台風第19号からの復興、新たな村づくりに挑む仲間を募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

昨年10月に発生した台風第19号。

宮城県最南端に位置する丸森町筆甫(ひっぽ)地区は、地域史上最悪とも言われる甚大な被害を受けました。地区内のあらゆる箇所で起きた土砂崩れや道路の崩壊により地域は一時「陸の孤立」状態になるとともに、裏山が崩れ複数の家屋が全壊し、河川の氾濫は川沿いの田畑を飲み込んでいきました。

現在、災害から5ヶ月以上が経過しますが、地域の復旧は十分に進んでいません。もとより高齢化率が54%を超え少子高齢化・過疎化が進展している地域であり、地域は存亡の危機を迎えています。

それでも私たちは地域の未来をあきらめていません。むしろここまで被害が大きかったことから、新たな村づくりに取り組もうと動き始めました。

そしていま私たちには必要なものがあります。それは私たちと一緒に地域の復興に取り組み、新たな村づくりに取り組んでくれる強い気持ちを持った仲間です。

地域の復興、新たな村づくりへのチャレンジ。
私たちと共に歩みを進めてくれる仲間をお待ちしています!

復興そして新たな村づくりに取り組む!

●丸森町筆甫地区の取り組み
丸森町筆甫(ひっぽ)地区は人口は525人(※令和2年2月末現在)、高齢化率54%の山里です。筆甫地区も少子高齢化と過疎化が大きく進んだ地域ですが、地区住民全員で組織された住民組織「一般社団法人筆甫地区振興連絡協議会」を中心に、様々な課題解決事業を行ってきました。

・買物対策:住民&支援者出資型店舗「ふでいち」開業&移動販売の実施
・廃校活用:ディサービス事業&家庭的保育事業の実施
・地域エネルギー事業:ひっぽ電力株式会社設立、太陽光・小水力発電事業
・地域ブランド創出事業:「ひっぽのへそ大根」ブランド化&山菜特産品化事業 等々

この地で暮らしていくために様々な地域づくりに取り組んでいたときに発生したのが昨年10月に発生した台風19号でした。24時間総雨量600mmを超える豪雨による被害により地域は壊滅的な状態に追い込まれました。

●復旧から復興〜新しい村づくりプロジェクト〜

筆甫地区は台風19号の被害に対し「できることには何でも取り組もう」という精神で、地域の復旧作業を進めてきました。そしていま、応急的な復旧作業から筆甫地区の未来をかけた【新たな復興プロジェクト】にチャレンジします。

今回募集をするのは、丸森町地域おこし協力隊として、それぞれのプロジェクトを住民と一緒に進めるプロジェクトマネージャーを募集します!そのプロジェクトと主な事業内容は次のとおりです。

【1 活気を生み出す農業再生事業】
・地域の特産品のブランド化、販路開拓
・耕作放棄地を利用した特産品の開発 等

【2 誇りを生み出す林業&再エネ事業】
・筆甫地区内における「木の駅」「自伐型林業」などの仕組み作り
・新たな再生可能エネルギーの調査検討 等

【3 希望を生み出す移住・定住推進事業】
・移住体験ツアーの実施、各種移住フェアへの出展
・地区内の空き家情報の整理や利用可能な空き家のリノベーション 等

「ひっぽのお店ふでいち」開業 地域づくりにみんなで取り組む!

「ひっぽのお店ふでいち」開業 地域づくりにみんなで取り組む!

ひっぽのお宝「へそ大根」さらなるブランド化に取り組みます

ひっぽのお宝「へそ大根」さらなるブランド化に取り組みます

新たな村づくりの核となる3人のプロジェクトマネージャー募集!

●プロジェクトを通じ、こんな方に出会いたいと思っています!
・復興そして新たな村づくりに向けて熱意を持って取り組める方
・チャレンジをする気持ちを持ち、自ら考え、動ける方
・田舎暮らしに興味がある方
・販売経験や営業経験など、これまでの経験を生かしたい方
※地域づくり活動やボランティア活動に関する業務経験が経験等がなくても構いません。

●サポート体制も整えています!
・活動サポート…先輩地域おこし協力隊のメンバーが活動をサポートします。日常的な活動相談や協力隊としてのキャリア相談など活動全般のサポートを行います。
・暮らしサポート…ローカルルールや生活・住まいに関する相談などサポートします。ご近所付き合いや地区ごとのイベントなど、地区になじめるようなサポートを行います。

自分で考え、自分で動ける方、大歓迎!

自分で考え、自分で動ける方、大歓迎!

地域のことをみんなで考える。あなたも仲間になりませんか!

地域のことをみんなで考える。あなたも仲間になりませんか!

詳しい応募条件など

詳細はこちらをご覧ください。
http://hipponet.mystrikingly.com/

【応募方法】
興味のある方は、「興味ある」ボタンを押してください!まずは情報を知りたい、という方も大歓迎です。こちらからご連絡させていただきます!

美しい山里筆甫に咲く樹齢450年のウバヒガン桜

美しい山里筆甫に咲く樹齢450年のウバヒガン桜

日本の原風景の残る美しい山里です

日本の原風景の残る美しい山里です

丸森町
宮城県丸森町筆甫地区が紹介する丸森町ってこんなところ!

丸森町筆甫地区は阿武隈山地の北端に位置する中山間地です。
春には樹齢450年ともいわれる古木の桜が咲き、初夏には蛍が舞うなど四季折々の自然が楽しめる自然豊かな山里です。少子高齢化・過疎化が進んでいますが、地区住民全員で組織する地域運営組織を中心に様々な課題解決事業に取り組んできました。
丸森町内における地域おこし協力隊も2020年4月現在20名を超え「移住・定住」「地域振興」「農業」「林業」「店舗経営」「地域商社」「起業」といった様々な場で活躍しています。

筆甫について知りたい方は下記リンクをご覧ください!
▶︎筆甫のいまをお知らせ FBページ&Instagram
https://www.facebook.com/marumori.hippo/
https://www.instagram.com/hippo.now/
▶︎住民&支援者出資型店舗『ひっぽのお店 ふでいち』&クラウドファンディング
http://marumori.jp/blog/2018052229285/
https://readyfor.jp/projects/hippo
▶︎地域エネルギーの地産地消を目指す電力会社「ひっぽ電力株式会社」
http://hippodenryoku.com/rinen.html
▶︎旧中学校を改修し、地域高齢者福祉の拠点にする「NPO法人そのつ森」
http://www.syougai.gr.jp/topix_boranthia/repo25.html
▶︎内閣府「小さな拠点事例集」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/about/chiisanakyoten/chiisanakyoten_jirei_process.pdf
▶︎『筆甫(ひっぽ)から 一歩踏み出す!-筆甫まちづくりセンター事務局長 吉澤武志』
http://marumori-startups.com/entrepreneur/article03.html

宮城県丸森町筆甫地区
一社)筆甫地区振興連絡協議会
宮城県伊具郡丸森町筆甫地区です。 宮城県と福島県の県境に位置し、人口544人、高齢化率54%を超える山村です。地域の生き残りをかけて様々な事業に取り組んでいます。地域おこし協力隊を募集しています!
31
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}