【福井県あわら市】農村地域の柿農家さんと交流してみませんか?
募集終了
体験する
開催日:2021/10/16
終了日:2021/10/14

【福井県あわら市】農村地域の柿農家さんと交流してみませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

福井県あわら市柿原区出身のデザイナーで、高木めぐみさんという方がいらっしゃいます。

高木さんは、農遊コンシェルジュとして福井県各地の魅力ある農村地域の取材をとおして、「観光・農業・教育」3つの視点から農村地域の魅力を発信することに挑戦されています。

誰でも農村地域との関わりが持てるきっかけづくりとして、オンライン交流イベントの開催を考えています。

高木さんの「柿原」との歩み

福井県あわら市柿原地区は高木さんの故郷であり越前柿の産地です。

2016年、柿原の田んぼの地下に北陸新幹線が通ることが決定し、区をあげて柿原の農地や地域の整備を行おうと当時の区長さんが高木さんに声を掛けてくださったことがきっかけで、柿原区の地域づくりに深く関わってこられました。

柿原区では2016年から水田の水路整備、道路整備、東屋の設置、集落センターの整備、遊具の設置、ゴミステーションの整備、獣害対策等を行ってきています。
高木さんは、柿原区のロゴマークデザイン・東屋の設計・東屋のベンチづくりワークショップ・バス停のペイントワークショップなどで関わっています。

このような活動の中で、「柿原NEXT会議」という未来会議や勉強会をすることになり、深い山が無いあわら市にも獣害の被害が深刻化しつつあることや、柿原の「越前柿」をJAに卸すのみでは無く柿原ブランドとして直販したいという地域の方の声、農業者の高齢化による人手不足の課題等が上がりました。

高木さんはその声を聞いて・・・

こういった課題や想いをもった地域はよく耳にするけれど、地域や農家は実行する時間も余裕もない。デザイナーである自分にできることはなんだろう?
自分は33歳女子。結婚も出産もしたい。移住や定住をしなくても応援できる手段は無いものか。

                ↓

「関係人口を増やして応援してくれる人を増やそう!」
「まずは、知ってもらうきっかけづくりをしよう!」

ということで、農遊コンシェルジュになり、今回のイベント開催を決意されました。

越前柿

越前柿

柿原区の活動

柿原区の活動

取り組みに共感してくださる方と一緒に福井県の農村地域を盛り上げていきたい。

◆福井を訪れる旅行者の方へ
 旅先の食べ物からその土地の風土がわかります。ガイドブックに載っていない場所や地域の人との交流など、思い出深い経験をしてほしいです。

◆自然に触れ合う機会がない方へ
 普段はパソコンに向き合う毎日の方も多いと思います。自然や人の温かさに触れると、日頃のストレスも忘れてしまうほどの爽快感で、発見や喜びも感じられます。自然のパワーを感じてほしいです。

◆福井が好きだけど移住定住はできない方へ
 U・Iターンの方にとっても、初めて訪れる方にとっても、自分の故郷と思える交流関係を作りたいと思っています。1年のうち、ほとんど居なくても、出身者でなくても「故郷」「農村」と言えば、ぱっと柿原の風景が脳裏に浮かぶ、花火大会や盆踊りのように今年もこの季節が来たな、柿原に行こうかなと思ってもらえる場づくりをして行きたいです。

◆農業や農村地域を盛り上げたい方へ
 馴染みのある素敵な風景や魅力をもっと知ってもらえるきっかけを作り、まずは楽しいイベントとしてたくさんの人を巻き込みましょう。地域を盛り上げたいけれど忙しくて協力できない方、イベントに参加するだけでも十分です。そして、楽しいと思ったこと、自分の意見を人に話して欲しいです。自分の好きなことや興味のあることを人に話すって大切だなと思います。

今後、取り組みに共感してくださる方達と一緒に福井県の農村地域を盛り上げていけたらと思っています。住んでいる農村地域をPRしたいという方、一緒にイベントを作りたい方も募集しています。どうか、生産者の顔や地域の風景が浮かぶ交流イベントの開催を応援してください。(下記URLから寄付のことについて確認できます)
https://readyfor.jp/projects/awara_kakibara

柿の渋抜き

柿の渋抜き

柿の染物

柿の染物

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年10月16日

所要時間:16:00 ~ 17:30

費用:

集合場所:自宅のパソコン、タブレット、スマホの前

解散場所:

スケジュール

オンラインコミュニケーションツール「Zoom」で農園と参加者をつなぎ、生産者が農園や収穫する柿について参加者へ映像と音声で説明します。途中、オンラインで一緒に作る干し柿づくり体験や柿を使ったレシピ紹介、周辺のおすすめ観光スポットの紹介等をしてツアー終了です。コースは、お土産付きで2種類用意しています。

〈タイムスケジュール予定〉※内容は変更になる場合があります
16:00 柿農家山口さんの農園からスタート
16:20 柿を使ったレシピ紹介
16:30 干し柿づくり体験
    ※柿の皮を剥く包丁又はピーラー、熱湯を沸かす鍋はご準備ください
17:00 周辺の観光スポット紹介
17:10 芦原温泉街歩き
17:30 ツアー終了

Aコース:オンラインツアー+柿原産合わせ柿6個・干し柿作りセット(渋柿6個)・レシピ
Bコース:オンラインツアー+柿原産合わせ柿6個・干し柿作りセット(渋柿6個)・レシピ・柿原のコシヒカリ5kg


※※注意事項※※
※生配信は不慣れなこともありご不便をおかけする可能性がありますが、あらかじめご了承ください。
※本イベントは雨天決行、悪天延期となります。延期の場合には、開催日前日の20時までにメールにてお知らせいたします。
※延期の場合の日程は翌週10/23(土)を予定しております。
※Zoomの操作方法や詳細はご参加いただく方に、改めてメールにてお知らせいたします。

あわら市
福井県あわら市が紹介するあわら市ってこんなところ!

幸福度日本一といわれる福井県。
その北端に位置するあわら市は、JR北陸本線、国道8号、北陸自動車道が南北に縦断しており、福井市や金沢市をはじめ、周辺市町へのアクセスが良いのが特徴です。交通の利便性から、あわら市内には世界に誇れる技術を持つ製造業や、趣向を凝らして観光客をおもてなしする旅館業、大地の恵みを生かして作物を育てる農業など、さまざまな産業がバランス良く集積し、やりがいをもって働ける場所がたくさんあります。
また「あわら温泉」をはじめ、雄大な自然やアートの森があり、歴史・伝統・文化が息づく、暮らしやすくて、幸せを実感できるまちです。

◆あわら市HP
http://www.city.awara.lg.jp/mokuteki/life/ijyuuteijyuu1/p011139.html

◆あわら市感幸プロモーション動画 『幸、感じるまち。あわら市』
https://youtu.be/YsrgNLFYh8s

◆あわら市移住ガイドブック「BRIDGE」
http://www.city.awara.lg.jp/mokuteki/life/ijyuuteijyuu1/p011139_d/fil/ijyu.pdf

福井県の最北端に位置しており、駅(JR・私鉄)、北陸自動車道ICなど、交通機関も充実しています。 山、川、湖、海などの豊かな自然に囲まれ、北陸有数の「あわら温泉」が心を癒してくれます。 『都会にはないぜいたく』にあふれた「あわら市」にあなたも来てみませんか?
22
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
イベントへの正式な申し込みは必要でしょうか。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!