北見市地域おこし協力隊「ところ観光コンシェルジュ」募集!

UIJターン地域活動歴史・史跡仕事暮らし体験イベントツアー募集急募移住地域おこし協力隊

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

北見市は、平成18年に1市3町が合併して誕生した人口約12万人の都市で、北海道の東部に位置し、オホーツク海沿岸地域の中核都市の役割を担っており、市の総面積は、北海道で最も広い面積を有し、全国で四番目の広さです。

また、オホーツク海沿岸から石北峠までを結ぶ道路延長は110kmと日本一長く、オホーツク地域の商工業・サービス業の中核都市である"北見"、美しく広大な田園が広がる"端野"、国内有数のホタテの産地として、また、カーリングの聖地として知られる"常呂" 、林業・林産業を中心として発展する"留辺蘂"と、海から山まで、豊かな自然と、魅力にあふれたまちづくりが展開されています。

北見市『常呂自治区』は、オホーツク海、サロマ湖に面し、豊かな自然と四季を彩る食に恵まれた農業と漁業の地域です。
平昌五輪で活躍したロコ・ソラーレのホームリンクである屋内カーリングホールなど、内外に知られる著名な観光、文化、スポーツ資源にも恵まれています。

このような常呂の歴史と貴重な宝をこれまで以上に活用し、地域をさらに活性化させるため、「ところ観光コンシェルジュ」を募集します。

ヨソ者目線で地域の魅力を発掘・発信していただきます。

ワッカ原生花園

アドヴィックスところカーリングホール

地域資源が豊富な「常呂自治区」ですが、正直『発信力』があまりありません。これは、地域住民がまちの魅力に気づいていないからなのでは?と思い、常呂の歴史と貴重な宝をこれまで以上に活用し、地域をさらに活性化させるため、『ヨソ者目線でところの“いいところ”を発掘していただき、北見市内外に広めてもらおう』と考えています。

募集内容

【募集人員】
 2名

【活動内容】
 (1)観光ガイド、地域情報の発信
 (2)地域イベントへの参加、支援
 (3)観光資源の発掘と体験型観光プランの開発
 (4)常呂観光協会事業への支援

【任用形態】
 北見市非常勤嘱託職員

【任用期間】
 平成31年4月1日~平成32年3月31日
 ※2年目以降更新の可能性あり。(最長3年)

【報酬】(平成30年4月1日現在)
 月額 179,200円(社会保険等の自己負担分含む)
 ※その他、特別報酬が支給されます。

ほか待遇や詳細につきましては、下記北見市HPをご確認ください。
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2018100400048

北見市は、平成18年に1市3町が合併して誕生した人口約12万人の都市で、北海道の東部に位置し、オホーツク海沿岸地域の中核都市の役割を担っています。 市の総面積は北海道で最も広い面積(1,427.41k㎡)を有し、全国で4番目の広さです。 また、オホーツク海沿岸から石北峠までを結ぶ道路延長は110㎞と日本一長く、オホーツク地域の商工業・サービス業の中核都市である”北見”、美しく広大な田園が広がる”端野”、国内有数のホタテの産地でありカーリングの聖地として有名な”常呂”、林業・林産業を中心として発展する”留辺蘂”と、海から山までそれぞれの魅力にあふれた、多彩な地域です。 気候は、冷涼少雨、年間降水量は北海道内では比較的少なく、日照率も道内有数でありその恵まれた気候と広大な大地、そして豊かな森林資源を生かして農林業やソーラーエネルギーの利用など、さまざまな取り組みが行われています。
興味あるを押した人たち(14人)
14
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}