「いつかよそにいった時に役立つようなことをここで働きながら身につけてほしい」。岩手県陸前高田市の産直で働いてみませんか?
募集終了
公開日:2022/08/08
終了日:2022/12/05

「いつかよそにいった時に役立つようなことをここで働きながら身につけてほしい」。岩手県陸前高田市の産直で働いてみませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

■■予告■■
9/17-19の3連休、現地のお試し移住ツアーを開催予定です!
仕事だけでなく「暮らし」も重視したい方は、自分に合う高田暮らしを見つけに、現地に足を運んでみませんか?

▼詳細記事公開中です。ぜひご覧ください!
https://smout.jp/plans/8069

■■■■■■

「移住は興味あるけど、食べていけるかな…?」
「仕事さえ決まれば、移住したい!」
「いきなり企業への応募はちょっと…」
…とお考えの貴方へ!

ぜひ一度、気軽にお話してみませんか?
陸前高田市には専属の移住コンシェルジュがおり、現地・オンライン問わず、移住相談や現地案内を随時受け付けています。

≪これまでのご相談例≫
・自分と同年代の移住者っていますか?
・今募集中の仕事ってどんなものがありますか?
・単身で住める家ってありますか?
・移住いいなとは思っているけど、決まらないんですよね…何をしたらいいんでしょう
など

どんなご相談も歓迎です。
まずは私たちとざっくばらんにお話ししてみませんか?
気になる方はまず「興味あり」ボタンを押していただいて、ぜひ下記からお申し込みください!

▼オンライン移住相談(まずは気楽にお話ししてみたい方はこちら)
https://smout.jp/plans/3803

▼オンライン現地案内(まちや人の様子をよりリアルに体感してみたい方はこちら)
https://smout.jp/plans/3396

お待ちしております。

「陸前高田市のじいちゃんばあちゃんが持っているものがなくなってしまってはもったいない」

今回ご紹介するのは、陸前高田市の産直です。

経験がものをいう農業への知識や技術、またその生産物をどう売ったらいいのかまで、これまで陸前高田市の農業に携わってきた生産者と、若い世代の人たちが交流を持つことを目指している産直があります。

その産直が、東日本大震災後の2011年5月22日に開業した「産直はまなす」。現在、事務局を務める戸羽初枝さんは立ち上げから携わってきました。
ひとりひとりの意見が反映されることを意識して、運営メンバーは12人で組織。開店前には店内の準備作業に加えて、「どんな産直にしていくか」の議論を重ねていました。
話し合いの中で出てきたキーワードは「産直はスーパーマーケットではない」ということ。

▼インタビュー抜粋(マネージャーの声)
「お客様が求めるものを準備することが一番の目的になると、食料品から日用品まで幅広く商品を揃えようとして、モデルがスーパーマーケットになってしまう。はまなすは生産者が運営する産直。スーパーマーケットのようにするのではなくて、まずは生産者の生活レベルを上げるために、生産者の利益を向上させること。もうひとつは陸前高田市の復興に邁進すること。その目的のために、お客様にサービスする、お客様のニーズに応える。ということを意識していこうと話し合いました。小さい産直だけど目的とか志はしっかりと持っているんですよ」

▼求人の詳細、インタビューはこちらをご覧ください。
https://takatakurashi.jp/job/6191/

\こんな仲間を募集しております!/

▼ひとつでも当てはまる方、歓迎です!
・農家や生産者になりたい方(初心者歓迎)
・笑顔で接客ができる方
・高齢の組合員とのコミュニケーションを楽しめる方

詳しくはこちらのページでご確認ください!
https://takatakurashi.jp/job/6191/

陸前高田市
多勢 瞳(旧姓:高橋)が紹介する陸前高田市ってこんなところ!

自然豊かな陸前高田。海と共に生きる半島側の地域から山間部の自然を感じる地域まであり、8つの町から構成されています。「岩手の湘南」とも言われており、冬は雪もあまり積もらず、雪かきは多くても年数回程度の比較的温暖な気候です。
.
陸前高田には、気軽にお家でお茶をする「お茶っこ」や、新鮮な魚介類や野菜などを分け合う「おすそ分け」、夏に開催される伝統的なお祭りに地域一丸となって全力で取り組み、楽しむといった様々な文化が根付いています。
.
Uターン・Iターンなど関係なく、やってきた人を温かく迎え入れてくれる風土があることも陸前高田の大きな魅力の1つ。震災をきっかけに、これまでに多くの移住者たちが復興・新しいまちづくりに挑戦し、活躍してきました。単なる被災地ではなく、外から入ってきて何かを始めたという人が多く、チャレンジしやすい環境となっています。
.
「人と人とのつながりを密に感じたい」「自然に囲まれた暮らしをしたい」「新しいチャレンジをしてみたい」など、どんな些細な想いやきっかけでもかまいません。ぜひ魅力たっぷりな陸前高田に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

多勢 瞳(旧姓:高橋)
特定非営利活動法人 高田暮舎
◆経歴 ・千葉県出身 ・大手人材会社の営業/2019.4~ ・NPO法人高田暮舎の移住コンシェルジュ/2020.10~ 2020年9月末、縁もゆかりもなかった岩手県にIターンしました。 きっかけは高田暮舎のオンラインイベント。 希望していた地域おこし協力隊の募集があり、かつ人や自然環境などにも魅力を感じたので、勢い半分で移住を決めました。笑 現在は陸前高田市の地域おこし協力隊として、移住コンシェルジュを担当させていただいております。 人との交流や新しい体験が大好きで、ゆるりと日々の暮らしを楽しんでいます。
16
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
心機一転したいです。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!