町内産山ぶどうの使用にとことんこだわる「小坂七滝ワイナリー」で、ワイン醸造やブドウ栽培に携わることができます!
働く・住む
開催日:2019/08/06
応募終了日:2020/03/31

町内産山ぶどうの使用にとことんこだわる「小坂七滝ワイナリー」で、ワイン醸造やブドウ栽培に携わることができます!

pin 秋田県 小坂町
住まい求人地域おこし協力隊募集移住農家醸造家営業・販売地域おこし協力隊その他

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

\このプロジェクトの魅力/
・町内産山ぶどうの使用にこだわる小坂七滝ワイナリーでのワイン醸造チャレンジ
・地域のぶどう農家さんとともに活動
・十和田湖や康楽館など、観光資源が豊富な小坂町での活動

\こんな方におすすめ/
・ワインが好きで、ワイン醸造やぶどう栽培など生産の上流に携わりたい方
・地域の産品の生産に興味のある方
・東北で活動したい方

ワイン醸造・ブドウ栽培に携わる地域おこし協力隊員を募集します!
ブドウ栽培からワイン醸造、販売まで幅広く携わっていただきます!
町内産山ぶどうの使用にとことんこだわる「小坂七滝ワイナリー」で、一緒にチャレンジしたい方お待ちしています!

【こんな方を募集しています!】
研修では農薬散布、草刈り、収穫などの一通りの作業に携わっていただきます。農業ですので時期によってはハード内容となります。それでも続けていただけるという意欲のある方を募集しています。
小坂七滝ワイナリーはまだまだ規模を拡大しているところです。ワインを全国に売り出すためにチャレンジしてくれる方を募集しています。

小坂七滝ワイナリーについてはこちら→
https://kosaka-7falls-winery.com/

小坂七滝ワイナリーの歴史と強み

小坂町では、ワイン用ブドウの栽培を約30年前より進めてきました。

地域性を生かした特徴的な品種によるワイン醸造を目指し、日本独自の山ブドウ交配種を導入してきました。

そして、2017年10月7日、念願のワイン醸造所である「小坂七滝ワイナリー」が誕生し、原料生産から醸造までの全ての工程を国内で完結する「日本ワイン」の製造に成功しました。
これによって、町内産のブドウを使った完全オリジナルのワインの製造が可能になったのです。2018年までに7本のワインを生産しており、順調に規模拡大しています。

【日本ワインと国産ワインの違い】
「日本ワイン」と「国産ワイン」
一見違いがなさそうに思えるこの二つのワインには、実は違いがあるのをご存知ですか?
実は、国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワインを「日本ワイン」、海外産ブドウを使用して国内で製造されたワインを「国産ワイン」と呼んでいます。
日本ワインの知名度と人気は年々上昇しており、まさにこれから売り出していくべきワインです。

【小坂七滝ワイナリーの強み】
①7haの栽培面積を持つ「十和田湖樹海農園」が存在すること。
②山ブドウに特化しており差別化できること。
③小坂町には、十和田湖、康楽館など観光資源が豊富なこと。
④近辺に「桃豚」「鹿角短角牛」「比内地鶏」など肉の銘柄があり、ワインとのマッチングを図れること。

【移住体験ツアー】
協力隊を検討している方の、暮らし体験や施設見学のために交通費・宿泊費の一部を補助しています

小坂町地域おこし協力隊、こんな方に出会えるのを楽しみにしています!

【活動内容】
ブドウ農家さんのもとで、技能習得を目指して就農。
ワイン醸造業務
その他企画立案、情報発信等

【活動時間】
1週間あたり5日(1日7時間45分)

【活動期間】
採用の日から年度末まで。1年ごとの更新可(最長3年)。

【報酬】
月180,000円
※来年度より増額予定
活動に必要なPC、車、通信費、燃料費は一部町で負担

【条件】
・現在、都市地域等に住所を有し、採用後は小坂町に住所を移すことができる方。
・おおむね20歳以上45歳未満の心身ともに健康な方。
・普通自動車免許保持者

【副業について】
普段の活動に支障のない範囲であれば、副業が可能となっています。

興味のある方は「興味ある」「今すぐ話を聞きたい」を押してください!
こちらからご連絡させていただきます!

ツアー内容

開催日程:2019年08月06日

所要時間:19:30~22:00

費用:3500円

定員:16 人

集合場所:東京都中央区日本橋(詳細は予約をしたら分かります。)

解散場所:集合場所と同じ

スケジュール

下記URLに詳細が掲載されています!
予約もそちらからお願いします!
https://kitchhike.com/jp/popups/5d147172528beb6cb38133f4

プロジェクトの経過レポート
2019/07/10

マイナビ農業で記事が掲載されています!
小坂町の人たちや取組が分かりますので是非ご覧ください!
https://agri.mynavi.jp/2019_06_28_77102/

2019/06/11

【東京】マイナビ就農FESTに参加します。
直接取組や協力隊のお話ができますので、興味がある方は是非ご参加ください。

開催時間
2019年6月16日(日)
13:00-17:00(入場受付12:30-16:30)

会場
ミライナタワー12F マイナビルーム

小坂町は、神秘の湖・十和田湖を有しており、市街地は鹿角盆地の北端に位置しています。藩政期には南部盛岡藩に属し、 鉱山と豊富な森林資源に恵まれた秋田・津軽との藩境の村でした。 小坂鉱山の発展により、明治末期には人口2万数千人を抱える県下第二の都市に発展しました。 現在は人口約5,200人、世界に誇る小坂鉱山の技術を活かしたリサイクル関連産業と観光の町です。 十和田湖に代表される美しい自然、そして鉱山の歴史に彩られた近代化産業遺産の建物群がヨーロッパの町にも似た独特の風景を作りだしています。
60
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}