:水郷旧家磯山邸

解散場所:潮来駅

スケジュール

●1日目(2/19 もしくは 2/25)
~15:00 潮来市着
15:30~ 移住体験ツアー説明会(磯山邸)
・全日程のプログラム説明
・潮来市の魅力
・おすすめスポットのお知らせ
17:00~ 自由時間
※潮来市には各自自由にお越しください。
※高速バスでいらっしゃる方は、水郷潮来:14:53着(13:30東京駅発)にお越しいただければ、お迎えにあがります。

●2日目(2/20 もしくは 2/26)
10:00~ 自由時間(テレワークやサイクリング・釣り等のアクティビティ、周辺施設散策等)
18:30~ 移住交流会(実際に移住された方や地元の方々との交流会)
※原則、18:30の移住交流会まで自由時間となります。潮来市及び近隣市で、自由に遊び、働いてください。
※交流会は、新型コロナウイルスの状況を鑑み、内容を決定いたします。

●3日目(2/21 もしくは 2/27)
9:00~ 暮らし体験ツアー(サイクリングにて、前川十二橋めぐり⇒あやめ園⇒愛友酒造見学など、潮来市の生活や営みを感じる場所をご案内いたします)
11:30~ 解散(以降、自由時間)

【宿泊場所】
磯山邸 https://itako-isoyamatei.com/

お申込みはこちらから。
https://iju-ibaraki.jp/telework_itako/

※なお、2021年2月7日まで、首都圏を中心に緊急事態宣言が発出されています。仮にこの期間が延期される等、新型コロナウイルスの影響を鑑み、中止となる場合もあること、予めご了承ください。

潮来市
茨城県テレワーク移住PRが紹介する潮来市ってこんなところ!

潮来市は、川や湖に囲まれた平坦で稲作盛んな自然豊かな水郷地帯。夏涼しく、冬穏やかな海洋性の気候で四季を通して過ごしやすいまち。東京駅から高速バスで約80分、成田空港へも約20分でアクセス可能な距離。 ”住みたいまち潮来”を目指し、子育て支援に力を入れ、妊娠から出産・子育てまでずっと続くきめ細やかな”おうえん”によりワークライフバランスの実現をサポートします。
また、潮来市のある鹿行地域は、メロンやピーマンなど日本一の産出額を誇る品目も多い農業の一大産地であるほか、水産業も盛んです。海に面したライフスタイルを望んで移住する人も多くいるエリアとなっています。

茨城県が新たに展開している「ワークライフジャーニー」   地域の営みを肌で感じてもらいながら、これからの「働く、暮らす」を考える機会を提供しています。   あなただけの仕事と暮らしの在り方を探しに行く旅にでてみませんか?
37
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!