農業の未来にあなたの力を貸してください!!【地域おこし協力隊】
働く・住む
公開日:2021/03/08
終了日:2021/06/04

農業の未来にあなたの力を貸してください!!【地域おこし協力隊】

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

黒潮町は四国高知の南西部に位置する人口約1万人の町。
高知市からは車で高速道路を利用して2時間弱。

空と繋がるかのように美しい青い海と白い砂浜がある、恵まれた自然環境。
訪れる人々を癒し魅了する。そんな海のまち。

しかし、ここ黒潮町も少子高齢・過疎化が進み、農業もまた後継者不足が課題となっています。その課題解決のための新規就農者の確保や育成を図る機関が黒潮町農業公社。ここで『黒潮町の農業の未来を創る』活動をしませんか。
活動内容は事務作業をはじめ、研修生の活動のPRや情報発信。新規事業の企画・立ち上げ、就農者の募集などなど。黒潮町の農業を盛り上げる力として今まで培った経験やスキルを活かしませんか。

「農業は体がきついわりに儲からない。」そんなイメージを持たれる地域農業ですが、古くから培ってきた技術・適した風土があります。
そこに現代のインターネットや最新の機械技術が加われば、今の時代に合った新しい農業へ可能性が広がると思います。
そうすればきっと「農業は楽しくて儲かる。」に変わる。

そんな未来を一緒に作ってくれる方を募集します!

「海のまちの農業公社」でお仕事しませんか?

https://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/kikaku-ijuu/18538

募集受付期間:随時受付 ※募集期間中であっても採用が決定し次第、募集を終了します。

海のまちで協力隊員になる!!

〘募集対象〙
下記①~⑧すべての要件を満たす方
①3大都市圏をはじめとする都市地域等(条件不利地域以外)から、黒潮町へ住民票を異動させて生活できる方
②心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方
③地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために精力的に行動できる方
④協力隊終了後も黒潮町に定住する意思のあるかた
⑤普通自動車運転免許を取得し、日常的に利用されている方
⑥パソコン(ワード、エクセル、インターネット、Eメールなど)を日常的に利用している方
⑦町の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
⑧地方公務員法第16に規定する欠格事項に該当しない方

〘活動内容〙
農業公社や黒潮町役場での事務作業。
就農者・研修生の活動のPR及び情報発信。
新規事業の企画・立ち上げ。
就農者の募集。

〘勤務形態〙
次のいずれか
①月額164,567円 8:30~16:30 月曜~金曜の週5日勤務 
②月額145,760円 8:30~17:15 月曜~金曜のうち週4日勤務

〘任用期間〙
任用の日から6ヶ月。勤務状況により最長で3年間!

〘その他〙
社会保険制度適用。
有給休暇制度あり。
業務に支障がなければ兼業OK。
活動に必要なパソコンや事務用品は貸し出します。

住居は町が用意するので活動期間中の家賃はかかりません。 (水道、光熱費等は自己負担です)
仕事と住居がワンセットな地域おこし協力隊は移住の選択肢としてもおすすめです!

人が元気!!

人が元気!!

グリーンレモンも栽培してます♪

グリーンレモンも栽培してます♪

こんな人に来てほしい...

事務仕事が好きな人、
農業に興味がある人、
アクティブな人、
スキル・経験を地方で活かしたい人、
インターネットが得意な人、
子供とゆっくり過ごしたい人、
趣味の時間も必要な人、
海の町に定住したい人、
農業に可能性を感じてる人、

あなたのご応募待っています。

少しでも気になった方は「興味ある」や「応募したい」を押してください。
「応募したい」を押してくれた方には詳細メッセージをお送りします。

美しい海があります。

美しい海があります。

のどかな山間部。

のどかな山間部。

黒潮町
黒潮町 企画調整室が紹介する黒潮町ってこんなところ!

黒潮町(くろしおちょう)は、四国/高知県の西南地域にあり、幡多郡(はたぐん)の中では東部に位置します。

気候は、南国特有の温暖で年間平均気温17度、降雨量2800mm前後と、雨が多くなっています。こうした気候を活かして、早くから施設園芸や花卉、水稲を中心に栽培が行われ、シメジやシイタケなどの栽培なども行われています。

また「土佐カツオ一本釣り漁業」が盛んであり、近年は完全天日塩も代表的な特産物となっています。

美しい砂浜や磯が続く海岸線と緑豊かな山々の広がる黒潮町では、自然資源を活かした「ホエールウォッチング」、「天日塩づくり」、「カツオのタタキづくり」などの体験型観光と、土佐西南大規模公園を活用したスポーツツーリズムの推進により、県内外から多数の方が訪れています。

自然あふれる黒潮町には、「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」をコンセプトに、4kmの砂浜を「美術館」に見立て、「美しい松原」や沖に見える「くじら」、流れ着く「漂流物」など全てを作品とした「砂浜美術館」があります。
春には「Tシャツアート展」や「シーサイドはだしマラソン」、冬には「漂流物展」などほぼ一年中何かを見たり、遊んだり、楽しむことができます。

黒潮町公式HP
https://www.town.kuroshio.lg.jp/
NPO砂浜美術館HP
http://www.sunabi.com/
黒潮町へのアクセス
https://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/machi-shokai/2015

黒潮町への移住・定住に関する総合窓口として、webを中心とした情報提供や、電話・メール・オンラインなど、多様な形態でご相談をお受けします。
57
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
メッセージありがとうございます!黒潮町で栽培しているしいたけは、ほぼ菌床栽培になります。なお、農業公社ではしいたけの栽培はしておりません。
icon
シイタケの栽培も行われていると書いて有りましたが、原木栽培?それとも菌床栽培でしょうか?
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}