【親子山村留学の募集】白山連峰の麓、石徹白へ親子山村留学する家族を募集します!!! ※限定1組
働く・住む
公開日:2021/09/06
終了日:2022/03/31

【親子山村留学の募集】白山連峰の麓、石徹白へ親子山村留学する家族を募集します!!! ※限定1組

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

あなたにとって、子どもたちにとって、
誰もが持って生まれた「生きる力」を育める環境で、過ごしていますか?

石徹白(いとしろ)は、霊峰白山の麓、標高700mに位置する、小さな集落。
冬は雪が降り積もり、夏は白山の雪解け水が川にせせらぐ村です。
まるで、映画「おおかみこどもの雨と雪」やジブリ「もののけ姫」に出てきそうな世界。

そんな環境豊かな村"石徹白"にきて、親子で山村留学をしてみませんか?

※この度の親子山村留学の募集は、初年度ということもあり、限定1家族とさせていただきます

子どもが生きる力を村のみんなで育む環境で、子育てしませんか?

石徹白では令和4年から「石徹白親子山村留学」をはじめます。
親子山村留学は、子どもたちはお母さん・お父さんと一緒に石徹白に住み、『子どもたちは遊びの中で生きる力をめいっぱい育んで、大人たちも本気で遊びながら大切にしたかった時間を実現できる』、そういったことを新しくくる家族とともに実現したいと思い、取り組みはじめます。

石徹白は、地域みんなが顔見知りです。
お母さん、お父さんの「豊かな自然と、安心できるコミュニティの中で、子育てをしたい」という思いを実現。子どもたちは、地域の人たちに見守られながら、大きな家族の一員として、のびのびと育っています。
そんな懐かしい日本の姿が、ここにはあります。

地域にある石徹白小学校は、全校生徒10名。
少人数の生徒に対して、先生たちが一人ひとりに寄り添って学びの時間を支えています。
石徹白の土地ならではの独特な文化を体得する授業も数多くあります。

石徹白小学校の特色ある活動
【石徹白民踊と盆踊り】
・石徹白には、郡上踊りとも、白鳥踊りとも違う、石徹白にしかない民踊が伝えられています。学校では、地域の人が先生となり、歌と踊りを伝えています。
【釣りクラブ】
・石徹白は、渓流釣りのメッカ。フライフィッシングや、毛ばりの巻き方を、渓流釣りのプロに教わりながら、自然との関わりを学びます。
【食育菜園活動:とうもろこし栽培】
・朝晩の寒暖差で、甘くて美味しい石徹白のとうもろこしができます。小学校の学校菜園で種から育てています。
【ふれあい運動会】
・少ない児童数であっても、地域の人たちに見守られ、地域が一体となった運動会。
子どもたちの頑張りは、毎年、感動ものです。
【スキー教室】
・石徹白小学校の冬の体育の授業は、すべてスキー。週に2回、午後の時間が、スキー教室に充てられます。子供たちは、短期間でも、みるみる上達します。
【ふれあい雪の集い】
小学校のスキー大会も、地域の人たちが参加します。タイムトライアルだけではなく、雪の上でのパン食い競争もあり。スキーの技を競いながら、地域と子どもたちがふれあう場でもあります。

ふれあい運動会:"みんなの孫"のように見守られて育つ子どもたち

ふれあい運動会:"みんなの孫"のように見守られて育つ子どもたち

自転車のレースに出るための朝練:村の若者と子どもが本気になって一緒に遊ぶ日常

自転車のレースに出るための朝練:村の若者と子どもが本気になって一緒に遊ぶ日常

自然と、人と、繋がりをもちながら暮らしをつくり、子育てをしたい家族に出会いたい!

私たちの住む石徹白は、標高700mに位置する、人口250人ほどの小さな集落です。
縄文時代からあるこの土地は、日本三霊山の一つ白山の麓にあります。

本当に自然が豊かな場所で、冬には雪が降り積り、地域のみんなで雪かきをします。
「結」といって、一人では大変な時間や労力がかかることを地域の住民が共同でやるのです。
夏は、大人も子どもも一緒に川に入り、天然のイワナやヤマメとともに泳ぎます。

一方で、都会での暮らしは、核家族でも、お金を持っていれば、衣食住、そして子育ての環境まで"より良い"サービスを受けられると思います。

石徹白では、衣食住も子育ても人や自然との関係性のなかで、自分たちでつくっている。
大変だと言えばそうかもしれません。でも、ここでは自分たちの中に幸せがあります。

暮らすこと、生きることを自分たちでつくりたい人。
身の回りの人たちと一緒に笑いながら、楽しみながら、それを実現したい人。
子どもたちは本能的に生きる力をめいっぱい楽しむ環境を望んでいると思います。
あとは、大人たちが、本気で一緒にやるかどうか🌟
お問い合わせをお待ちしております☺️

冬の雪かき:ひとりでは大変なことも家族のようなみんなでやれば笑顔に

冬の雪かき:ひとりでは大変なことも家族のようなみんなでやれば笑顔に

釣りが大好き:大人に劣らない生きる力を学ぶ小さくて大きな姿

釣りが大好き:大人に劣らない生きる力を学ぶ小さくて大きな姿

親子山村留学の募集 ※受け入れは1家庭のみ

1.募集対象者
(1)未就学児〜6年生までの児童がいる家庭で、親子山村留学制度の趣旨に賛同し、親子ともに目的を持って留学を希望するご家族
(2)親子一緒に石徹白に居住し、保護者はPTA活動など子どもたちの育成に協力的である家族
(3)学校・保育園生活を営むことができる児童

2.募集内容
(1)募集人数:1家族
(2)留学期間:1年間(継続の場合、ご相談)

3.ご協力できる内容
(1)住宅紹介:備え付け家電有り、家賃20,000円/月 
(2)留学期間中の支援:地域住民の紹介、子育て世代との交流、地域行事の情報提供など 

4.留学までの手続き
説明会、体験留学(10月と2月)、学校見学等を開催予定です

5.締め切り
1次募集(本応募フォーム)の締め切りは12月12日の予定。2次募集の締め切りは2月の予定
※本応募フォームは、12月1日に「SMOUT」経過レポートで公開予定です
随時、相談や体験滞在、学校見学などを受けています

6.問い合わせ
平日・休日いつでも、お気軽にご相談ください◎
石徹白地区地域づくり協議会 
担当:加藤 健志郎
※石徹白小学校、郡上市教育委員会、石徹白保育園と連携し、石徹白地区地域づくり協議会が推進している取り組みです

7.学校、保育園の基本情報
石徹白小学校:生徒10名、職員14名うち担任3名、クラスは複式学級による編成
石徹白保育園:園児15名、保育士3名、郡上市立の認可外保育園
※2021年度時点

毎晩、クワガタ捕りに夢中✨虫捕り好きな子たち、あつまれ〜🌳

毎晩、クワガタ捕りに夢中✨虫捕り好きな子たち、あつまれ〜🌳

登山し、好きなカメラを堪能する男の子…大自然の中で、好きなこと、めいっぱいやって生きよう⛰

登山し、好きなカメラを堪能する男の子…大自然の中で、好きなこと、めいっぱいやって生きよう⛰

郡上市
石徹白地区地域づくり協議会 留学コーディネーター 加藤 健志郎が紹介する郡上市ってこんなところ!

富士山、立山と並び日本三名山に数えられる白山。
石徹白(いとしろ)はその周辺に広がる白山国立公園の南山麓に位置する小さな集落です。

石徹白は平安時代から鎌倉時代にかけての白山信仰が盛んな時代には「上り千人、下り千人、宿に千人」と言われるほど修験者の出入りで栄えた土地であり、近世(明治)まで神に仕える人が住む村としてどの藩にも属さず、年貢免除・名字帯刀が許されたところです。

年中湧き出る清らかな水、安心・安全な食、深い文化があります。
近年、この地の魅力に惹かれて移住し、心豊かになれる自分たちの暮らしと、自然の中での子育てを実現したくて。都会からの若い家族が増えています。
この土地に住む私たちは、古の文化継承、新しい文化創造のために日々さまざまな活動に取り組んでいます。

プロジェクトの経過レポート
2021/12/01

*石徹白、親子山村留学の2022年春 応募申し込みフォーム を開示します*

6547

*石徹白、親子山村留学の2022年春 応募申し込みフォーム を開示します*

こんにちは❄️
親子山村留学コーディネーターのけんぴ(加藤 健志郎)です😊

石徹白は、朝霜が降りたり、雪が積もったりと、
冬を感じられる日々です☀️

親子山村留学の募集を開始して、
来年2022年春から石徹白に親子で来ていただける家族の応募をします🌿
応募申し込みフォームの記入期限は、12/12(日)までになっています⛰

ご検討いただいていたご家族も、
これを機会に知っていただいたご家族も、
募集記事をご覧いただき、フォームを送信していだけましたら幸いです🌈

■応募申し込みフォーム
https://forms.gle/B89v7GNWqDbLd2fGA

親子山村留学や移住までイメージつかなくても…
こんなご家族はぜひ◎
「最初の1年は、お試しするつもりでその土地の暮らしに入りたい。でも、地域の人たちや地域活動には参加して、地域の雰囲気を知りたい。」

(元々旅館だった家なので)
家は大きすぎるくらいですが、、、
いろんな方が支えてくれる石徹白の環境での子育てや暮らしです🌄

2021/11/22

※来年春からの親子山村留学"本応募から決定"までのスケジュールを公開します※

6413

石徹白や親子山村留学にご興味を持ってくださっている、みなさんは、いかがお過ごしですか?🌕
石徹白の今週は、集落内に雪が降りそうです🏔❄️

さて、今回は、※※来年春からの親子山村留学"本応募から決定"までのスケジュールを公開します※※

12/ 1~12 応募アンケート受付期間
12/15~19 面談(石徹白もしくはオンラインで◎)
12/20~21 受け入れ家族の決定
12/22以降 ご連絡並びに、申し込みに関する誓約

応募アンケートは、同じく経過レポートにてURLを公開予定です🌿
事前や受付期間中、皆さんとの接点を楽しみにしております◎
引き続き、どうぞ、よろしくお願いします◎

2021/11/21

『また会えて、嬉しい🍁』

6404

昨日の石徹白に訪問くださったご家族に続き…

10月16~17日に開催した体験ツアーに参加いただいたご家族が再訪してくれました🌕

朝から小学校で鬼ごっこして、おうちでお絵描き✏️
午後は、石徹白の子達が自分たちで火を起こし、焼き芋やじゃがバターを作って食べたのに、、、
大学生のお姉さんたちに教えてもらいながら、スイートポテトをつくって、みんなで食べました🍠

最後の温泉まで、お友だちと一緒に過ごして♨️
今日はぐっすり眠れるかな💤

2021/11/20

【体験ツアー後も、家族で石徹白に訪問しに来ていただいています🏔】

6399

本日、岐阜市から親子山村留学を検討してくださる方々に、お越しいただきました。

ご両親は、神社の大きな木に感動しながら、子どもたちは山を上り、川を渡り、遊んでいました◎

来てくれた子どもたちは、めいっぱい夕方まで、石徹白の村の子たちと遊び、ハイタッチして「また、遊ぼうね。また、くるね」と帰っていきました。

白山信仰の文化が続くこの村では、受け入れ、見送りという連鎖が続いていて…この土地のもつ流れを、石徹白の子たちも過ごしているのかもしれないなぁとも感じました。

2021/10/07

今月創刊の「Soil mag.」に石徹白がちょっと出ています🌱

5706

今月、素敵な雑誌ができたのを皆さん、ご存知ですか?
その名も「Soil mag. 」本当の豊かさを。移住と、里山ライフのカルチャーマガジン。

===
ここで、飛騨の山中へ。
オリジナルの「農」と
「暮らし」を求めて。
===
というタイトルで、ソヤ畝畑さんの掲載があります。

ソヤ畝畑さんは、自然栽培での農業修行のために、
石徹白に来られて2年間修行し、故郷である飛騨へ行かれました。

石徹白の食べ物は、標高700~800mの高山特有の気候、
昼夜の寒暖差や白山の雪解け水が湧き出る集落
といったところから、野菜も果物も美味しく育ちます🌽

ぜひ、石徹白に訪れ、
子どもたちとともに土にも触れ、
石徹白の食を味わってみてください☺️⛰

留学コーディネーター 加藤

2021/09/22

親子山村留学の体験ツアーを企画しました!!!

5518

※先着3組【親子山村留学 体験ツアー】白山の麓の集落で"自然と文化とともにある暮らし"を体験しませんか?親子での参加者を募集します!」

↓詳細はこちら↓
https://smout.jp/plans/5033

#親子山村留学 #子育て移住 #自然の中の子育て
#2拠点居住 #自然食 #田舎暮らし

石徹白地区地域づくり協議会は、2009年から始まり、"将来にわたっても、石徹白小学校を残したい"と、地域活動をはじめました。子育て世代の移住者は増えていて、2021年には、11年ぶりに全学年生徒がいるようになり、地元新聞でもニュースになりました。 フロントは2021年6月に地域おこし協力隊として協議会の一員となった「加藤 健志郎」です。 私自身、大学から数えると、こどもたちと向き合う活動を12年ほど続けていますが、、、この度、「子どもたちが真ん中になった活動をめいっぱいしたい」と石徹白の活動に参画しました。 普段は、エディブル・スクールヤード・ジャパンの一員として、全国で活動する仲間とつながり合いながら全人教育(必修科目+栄養教育+人間形成)である食育菜園活動を行っています。 山村留学の事業担当として、窓口をしておりますので、お気軽にご連絡いただけると嬉しいです。 私自身も、石徹白でこの土地にねざした暮らしを実現しながら、子どもたちの可能性や願いが開かれる瞬間を創造しています。石徹白の地で、ご一緒できる仲間が増えることが楽しみです。
31
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
こんにちわ。親子留学は、パパなしでも(母子のみ)参加可能ですか?
icon
こんにちは!コメントありがとうございます☺️海外がどこかによりますが、ここはチベットの文化圏や高原地帯のような環境に似ている気がします。参考になれば😌そういった想いから暮らしをつくられること、素敵ですね!中学校は、地域(石徹白の集落内)にはなく、峠を降りた白鳥までシャトルバスで通う形になりますよ◎
icon
こんにちは。現在海外在住ですが家族で日本に戻り、環境の良いところで暮らしたいと思っています。小学生2人中学生1人います。地域に中学校はありますか?
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}