「IT×滝沢」で地域おこし!岩手県滝沢市で地域おこし協力隊になりませんか?

UIJターン起業地域活動仕事暮らし募集移住エンジニアデザイナー起業家マーケター/PR地域おこし協力隊

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

滝沢市は岩手県の県庁所在地「盛岡市」に隣接する人口約5万5千人のまちです。市の北西に秀峰岩手山を望み、酪農・農業の基盤となる雄大な自然と、第3次産業を中心とした盛岡市のベッドタウンとして発展してきた都市とが同居するまちです。市内には岩手県立大学や盛岡大学といった高等教育機関が集積し、県内最大の学園都市としての機能があり、人口に対する若い世代の比率が比較的高くなっています。

しかしながら、安定的に若者の転入がある一方で、進学、卒業、就職といった機会に滝沢市を転出する数は多く、若者の地域定着が課題となっています。その課題に対応すべく、若者の雇用の場の創出の為、「滝沢市IPUイノベーションセンター」を岩手県、岩手県立大学、滝沢市の3者で平成21年に整備し、現在では首都圏企業を中心にIT関連企業が立地し、雇用の場として貢献しています。

今後はこの地域を“岩手県内一のIT産業集積地”とするべく、これに関わる人材を首都圏等から積極的に呼び込み、市の産業の発展を目指すほか、市の伝統文化及び観光の発信を担うとともに、定住による地域コミュニティとの共創、地域力強化を図るため、一緒に行動していただける、滝沢市地域おこし協力隊員を募集します。

滝沢市の特徴を活かして、ICT産業の集積につながる活動を行って頂きます!

岩手県立大学に隣接した企業入居施設~滝沢市IPUイノベーションセンター~

企業や学生が集いながら、様々なイベントや学びの場が開催されています

地域おこし協力隊の制度を活用して、どちらかのミッションに取り組んで頂きます。

【IT新価値創造隊のミッション】
滝沢市は岩手県立大学が立地している利点を活かし、人材の確保や産学官連携の推進を目的に多数の企業が立地しております。今後は市民・大学・学生・企業の連携を深め、お互いの協力によるイノベーションの創出に向けた活動をイノベーションセンターをハブとして取り組むことが求められております。

そこで、本テーマに取り組む地域おこし協力隊員(IT新価値創造隊)には、ICT技術を切り口とした地域の企業や人と人のコーディネーターとして、岩手県・滝沢市(Iwate・Takizawa)の魅力やポテンシャルを活かし、地域を巻き込んだ滝沢発の新しいビジネス・取組・事業・製品等の「Made in Takizawa」の創出に資する活動について取り組んでいただきます。

【滝沢魅力発見隊のミッション】
滝沢市の魅力やポテンシャルをPRし滝沢ファンの増加を目指す活動に取り組んで頂きます。
滝沢市の周辺には全国的にも知名度がある、雫石町、八幡平市、盛岡市に囲まれていますが、滝沢は”観光”分野においては弱く、総合的な情報発信力が低い事が現状です。

そこで、本テーマに取組む地域おこし協力隊員(滝沢魅力発見隊)には地域のコーディネーターとして、IT新価値創造隊員と協力しITを活かした地域の発信力強化・PR力強化・競争力強化に関する事業を行い、地域の魅力やポテンシャルを最大限発揮し、全国に「滝沢FAN」ができるよう市職員とともに取り組んでいただきます。

【今回募集する内容について】
募集人数
 IT新価値創造隊 1名、 滝沢魅力発見隊 2名

応募資格
 地域活性化に意欲があり、地域住民と共に積極的な活動ができる方
 三大都市圏内の都市地域若しくは政令指定都市に居住(住民票がある)の方
 採用後に滝沢市に住民票を異動し居住できる方
 普通自動車運転免許(AT限定可)を所持又は取得予定の方
 (※上記のほか詳細な要件については募集要項(予定)をご確認ください。)

雇用形態
 市の非常勤特別職 ※副業可能

雇用期間
 着任日から最大3年間

待遇
 月額180,000円を報酬として支給予定です)
 社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入。
 住居、パソコン等、活動の際の車の使用について対応予定です。

備考
 本事業は総務省「地域おこし協力隊」の制度を活用しています。

※詳細は下記のリンクに募集要項(予定)を掲載しておりますのでご確認ください。

滝沢市地域おこし協力隊募集HP
https://takizawa-kyouryokutai.jp/

県内一から東北一へ!〜ICT産業集積のまちに向けて〜

岩手山の麓、自然に囲まれる滝沢市IPUイノベーションセンター

子どもに向けたICT体験イベントも行っています

滝沢市には、県の公立大学である岩手県立大学があり、総合政策学部、看護学部、社会福祉学部といった社会課題に対する実践的な分野の学部があることに加え、全国でも珍しいソフトウェア情報学部があります。

滝沢市においても、大学の特徴を踏まえて、若者の雇用の場の創出のため、「滝沢市IPUイノベーションセンター」を岩手県、岩手県立大学、滝沢市の3者で平成21年に整備し、現在では首都圏企業を中心にIT関連企業が立地し、雇用の場として貢献しています。

しかし近年のIT人材不足に伴って、これまで以上にソフトウェア情報学部の価値が高まっており、IT技術者の学生(卵たち)への注目が集まっています。そのため、卒業、就職といった機会に滝沢市を離れていってしまう数は多く、若者の地域定着が市としての課題となっています。

こうした中で、学生が滝沢市でさらに活躍できる場所となるよう取組を加速させていくことが改めて重要であると考えています。滝沢市が岩手県内一のIT産業集積の地域となり、ひいては東北一のIT産業集積の地となるべく、滝沢市とITに関わる人材と一緒に、市の産業の発展を目指す滝沢市地域おこし協力隊員を募集します。

滝沢市として初めての「地域おこし協力隊」募集!

滝沢市のお隣の市町では、すでに先輩の隊員が着任しておりますが、滝沢市は今年初めて「地域おこし協力隊」を募集します。

ITをキーワードに地域の価値向上に取組みたい方、自身のスキルを使って地域をコーディネートしてみたい方など、新しい切り口で滝沢市の価値向上に取組みませんか?

市としても新しい取組ですので、一緒に汗を流して取組んで頂ける方をお待ちしております。

滝沢市役所が紹介する滝沢市ってこんなところ!

滝沢市は岩手山の麓の酪農・農業の基盤となる自然と、盛岡市のベッドタウンとして発展してきた都市とが同居した「田舎と都市のちょうど真ん中くらい」のバランスの取れた住心地の良い地域です。

隣の雫石町・八幡平市まで足を伸ばせば温泉もあります。スキー場も多くあります。レジャースポットへのアクセスがしやすいのも特徴です。

岩手県立大学や盛岡大学といった高等教育機関も集まっている特徴があり若い学生も多く住んでいます。

プロジェクトの経過レポート

皆さま、明けましておめでとうございます。
引き続き岩手県滝沢市をどうぞよろしくお願い致します。

さて、今月1月20日 (日)に東京ビックサイトで開催されます移住・地域おこし協力隊イベントに滝沢市が出展致します!

当日は市職員が従事し、様々な質問にお答えしながら、滝沢市について知ってもらう機会とする予定です。ご興味のある方はぜひお越しください!

↓詳細はコチラから↓
https://smout.jp/plans/243

2019/01/07

今週末に迫って参りました「地方に新しい暮らしを探しに行こう JOIN 移住・交流&地域おこしフェア 2019」!

滝沢市も出展に向けて、着々と準備を進めております!
また嬉しいことに、「当日は滝沢市のブースに立ち寄ります。」とのお声掛けもメッセージで頂いております!
滅多に無い機会、みなさまとお会いできることを楽しみにしております☺️

【日 時】平成31年1月20日(日)
【場 所】東京ビッグサイト
【詳 細】https://www.iju-join.jp/feature_cont/file/064/

2019/01/15
滝沢市役所
滝沢市役所
地域おこし協力隊募集を担当します、滝沢市企業振興課です! 普段は企業誘致に関する活動や、ICT産業振興、子どもに向けたICT技術体験イベントなどを行っています。 初めての地域おこし協力隊の導入に向けて取組んでいます。
興味あるを押した人たち(50人)
50
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
来年1月20日(日)に東京で行われる移住・交流フェアに参加します!ご興味のある方、ぜひお越しください!
icon
当方の業務経験にてお役に立てることもあるかと考えています。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}