“働き方”を考え直す。「秘境のシゴトのフィールドワーク」参加者募集!
体験する
開催日:2019/09/21
募集終了日:2020/09/20

“働き方”を考え直す。「秘境のシゴトのフィールドワーク」参加者募集!

住まい地域おこし協力隊募集介護職保育士料理人営業・販売ノマドワーカー移住仲間募集

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

*応募はこちらのフォームからお願いします
https://forms.gle/xA5JmCQxSP4QsR6p6

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「田舎暮らしがやりたくて見て回ったけど、なんだか物足りない」
「地方都市は意外と開発されてて、都会とあんまり変わらない」
「人が優しいのは有り難いけど、もっと自然の中にどっぷり浸かった暮らしがしたい!」

…移住先を探す中で、ちょっぴり不満を感じてる人、いませんか?
どうせならとことん田舎に住みたいけど、仕事探しが大変そう。。そんな不安を抱えてる人、いませんか?

こちらは、日本三大秘境・椎葉村。民俗学発祥の地と言われ、日本最古の循環型農法・焼畑が今でも受け継がれ、平家と源氏が共に暮らしたという伝説が残るこの村の「田舎っぷり」は並みではありません。まさに「田舎」を超えた「秘境」と呼ぶのがふさわしい、そんな村です。

でも、そんな「超」田舎で仕事はあるの?みんなどうやって暮らしてるの?
そんな疑問にお応えするために、実際に見て回るフィールドワークの機会をご用意しました。百聞は一見にしかず。秘境の村の暮らしと仕事、まるっとご覧あれ!

秘境のシゴトのこれまでとこれから、そして可能性に触れる旅。

お茶は自家栽培、が椎葉スタイル

お茶は自家栽培、が椎葉スタイル

水量豊富な清流を活かしてヤマメやチョウザメなど川魚の養殖も

水量豊富な清流を活かしてヤマメやチョウザメなど川魚の養殖も

◯「秘境のシゴトのフィールドワーク」は、2泊3日の体験型プログラムです。
◯参加費は無料ですが、旅費(交通費+宿泊費)や現地での食費は実費負担となります。
◯10月末〆切の、地域おこし協力隊募集に当たっての下見の機会も兼ねています。
◯協力隊への応募を考えている方は「お試し体験事業」を別途申請することで、旅費が半額補助されます(上限あり)。
http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/promote/2019/08/post_35.php

◯秘境の村・椎葉村での『仕事』や『働くこと』にフォーカスした内容になっています。
◯原則として、あらかじめ用意した行程で全員一緒に行動し、同じものを見て、聞いて、体験します。
◯フィールドワーク、とありますが、調査結果の発表会などは特にありません。
◯感じたことや考えたことをシェアしながら、それぞれの日常に持ち帰って頂ければと思います。

働くことそのものを考え直したい人と出会いたい!

知恵と技を子どもたちに伝えるのも大事な仕事

知恵と技を子どもたちに伝えるのも大事な仕事

壁のような森と青空に囲まれての畑仕事は静寂の中で

壁のような森と青空に囲まれての畑仕事は静寂の中で

月に30万円は稼げるけど1万円しか残らない生活と、
月に15万円しか稼げないけど5万円は残る生活と、あなたはどちらはいいですか?

こんな田舎で、どうやって生活を成り立たせているのか分からない…とよく言われます。
「田舎だから仕事がない」「仕事がなければ生活できない」「若い人は村に残らない」
どれも、間違っているとは言わないけれど、その通りとも言えません。

そもそも、働くこと=会社に勤めること=雇用されること、というのは都会の発想だし、ここ数十年で定着したばかりの考え方だと言えますよね。働かざるもの食うべからず、というのはもちろんありますが、働くこと=起業することだったり、山や畑から必要なものを採って来たり、一次産業の事業主として汗を流すことでもあるわけです。

多様化は進み、あらゆる考え方が常識と非常識の間を行き来する現代、あなたの考える「働く」ということは、実は当たり前ではないかも知れません。そんな、新たな気付きが起きるフィールドワークになればと考えています。

ツアー内容

開催日程:2019年09月21日

所要時間:2泊3日です。目安として【9/21(土) 15:00集合〜9/23(月・祝)12:00解散】で想定しています。

費用:無料。ただし現地までの旅費(交通費・宿泊費)滞在中の食費などは実費負担。

定員:5 人

最小催行人数:1 人

集合場所:熊本空港または椎葉村役場正面玄関前

解散場所:椎葉村役場正面玄関前または熊本空港

スケジュール

[細かい部分は変更の可能性があります!]

◯ <1日め> 9月21日(土)
15:00
熊本空港集合→送迎車もしくはレンタカーで椎葉村へ移動
17:00
空き家見学(椎葉村現地集合の方とはここで合流)→移動
18:30
キャンプ場併設のカフェにて夕食会
(協力隊メンバーや青年部などと交流予定)
*薪で沸かす五右衛門風呂や、かまどで炊くご飯などを体験
*宿泊はキャンプ場内のコテージとなります

◯ <2日め> 9月22日(日)
7:00
朝食&お弁当作り(みんなで自炊します)
8:30
栂尾地区まで移動→移住者の暮らしを見学
Webライティングなど複業の話を聴く
11:30 昼食→移動
13:00
小学校にて小学校&地区運動会を見学
17:00
改装中の古民家にて、湧水ビジネス、
集落営農、自給自足2.0などのレクチャー
19:00
コテージ着→夕食、振り返り&ブレスト、
椎葉の名所の写真ツアーなど

◯ <3日め> 9月23日(月・祝)
7:00 朝食、荷造りなど
8:00
村の中心部へ移動
→養殖や原木栽培など、産業の現場見学
11:00
平家本陣にて昼食&お土産タイム
→解散/飛行機組は熊本空港へ(14時過ぎに空港着予定)

*交通手段について最短経路や最安経路などご案内できます
*宿泊費は2泊で5,000円程度の見込みです(食費別)
*参加者の状況で臨機応変に対応します
*まずはご相談ください!

プロジェクトの経過レポート
428
2019/09/05

\残り3枠となりました!/

こちらのプログラム、公開から1週間足らずで2名の方からの参加申込みを頂いています。ありがとうございます!
興味あり、のボタンを押して頂いてもお返事できてない方もいらっしゃるほどで(申し訳ないです…!)想定を超える反響で嬉しい悲鳴を上げております。

定員は5名ですので、残り3枠となりました。友人知人同士で誘い合っての申込みも歓迎です。また、3連休ということで、東京方面からの航空券の価格がかなり高騰しています。車でアクセス可能な九州圏内の方や、中国四国、関西方面の方には、今回が特に狙い目かも知れません。なお、地域おこし協力隊への応募を検討中の方には、お試し体験ということで旅費を半額(上限あり)補助できます。

参加申込みはこちらのフォームから。
https://forms.gle/xA5JmCQxSP4QsR6p6
質問等あれば直接メッセージ頂ければお応えできます。よろしくお願いいたします!

420
2019/09/01

【応募フォームを追加しました!】

さっそくの反響を頂いています!ありがとうございます。
せっかく「行きたい!応募したい!」と思っても、肝心の応募方法がわかりにくかったので、応募フォームのURLを追加しました。本文の冒頭に追加してありますが、こちらにも貼り付けておきますね。
↓↓応募はこちらから↓↓
https://forms.gle/xA5JmCQxSP4QsR6p6

もしくは「今すぐ話を聞きたい」ボタンを押していただければすぐにご連絡します。「興味ある」ボタンの方には順次ご連絡します。よろしくお願いいたします!

村上 健太
椎葉村地域おこし協力隊
徳島県生まれの愛媛県育ち。あんまり四国っぽくない38歳。転勤族。大学進学を機に広い世界を求めて上京するも、舞台俳優という夢に挫折。紆余曲折を経て、自転車で世界一周するという目標を掲げ、憧れのアイルランドへ。一時帰国中に東日本大震災を経験したことにより、旅の目的は「生きてる手応え」を掴むことにシフト。アイルランドに戻ったあと、イギリス、北海道余市町、岡山県西粟倉村などに滞在。TINY HOUSE Workshop一期生。JBS認定ブッシュクラフトアドバイザー。仕事においては企画制作とコーディネートが主戦場。多趣味なようで無趣味。強いて言えばマンガ。最近のマイブームは将棋とプロレス。スマホの契約プランや固定回線の選び方など通信環境を最適化するのが得意技。現在は日本三大秘境の村・宮崎県椎葉村にてキャンプ場のリノベーションに取り組む傍ら、"逞しい未来"を実現する暮らしづくりプロジェクト「自給自足2.0」を進行中。
74
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
今月末まで海外なので時期が合わず…無念。
icon
良ければお話聞かせてください。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}