半分漁師、半分〇〇。有明海漁師の仲間「半漁師(はーふなと)」募集!~自分のやりたいこと、やろう!~
働く・住む
公開日:2021/03/11
終了日:2022/03/31

半分漁師、半分〇〇。有明海漁師の仲間「半漁師(はーふなと)」募集!~自分のやりたいこと、やろう!~

pin 長崎県南島原市
(サブエリア: 長崎県)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

「一番おいしい魚を、自分で捕って食べられる。」
それが漁師の醍醐味だと話す、南島原市深江町漁協の吉田組合長。

組合長のSNSには、「旬を喰らう!」のコメントとあわせて、
新鮮でとってもおいしそうな刺身、煮付け、フライの写真がアップされています。
もちろん、組合長自ら漁に出て、捕ってきた魚たち。
「漁師も捨てたもんじゃない!」。組合長の口癖です。


8つの町からなる南島原市。
すべての町が有明海に面しており、1年を通して様々な種類の海産物を楽しめます。
海沿いには、4代5代と続く漁師たちの家々が立ち並び、
そこに生まれた人たちが、地元の漁業を守ってきました。

しかし、漁師も一筋縄にはいきません。
不漁のときもあれば、寒いときもある、それに道具の手入れ等、根気のいる仕事です。
「自分の子どもたちには継がせない。」
そんな漁師も少なくなく、他の地域と同じように、
漁業者の高齢化、後継者不足の問題に直面しています。
 
 
「漁師も捨てたもんじゃなかと思うとですけどね。」
ここで、組合長のこんな声が聞こえてきそうです。
 
きっとどこかに、組合長の言葉に共感してくれる人がいるはず!
そんな思いで、このプロジェクトを立ち上げました。

「半分漁師をしながら、半分は自分の好きなこととか、やりたい仕事をする。そんな人、おらんやろか。」

深江町漁協の漁師は、目の前に広がる有明海をホームに、漁をしています。
有明海は干満の差が大きく、潮流が速いことで知られており、魚種も豊富。
漁獲される魚は、ギュッと身が締まっていて、とってもおいしい。

4代、5代と続いてきた南島原の漁業。漁師たちの絆。
このまま絶やしてしまうのは「もったいない」!

直面する後継者不足、漁業者の高齢化問題に寂しさを感じながらも、
地元の小学校の卒業文集に、一人だけ『夢は漁師』と書いてあったのを見て
「格段に嬉しかった」と組合長は話します。

豊かな海、歴史ある漁業、新鮮な魚のおいしさ、
できれば、後世の子どもたちに残していきたい。
 
 
ここで、深江町漁協のベテラン漁師さんをご紹介しましょう!

●未だ現役!しげひろさん(82)・かつみさん(78)ご夫婦
中学卒業と同時に漁師になり、約67年、漁師一筋のしげひろさん。
妻のかつみさんと一緒に、ご夫婦で漁を行います。
かつみさんは20歳で嫁ぎ、11人家族の家事、子育ての両立をしつつ、
36歳で船に乗り始めました。
70代、80代になっても、まだまだ現役。
年間200日出漁し、約400万円の収入があるそうです。
  

「ほら、漁師は捨てたもんじゃなかろが(訳:捨てたもんじゃないでしょう)」
という組合長の言葉が、ここでも聞こえてきそうです。

漁以外にも、ワカメやヒジキ、アオサなどの藻類養殖でも十分な収入につながるとか・・・

漁師一本でなくてもいいんです。
「半分漁師をしながら、半分は自分の好きなこととか、やりたい仕事をする。
 略して、半漁師(はーふなと)。そんな人、おらんやろか。」
 
この辺りでは、漁師のことを「ふなと」と呼んでいます。
  
繰り返しますが、現役の漁師の家には、ほとんど後継者がいません。
刺網、キス流し網、イカかご、タコかご等の漁の技術や道具、
このまま絶やしてしまうのは、「もったいない」。
  
「はーふなと」、やってみませんか?

「一番おいしい魚を、自分で捕って食べられる!」それが、漁師の醍醐味。(吉田組合長のSNSより)

「一番おいしい魚を、自分で捕って食べられる!」それが、漁師の醍醐味。(吉田組合長のSNSより)

80歳になってもまだまだ現役!しげひろさん・かつみさんご夫婦。

80歳になってもまだまだ現役!しげひろさん・かつみさんご夫婦。

「半漁師(はーふなと)」が気になる方。有明海で漁師をやってみたい方。まずは、ご連絡ください。

私たちは、こんな方と出会ってみたいです!
・有明海に興味のある方
・漁師に興味のある方
・おいしい魚を、自分で捕って食べたい方
・「半漁師(はーふなと)」にピンと来たそこのあなた。

有明海の魅力、漁師の魅力、深江町漁協の魅力を
たくさんの人に発信し、地域を盛り上げていってくれる方も大歓迎。
下記、ホームページやFacebookも参考にしてくださいね。

深江町漁協は、車えびの養殖地として全国的にも有名です。

https://www.jf-fukae.com/

また「深江ブループロジェクト」として、
食育やアマモバの授業、海岸清掃など、子どもたちへの教育にも力を入れています。

https://m.facebook.com/FukaeBlueProject/
 
 
「漁師って捨てたもんじゃないかも・・・」
組合長の言葉に共感し、もっと話を聞いてみたいなーという方もOK!です!

まずは、お気軽にメッセージください。
私たちにご相談をいただいた後に、深江町漁協へおつなぎします。

コロナが少し落ち着いたら、「漁業体験」移住ツアーの開催も検討しています。
経過レポート等でもお知らせをしていきますので、ぜひ「興味ある」ボタンを押してくださいね。
 
 
自分のやりたいこと、やろう!
「半漁師(はーふなと)」への応募、お待ちしています。

深江ブループロジェクト。子どもたちに豊かな浜を残すため、海を守り育てる活動を行っています。

深江ブループロジェクト。子どもたちに豊かな浜を残すため、海を守り育てる活動を行っています。

深江町漁協の吉田組合長。「どっかに半漁師に興味ある人、おらんかなあ〜」

深江町漁協の吉田組合長。「どっかに半漁師に興味ある人、おらんかなあ〜」

南島原市
長崎県南島原市が紹介する南島原市ってこんなところ!

移住者をルーツとするまち「南島原市」。
ここには、外から来る人々を迎え入れる土壌があります。

長崎県の南部、島原半島の南部に位置し、
北は雲仙普賢岳、南は有明海に面しており、
豊かな自然と歴史を併せ持つ、風光明媚なまちです。

肥沃な大地に育まれた豊かな農水産物、
全国屈指の生産量を誇る島原手延そうめんなど、
おいしい食べ物に恵まれ、
島原の乱(島原・天草一揆)の舞台となった
「原城跡」は世界文化遺産です。

市内のどの地域からも山と海を近くに感じることができ、
マリンスポーツや登山などのアクティビティも楽しめます♩

南島原が気になる方、\ぜひ一度、お越しください!/
人懐っこ~い南島原市民が、みなさんをお迎えします。

▼下記URLより、動画もチェック★
https://www.youtube.com/watch?v=4_IH0lIVOMg

プロジェクトの経過レポート
3748
2021/03/23

【本日12時より!】
Facebookのライブスマウトにて、
本プロジェクトに関するライブ配信を行います!

今日は、深江町漁協吉田組合長はじめ、
現役の漁師さんが出演します!
お昼のランチタイムに、覗いてみてくださいね。

▼詳細はこちら。
https://fb.me/e/dDoMCn4Au
----------------------------------------------------------------------

長崎県南島原市
南島原市 地域づくり課 定住移住班
南島原市役所の定住移住班です! 松本、田中、白石が対応いたします。 移住相談や空き家バンクの紹介を行っています。 オンラインでの相談も大歓迎です♩ 【南島原市について】 長崎県島原半島の先端部に広がる、陽光に恵まれた南向きのまちです。 北に雲仙普賢岳、南に有明海と自然に囲まれ、世界文化遺産「原城跡」や全国屈指の生産高を誇る「島原手延そうめん」が有名です。 島原・天草一揆後の移住者をルーツとする地域で、古くから移住者を歓迎する雰囲気に満ちあふれています。
99
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
半漁師、とても面白い企画ですね。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}