島根県雲南市で、未来の学びをつくる教育コーディネーター募集!
働く・住む

島根県雲南市で、未来の学びをつくる教育コーディネーター募集!

pin 島根県 雲南市
家族・こども教育移住仲間募集マーケター・PR教師・講師営業・販売行政職員その他

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

\\このプロジェクトの魅力//
・教員でなくても教育に関わることができます!
・先進的な取り組みに柔軟、チャレンジができる環境があります!

\\こんな方におすすめ!//
・アイディアがたくさんありチャレンジしたい方
・教育に熱い想いがある方

島根県雲南市は、「チャレンジに日本一優しいまち」を目指し、日本中からソーシャルな課題に向き合うチャレンジャーが集まるイノベーターのメッカです。
そんな雲南市の高校では、若者の流出、産業の衰退、地域コミュニティの希薄化など、これからの日本が直面する課題をリアルな教材としながら課題解決の道筋を考える探究学習を行っています。
異なる立場の人と立場を超えてつながり、たくさんの人を巻き込んで教育を一緒に創っていく仲間を募集します。

魅力あるまちづくりは、イノベーションを起こせる人づくりから

雲南市内の県立高校2校で、高校支援コーディネーターチームが活動。探究授業の企画・実施や、放課後の生徒と地域の大人とのプロジェクトの伴走、地域の方々の教育機会参画のコーディネート等を行っています。

雲南市内の県立高校2校で、高校支援コーディネーターチームが活動。探究授業の企画・実施や、放課後の生徒と地域の大人とのプロジェクトの伴走、地域の方々の教育機会参画のコーディネート等を行っています。

“三日市ラボ”というコワーキングスペースが主な活動拠点です。担当する高校の職員室の中にも席をつくっていただいており、そちらに出勤することもあります。カリキュラムをつくっていくために、先生方との密なコミュニケーションは欠かせません。

“三日市ラボ”というコワーキングスペースが主な活動拠点です。担当する高校の職員室の中にも席をつくっていただいており、そちらに出勤することもあります。カリキュラムをつくっていくために、先生方との密なコミュニケーションは欠かせません。

若者が都市部に流出し、その地域の未来の担い手がいなくなる。結果、日本の人口の半分が暮らす地域はどんどん活力を失っています。一方、課題が山積している地域に変化も生まれ始めています。意志ある挑戦者が県内外を問わずに集まり、セクターを越えた協働を行いながら課題解決を目指しているのです。

今回募集する雲南市でも、 「魅力ある教育を通じたイノベーションを起こせる人づくり」をまちづくりの中心に掲げており、 地域・学校・NPOをはじめとした様々な主体が教育に携わっています。NPOカタリバは、2015年から雲南市に拠点を置いて活動を開始しました。

NPOカタリバのメンバーとして、このプロジェクトをさらに加速させる仲間を募集します。地域から日本全体に広がる教育モデルを一緒に創っていきましょう。

▽活動の詳細はこちら
https://www.katariba.or.jp/activity/project/unnan_school/

【仕事内容】

1)高校のカリキュラムマネジメント
高校の3年間のカリキュラムの設計を学校の管理職や先生方と議論し、設計します。また、カリキュラムを実行していくにあたっての体制構築や評価の仕組みづくりも含めて行います。生徒の探究的な学びを支える仕組みをつくります。

2)高校内外のプロジェクト型学習の開発・実施
「総合的な学習の時間」や「放課後」を活用して生徒がリアルな地域課題を学び、解決に向けてアクションする「探究学習」の授業開発および授業実施(サポート)を行います。先生や地域の方々と連携して探究学習のカリキュラム作成・授業ツール開発・生徒のメンターを行い、主体的な学びを応援します。

3)学校の広報・ブランディング
生徒たちの学びを地域に発信したり、県外の生徒募集を目的としたイベントの設計・実施などを担当します。ブランディング全体に関わる部分に参画していただき、地域における教育の魅力を発信していきます。

※教育に関する経験は必要ありません。

【募集要項】

雇用形態:正職員(認定NPO法人カタリバとの雇用契約)
給与  :22万円〜35万円
契約期間:無期雇用または有期雇用(3年間)
待遇  :社会保険完備、近隣住宅手当あり、通勤交通費支給

▽詳細はこちら
https://www.katariba.or.jp/recruit/job/13911/

全国の仲間と学び合いながら、地域と高校を舞台に教育をつくる。

雲南市職員の方々と。行政と連携し、課題解決・価値創造型人材の育成を軸にした地方創生プロジェクトに参画しています。 持続可能な地域づくりに向けて、教育の分野から様々な取り組みを提案したり、行政や市内で活動するNPOなどと連携した事業を展開しています。

雲南市職員の方々と。行政と連携し、課題解決・価値創造型人材の育成を軸にした地方創生プロジェクトに参画しています。 持続可能な地域づくりに向けて、教育の分野から様々な取り組みを提案したり、行政や市内で活動するNPOなどと連携した事業を展開しています。

雲南市で活動するNPOカタリバのメンバーたち。不動産情報サイトの営業、広告代理店のアートディレクターなど、異業種からの転職者も多く活躍しています。

雲南市で活動するNPOカタリバのメンバーたち。不動産情報サイトの営業、広告代理店のアートディレクターなど、異業種からの転職者も多く活躍しています。

教員ではない立場から、生徒1人ひとりの個性がいきる教育カリキュラムを目指して、先生方と1つのチームになって生徒の成長を支えます。地域と高校を舞台に、立場を超えてたくさんの人を巻き込んで、ともに教育をつくることができることは、地方ならではの醍醐味ではないでしょうか。

また、「NPOカタリバ」というチームで地域に入ることができるのも魅力のひとつです。親でも先生でもない大人との「ナナメの関係」を活かして10代に伴走する技術と仕組みを進化させてきたカタリバの一員として、全国9拠点で活動する仲間と学び合いながら活動することができます。

課題先進地で実現した未来の教育のあり方は、日本中に広がるモデルになるはず。そんな新しい当たり前をつくっているんだと思えることも、大きなやりがいの1つです。

雲南市
菊地 麻子が紹介する雲南市ってこんなところ!

■チャレンジの連鎖で課題“解決”先進地を本気で目指すまち

出雲大社で有名な出雲市の南に位置する島根県雲南市は、人口約4万人、高齢化が深刻な課題先進地と呼ばれる中山間地域のまちです。人口の社会増への挑戦として、子育て世代の流出抑止やUIターンの増加だけでなく、根本的な課題を解決するために、課題解決型人材にあふれた持続可能な魅力あるまちを実現しようと、子ども×若者×大人のチャレンジが連鎖するまちづくりに本気で取り組んでいます。

「地域でできることは、地域で」行う、地域自主組織による課題解決型の住民自治を展開する「大人チャレンジ」。
地域を元気にする仕事がしたい若者の起業支援など、若者たちのチャレンジから地域の未来に必要な“人”と“仕事”をつくる「若者チャレンジ」。
そして、キャリア教育を通して将来の日本に必要な “課題解決人材” を育成する「子どもチャレンジ」。

そんな雲南市は今、日本中からソーシャルな課題に向き合うチャレンジャーが集まるイノベーターのメッカになっています。

菊地 麻子
認定NPO法人カタリバ
「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす力を育める社会」を目指して日本全国の10代への教育に取り組んでいるNPOカタリバで、人事を担当しています。 教育を通して地域の未来をつくるおもしろい仕事を、ぜひ多くの方に知っていただきたいです! 名古屋出身、NPOカタリバ本部がある東京・高円寺在住。 印刷会社の営業職という全く違う仕事から、「誰もが自分を発揮して活き活きと前向きに生きていくためのサポートをしたい」という想いで、6年前にカタリバに転職しました。 ▼こんな人です https://www.katariba.or.jp/outline/member/13665/
86
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
若い人の未来を考えたいね
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}