地元の暮らしを豊かに楽しく 北海道東川町にある小さな企画会社が増員募集をいたします。
募集終了
働く・住む
公開日:2021/08/16
終了日:2021/08/31

地元の暮らしを豊かに楽しく 北海道東川町にある小さな企画会社が増員募集をいたします。

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

ココ企画の河野と申します。
弊社のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます!
プロジェクトの内容は、ずばり「求人」。
北海道のほぼ真ん中、東川町という人口8,400人ほどの小さな町に事務所を構える「合同会社ココ企画」より、増員募集のご案内です。

弊社が仕事をするフィールドは広く、近郊約20市町。
地域のみなさんに支えていただきながら、フリーペーパーやHPによる情報発信、アクティビティの企画運営、カタログギフトの制作などなど、多岐に渡る仕事をしています。
独立をしたのは2021年4月とまだまだ若い会社ですが、元々この地域で同様の仕事をしていたこともあり、地域のみなさんから信頼いただけるようになったと感じている今日この頃です。

ただ、お仕事をいただけるのは大変ありがたいのですが、いかんせん「人」が足りません。
私たちと一緒に試行錯誤しながら、地域のみなさんから必要とされる仕事を担ってくれる方を募集いたします。

地域課題(人口減少)解決

どこの地方も抱える課題「人口減少」。
一企業が自然減に立ち向かうのはなかなかハードルが高くても、社会減対策になら何か寄与できることがあるのでは?
私たちはそう考えています。

高校を卒業した若者が地元を離れることは、全く問題ない、むしろ、広い世界を見ることができる機会があるなら、そのチャンスは掴んでほしいと思います。

問題は、出て行った若者が戻ってこないこと。

地元を離れた方からよく聞くのは、「地元に戻っても仕事がない」「地元には何にもない」。
もっと言えば、「何もない」は、地元に残った方からもよく耳にする言葉です。

そりゃあ折角経験も積んで世界が広がったのに、何もないところには戻りたくありませんよね。

でも、本当に「何もない」のでしょうか?

そう思うのは、「生活圏が狭かった」、「物事に興味を持つための知識の土台がなかった」、「地元の恵を楽しむためのお金がなかった」、あるいは、ただただ「知らなかった」だけという可能性があります。

だって、弊社のフリーペーパーに載せる情報は、一向にネタ切れしないんです。
ブログで書かなければならないお店の情報も、なくなるばかりか増える一方。

水も食べ物も美味しいし、ちょっと自然にお邪魔すれば、日本最大の国立公園があったり、川を下れたり、温泉に癒されたり、はたまた極寒の中サウナができたり。

割と、暮らすのには楽しい地域だと思うのです。

もちろん、働く情報を探すのは、一筋縄ではいかない地域だということは理解しています。

だからこそ、まずは私たちの会社で地域の魅力にたくさん触れて、また誰かが戻って来れるよう、仕事を一緒に作っていけたら嬉しいなと思っております。

フリーペーパーの制作による地域情報発信事業

フリーペーパーの制作による地域情報発信事業

地域に足を運び続けるプロジェクトです

地域に足を運び続けるプロジェクトです

チームワークを何よりも大切にしている職場です

弊社の仕事を一言でいえば「総合職」。人間力が求められる職場です。
経験は不問ですが、思考が柔軟な方を探しています。

また、キレイ好きな方だとありがたいです。3名という少数の事業所ですので、互いを思いやる「優しい心」と、責任感を持って働く「真面目さ」が必要です。

まずは私たち3名のことをよく知っていただき、一緒に働けるイメージが湧いてから応募してくださいね。
とにかく真面目に働いていますが、実際は死ぬほど笑いながら働いている、とっても緩い職場環境です。

ほぼ外注せず自分たちでやるので、地味で地道な作業が多いです。

ほぼ外注せず自分たちでやるので、地味で地道な作業が多いです。

「ありがとう」と言ってもらえる機会が多いので、疲れも吹き飛びます。

「ありがとう」と言ってもらえる機会が多いので、疲れも吹き飛びます。

東川町に移住できる方を募集しています!

来ていただくにあたって必要な条件は、以下のとおりです。
「これって自分かも」と心当たりのある方、お気軽にご連絡くださいませ。

①社会人経験3年以上(同一組織の経験が望ましい)。
 ※35歳以下の方を対象としています(例外事由3号イ:長期キャリア形成を図るため)

②業界経験は不問(観光業、広告業の未経験者も歓迎)。

③特技のある人(仕事で活かせる特技があればなんでも可)。

④現在、首都圏、政令指定都市等に在住しており、東川町に移住できる人。

全員が意見を言い合えて、かつ、笑いの絶えない職場です。

全員が意見を言い合えて、かつ、笑いの絶えない職場です。

アクティビティやイベントの現場仕事も張り切ります。

アクティビティやイベントの現場仕事も張り切ります。

東川町
河野 桃が紹介する東川町ってこんなところ!

北海道のほぼ中央に位置する「写真の町」東川町。
大雪山の雪解け水がゆっくりと時間をかけて流れてくる地下水を生活水とする、北海道で唯一上水道の無い町です。
大雪山連峰「旭岳」の麓で、雄大な自然景観に恵まれ、豊かな水と肥沃な大地の恵みと共に暮らしています。
「自然」と「人」、「人」と「文化」、「人」と「人」それぞれの出会いの中に感動があり、私たちの暮らしにとって大切なものはこの町にあります。

河野 桃
合同会社ココ企画
大学を卒業するまで札幌に住み、一度は外に出てみたいということで、東京で国家公務員になりました。 4年弱の間、忙しくもやりがいのある仕事をさせていただきました ただ、「暑い」「誰のために仕事をしているのかわからない」といった悩みを持つようになり、Uターン転職を探すことに。 当初は札幌で転職先を探しましたが、なかなか「これ」というものがなく、エリアを道内に広げたところであったのがこの仕事です。 縁もゆかりもない旭川に来て、気づいたら2年が過ぎて、暮らしが少し落ち着いてきました。
78
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
旭川への移住を検討しています。同一組織で長年働いてきましたが年齢制限がネックです。が
icon
とても興味深く拝見致しました。年齢制限がなければお話を伺いたかったです。
icon
旭川市近隣への移住を考えていました。事業の詳細、伺いたいです。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!