10.14オンライン|「官民二足、ダブルワークの現在」~面白法人カヤックから行政へ 
募集終了
情報を集める
公開日:2021/10/04
終了日:2021/10/14

10.14オンライン|「官民二足、ダブルワークの現在」~面白法人カヤックから行政へ 

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

地域おこし企業人交流プログラムを活用し、面白法人カヤック(移住マッチングサービス「SMOUT」を活用した移住・関係人口の創出を手掛ける)から自治体に出向している地域プロデューサーの名取氏をゲストに迎え、組織風土が異なる官民二足で活動しているリアルをお伝えするとともに、これからの官民連携の在り方や個人のキャリア形成の観点からダブルキャリアの今後を掘り下げます。

また人口1,000人未満の岡山県新庄村でも、行政に所属しながら官民二足をはき「地域経営」を担っている千葉氏との対談を設け、地方における官民ダブルキャリアの必要性や意義についてテーマを深めていきます。

Local Work Design Lab

自ら稼ぐ「 人」を創り出していく、地方創生プロジェクト。

中国地方で一番人口が少ない村、岡山県新庄村(しんじょうそん)。
人口減少、人財の不足、働き場の不足、、社会情勢の変化。
これまでの時代の生き方働き方から、私たちはシフトチェンジを迫られています。

必要なのは、自分の人生をみずからデザインし、自分を生きること。

岡山県新庄村は、令和1(2019)年より「Local Work Design Lab」とプロジェクト名を打ち、「自ら稼ぎを生み出す事業主」の創出と、新庄村の未来を担う人財となる方の移住を推進。新しい働き方生き方を、地方で実現しようとする方を対象とした研修会を実施しています。「人の新たな動きを生み出す」活動として、3つの流れがあるのではと、オンライン/オフライン 双方を活用し取り組んでいます。

「人の新たな動きを生み出す」3つの活動
1.ゲストを核に人とつながる
2.今ある働き場に人財を呼び込む
3.自分で稼ぐ人を生み出す

今回は、「1.ゲストを核に人とつながる」回となります。

「人の新たな動きを生み出す」3つの活動

「人の新たな動きを生み出す」3つの活動

新庄村の取り組み

新庄村の取り組み

登場人物

◆名取 良樹 
地域プロデューサー
三重県玉城町役場 総務政策課 地域活性化起業人 (面白法人カヤック出向)
株式会社ZAIGOO 執行役員 (合同会社CoBaDaman 代表)
官民の二足で活動。
移住マッチングサービス「SMOUT」を活用した移住・関係人口創出プロモーションの企画・運営を行う。紀伊半島移住プロモーション、全国版オンラインみんなの移住フェス、長野県移住フェアなどのプロジェクトマネージャーとして活動。同時に、建築家のマッチングサービス「SuMiKa」や、神奈川県の起業支援拠点「HATSU鎌倉」や八女市コミュニティ拠点「つながるバス停」など、施設内装のプラン二ングを手掛け、オンラインからオフラインまで幅広い活動を行う。

◆千葉 智明
一般社団法人むらづくり新庄村 業務執行理事 / 新庄村役場 総務企画課 主任
岩手県出身。2011年、観光・宿泊の企業への転職を機に岡山県に移り住む。1年半で社長室長(秘書)となり、社長と2人の会社を立ち上げる。2014年新庄村役場へ転職。今年2021年4月、岡山県新庄村役場より出向。現在は、地域ポイントの導入事業と事業主創出事業に注力している。地域団体に複数所属するなど仕事とプライベートの境なく活動している。一応移住者だが、地元民にも地元民だと思われている。

◆安川 幸男 
合同会社イキナセカイ 代表/ 神戸大学客員教授
事業プロデューサー
東京生まれ。メディア業界を経て、(株)NTTデータへ。社内ベンチャー立ち上げ等を経て、持株会社、ドコモなど、15年間NTTグループで事業開発・戦略を担当。
その後地方創生を志し、2016年、鳥取へIターン移住。鳥取県庁へ入庁し商工労働部にて起業家支援を担当後、鳥取銀行へ移り地域創生、若手後継者の支援等に従事。
2020年4月に、産・官・学・金・言すべてを経験したことを活かし、事業プロデュースに特化した法人を設立。現在は中四国・関西で人材育成塾のプロデュースや大学で教鞭を取る。

地域プロデューサー。官民の二足で活動。

地域プロデューサー。官民の二足で活動。

事業プロデューサー。生き方を変えるべき、地方(鳥取)へ移住。「旅と仕事を両立させる」をコンセプトに、年間300泊のホテル暮らし、年間5万キロ(地球1周+1/4)を車で移動するローカルノマド。

事業プロデューサー。生き方を変えるべき、地方(鳥取)へ移住。「旅と仕事を両立させる」をコンセプトに、年間300泊のホテル暮らし、年間5万キロ(地球1周+1/4)を車で移動するローカルノマド。

一般社団法人むらづくり新庄村 業務執行理事 / 新庄村役場 総務企画課 主任

一般社団法人むらづくり新庄村 業務執行理事 / 新庄村役場 総務企画課 主任

イベント・ツアー内容

所要時間:

費用:

集合場所:

解散場所:

スケジュール

19:00 オープニング(プロジェクト説明・千葉)
19:10 地域プロデューサー・名取 良樹 氏トーク
19:40 休憩(5分)
19:45 対談「官民二足のダブルキャリア」
   (名取×千葉) ファシリテーター・安川
20:45 クロージング

新庄村
Local Work Design Labが紹介する新庄村ってこんなところ!

\新庄村って?/
新庄村は、岡山県の西北端に位置する人口1000人未満、自然と人が共生する「顔が見えるサイズ感」の村です。合併せず小さな村で存続中。「日本で最も美しい村」に認定され、また日本で三つの百選にも選ばれた「三百選の里」です。毛無山ブナ林「水源の森 百選」、毛無山ブナとカタクリの花に代表される「かおり風景 100選」、新庄村の小川「残したい日本の音 100選」。四季の移ろいが美しく、年間を通して楽しめる魅力がぎゅっと詰まっている村です。

Local Work Design Lab
岡山県新庄村
👉【Local Work Design Lab】 自ら稼ぐ「 人」を創り出していく、地方創生プロジェクト。 https://lwd-lab.net/ 中国地方で一番人口が少ない村、岡山県新庄村(しんじょうそん)。 人口減少、人財の不足、働き場の不足、、社会情勢の変化。 これまでの時代の生き方働き方から、私たちはシフトチェンジを迫られています。 岡山県新庄村は、令和1(2019)年より「Local Work Design Lab」とプロジェクト名を打ち、「自ら稼ぎを生み出す事業主」の創出と、新庄村の未来を担う人財となる方の移住を推進。新しい働き方生き方を、地方で実現しようとする方を対象とした研修会を実施しています。「人の新たな動きを生み出す」活動として、3つの流れがあるのではと、オンライン/オフライン 双方を活用し取り組んでいます。 「人の新たな動きを生み出す」3つの活動 1.ゲストを核に人とつながる 2.今ある働き場に人財を呼び込む 3.自分で稼ぐ人を生み出す 必要なのは、自分の人生をみずからデザインし、自分を生きること。 👉岡山県新庄村 地域おこし協力隊OG・栃澤が主に窓口をしています。 東京都出身。2017年に岡山県新庄村の地域おこし協力隊となり移住。 https://lit.link/madokodam https://smout.jp/scoutees/41619
29
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!