せとうちを舞台とした高校生の青春をプロデュースしてみませんか?
募集終了

「せとうち留学推進コーディネーター」を募集します!

♦せとうち留学とは?
香川県では「せとうち留学」の名で、県内の全ての公立高校(30校)と県立中学校(1校)で、全国から生徒を募集しており、これまで、100人以上の「せとうち留学生」が入学しています。
「せとうち留学生」たちは、夢や目標をもって香川県で高校生活を送り、彼ら自身が成長しているのはもちろん、香川県内の生徒たちにもよい刺激を与えており、学校の特色化・魅力化だけでなく、地域の活性化にもつながっています。

「せとうち留学」について
https://www.pref.kagawa.lg.jp/kenkyoui/kokokyoiku/nyushi/chugaku-koko/zenkokubosyu.html

♦「せとうち留学推進コーディネーター」とは?
教育、地域活力の観点で非常に効果がある「せとうち留学」ですが、いくつかの課題があります。

【課題】
 ‣「せとうち留学生」の生活環境の整備
 ‣地域一体となった支援
 ‣「せとうち留学」の魅力を全国に発信

そこで、上記課題を解決し、「せとうち留学」を強力に推進するために、香川県では「せとうち留学推進コーディネーター」を募集します!

こんなあなたを待っています!

「せとうち留学推進コーディネーター」には、主に3つの役割があります。

①サポーターとしての役割
「せとうち留学生」が安心して充実した学校生活を送ることができるように、生徒に寄り添い、相談に乗ったり、家庭や学校と連携しながら、生活を支援する役割です。

②プロデューサーとしての役割
「せとうち留学生」にとっては過ごしやすく、地域にとっては受け入れてよかったと思えるように、生活環境を整備する役割です。地域や関係各所と連携しながら生まれたアイデアを形にする、やりがいのある役割です。

③プレイングマネージャーとしての役割
せとうち留学の魅力を全国に発信する役割の他、生徒と共に、学校と地域の連携を進めるための活動への参加など、自ら動いて生徒、学校、地域と関わる役割です。

これらの3つの役割以外にも、あなたの得意分野を生かした、あなたらしい活動ができるよう、相談しながら任務に当たっていただきます。

◆教育に興味・関心があり、何らかの形で教育に関わりたい!という人
◆地域づくりに興味・関心がある!という人
◆香川県(特に小豆島、東讃地域)で働きながら生活したい!という人
◆前向きに新たなことにチャレンジしたい!という人

"全国からやってくるせとうち留学生を、香川県在住の生徒を、香川県の高校を、香川県の地域をもっと元気にしたい!"という思いを持ち、地域と一体となって活動いただける方を募集しています。

働く場所はこんなところ

以下、2つの地域のどちらかを選択していただきます。

No.1 小豆地域(拠点:小豆島中央高校)
オリーブや手延べそうめん、醤油作りなどで有名で、近年は瀬戸内国際芸術祭の会場として、アートの島としても有名な小豆島や豊島などの周囲の島を含めた地域が小豆地域です。
小豆島には小豆島町と土庄町の2つの町があり、小豆島中央高校が島にある唯一の高校です。
小豆島中央高校は、せとうち留学開始以来、全国から入学希望者が絶えない学校で、地域の人材や資源を生かした教育活動が盛んにおこなわれています。しかしながら全国的な少子化の波は小豆島でも同様であり、学校の小規模化に伴い、せとうち留学生の受け入れや、地域と共に作りあげてきたつながりを発展させるにはこれまで以上のアイデアや工夫が必要になってきています。

No.2 東讃地域(拠点:津田高校)
香川県の東部を東讃地域と呼び、そこにさぬき市と東かがわ市があります。志度寺、長尾寺、大窪寺と四国霊場88箇所の86番札所から88番札所があり、お遍路さんを見かけることもしばしばです。ブリやカキの養殖や手袋産業などの地場産業が盛んで、和三盆の産地でもあります。また、自然豊かで四季折々の美しい風景や、伝統行事を肌で感じることができます。
さぬき市と東かがわ市には、三本松高校、石田高校、志度高校、津田高校の4つの高校があります。どの高校も地域との連携は盛んで、普通科である三本松高校は地域に食堂を開放しているほか、食堂の運営には生徒が関わっています。同じく普通科である津田高校にはTDあくてぃ部という、地域の方々と一緒に地域の活性化に取組む部活動があります。農業科と家庭科のある石田高校は、自分たちの育てた野菜を地域で販売するイベントを定期的に開催し、商業科と工業科のある志度高校は、ふるさと返礼品を開発するなど様々な取組みをしています。
しかしながら、この地域ではせとうち留学の受け入れがあまり進んでいません。これは生活環境の整備が追いついていないことと、地域や各高校の魅力が全国の中学生やその保護者の方々に十分に伝わっていないことが大きな原因です。
令和12年4月に石田高校、志度高校、津田高校は統合される予定ですが、だからこそ、地域とのかかわりを強固にし、その財産を統合高校にもつなげたいと考えています。

小豆島中央高校。学校から海までの距離が近く、瀬戸内海の絶景が魅力です。

小豆島中央高校。学校から海までの距離が近く、瀬戸内海の絶景が魅力です。

津田高校の学生が参加する地域のイベント。開催地の津田の松原は「日本の渚百選」にも選ばれた白砂青松の景勝地です。

津田高校の学生が参加する地域のイベント。開催地の津田の松原は「日本の渚百選」にも選ばれた白砂青松の景勝地です。

福利厚生、サポート体制は充実しています!

◆勤務形態
‣会計年度任用職員

◆給与・福利厚生
‣月額給与 約17万円~19万円
 ※前職の勤務年数等により異なります。
‣その他賞与支給
‣住宅補助あり
 ※家賃不要。敷金、礼金は自己負担
‣社会保険(厚生年金、健康保険及び雇用保険)加入

◆サポート体制
香川県内では農業・観光・アウトドアなど、多様な分野で多くの隊員の方々が活動しており、香川の新たな魅力を発見したり、生み出したりしています。しかし、地域づくりは決して1人で完結するものでありません。「協力隊員」・「地域に住まう人々」・「市町職員」の方々、これら地域をめぐる"輪"がしっかり築けていなければ、人にも地域にもひずみが生じてしまいます。香川県では、交流会や研修会などの「県内地域おこし協力隊のネットワークづくり」や「個々の活動のサポート」、「県内地域おこし協力隊の広報支援」など、香川における協力隊の輪(『さぬきの輪』)を意識した個々の取組み支援を行っていくことで、各協力隊が自分らしい活動・生活が続けられるような環境づくりを実施しています。

本プロジェクトに興味・関心のある方は、ぜひ「興味ある」、「応募したい」を押してください!
個別にご連絡いたします。

イベント・ツアー内容

開催日程:2024年03月15日

所要時間:25分

費用:無料

集合場所:オンライン

解散場所:

スケジュール

◆オンライン個別相談会を実施します。
お互いしっかりとマッチングするために、ぜひオンライン個別相談会にご参加ください。個別相談なので他人の目を気にすることなく相談できます。

予定日時は次のとおりです。(1人25分程度の個別相談となります)
3月15日(金)17時30分~19時30分
3月19日(火)17時30分~19時30分
3月22日(金)17時30分~19時30分
3月26日(火)17時30分~19時30分
3月28日(木)17時30分~19時30分

4月以降は4月12日まで事前に日程調整のうえ、相談可能です(土日除く)。
オンライン個別相談会をご希望の方は、2営業日前までに、それとわかるタイトルで、本文に、お名前と第3希望までの日時を明記したメールを香川県教育委員会高校教育課までご連絡いただければと思います。折り返し日時等の御案内をさせていただきます。

香川県教育委員会
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
香川県
香川県地域おこし協力隊が紹介する香川県ってこんなところ!

◆生活がしやすい!
香川県は、面積が全国で最も小さい都道府県です。瀬戸内の温暖な気候や、災害が少ないという自然環境に加え、コンパクトな中に都市の持つ利便性と豊かな自然が調和した住みやすい生活環境を有しています。
◆交通も意外と便利!
交通アクセスも便利で、本州とは瀬戸大橋で結ばれ、JR快速電車なら岡山市から県庁所在地の高松市までは約60分です。高速道路も整備されていて、関西方面からの高速バス便も数多くあります。高速道路を使用すれば県の端から端からの移動も車で90分程度です。高松空港では、東京・羽田線のほか、LCCによる成田線も運航されています。
◆食べ物がおいしい!
言わずと知れたさぬきうどんや、その他にも骨付き鳥、瀬戸内海の魚など美味しいものがたくさんあります。
◆アート県!
県内の各地でアートに触れることができます。3年に一度開催している「瀬戸内国際芸術祭」には国内外から多くの人が訪れています。2025年は第6回目の開催年です。

香川県の地域おこし協力隊募集情報等を発信します。よろしくお願いいたします。

32
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!