\北海道のほぼ真ん中/深川市で、移住希望者の夢を叶えるお仕事【移住支援員】を募集します!

北海道深川市は、農業が基幹産業で人口約2万人のまちです。
平成28年より移住定住サポートセンターを設置し、移住に力を入れているまちでもあります。

今回、移住相談のワンストップ窓口である移住定住サポートセンターで、移住希望者との相談対応などを行う移住支援員を募集します!
移住した実体験を生かし、移住希望者の夢を叶えるサポートをしませんか?

深川市はこんなところです

深川市は北海道のほぼ真ん中(北海道の左目あたり)に位置し、人口約2万人の農業が基幹産業のまちです。
田んぼの風景の移り変わりで四季を感じることができる田舎まち…ではありますが、特急列車の停車するJR駅、高速道路のICがあり、交通アクセスに優れたまちでもあります。
旭川市まで一般道で約40分・JRで18分、札幌市まで高速で約1時間半・JRで1時間と、都市部だけではなく、海・山・観光地へのアクセスが良く、北海道を遊びつくすにはぴったりなまちなんです。

また、農業が基幹産業なだけあり、お米、キュウリやトマトなどの野菜、りんごやさくらんぼなどの果樹、牛や豚などの畜産物まで、季節ごとの地元の食材が気軽に手に入り、食卓には地元の食材が並びます。
深川産のりんご100%を使用した果実酒「ふかがわシードル」をはじめ、ふかがわのお米や搾汁後のりんごを食べながら健康に育った放牧豚「ふかがわポーク」等、様々な農畜産物等を活用した特産品づくりにも取り組んでいます。

実際に移住された方の深川市へ移住した理由はさまざま。
「農業に携わりたかったから」
「スキー・ボードが楽しめる山が近くにあったから」
「道内各地のキャンプ場をめぐりたいから」
「子育てするのにちょうどいい環境だったから」

そういった実際に移住をして夢を叶えた移住者さんを1人でも増やしたい!と思い、移住支援員を募集しています。

田んぼの様子で四季を感じられます。

田んぼの様子で四季を感じられます。

ジューシーで肉の旨味たっぷりのふかがわポーク フランクフルト

ジューシーで肉の旨味たっぷりのふかがわポーク フランクフルト

移住支援員の仕事は?

全国各地の人との、出会いのある仕事です。
移住を希望する人と最初のまちの知り合いとなり、地域の人をつなぐパイプ役にもなります。

具体的にはこんなお仕事をしています!

1.移住定住サポートセンター窓口、道外移住相談会での移住相談の対応
→メールや電話、オンラインでの相談対応や、首都圏で開催される移住イベントへ参加し、オフラインでの相談対応を行います。

2.仕事・住まいの紹介対応
→移住するには仕事・住まいを見つけなければなりません!
市内事業所とのマッチング、物件の内覧対応を行います。

3.1dayツアーや移住体験住宅などを活用した移住体験事業の運営
→実際に来市された方に一緒に市内案内を行います。移住体験住宅4戸あり、その管理運営、入居対応があります。

4.移住者との交流イベントなどの企画・実施
→毎年2回開催しています。BBQをしたり、そば打ちをしたり、移住者の皆さんが顔見知りになって楽しめるイベントを行っています。

5.WEBサイト・SNSなどを活用した情報発信
→まちの様子や移住イベントの情報など、HP・FBで発信しています。

既存の事業のほか、移住推進に繋がる新たな事業の企画運営も大歓迎です!

詳細についてはこちら
https://www.city.fukagawa.lg.jp/cms/section/chiikis/uo2pli00000116es.html

「興味ある」「応募したい」ボタンを押してメッセージを送っていただければ、詳細な説明や、質問にお答えいたします!
オンラインでの相談も行っていますのでお気軽にどうぞ~!

移住検討者さんとアップルパイ作りをしたり…

移住検討者さんとアップルパイ作りをしたり…

スノーラフティング体験に同行することもあります!

スノーラフティング体験に同行することもあります!

移住支援員の募集要項

▼募集職種及び募集人数
移住支援員 1名

▼職務内容
移住希望者の相談対応、職業紹介、就労支援
移住推進に関するソフト事業の企画・実施
移住者のフォローアップ など

▼応募資格及び条件
短大卒業以上かつ社会人経験が5年以上あること
普通自動車運転免許(AT限定可)
パソコン(ワード・エクセル)の基本操作ができる
ファイナンシャルプランナー(FP)資格(3級以上)があればなお可
任用後に深川市に居住できるかた

▼勤務時間
8時45分から16時30分(休憩45分) 月曜日から金曜日までの週35時間

▼報酬・手当・休暇等
月額報酬:FP資格無し 189,900円/FP資格有り 198,300円
期末手当:支給有り(在職期間により変動あり)
休暇制度:任用期間や勤務日数に応じて有休休暇が付与されます。その他市の基準により忌引き休暇等の特別休暇が付与されます。
休日:原則土・日曜日、祝日
社会保険等:健康保険、厚生年金、雇用保険適用(保険料本人負担分は月額報酬より控除します)
その他:通勤費などは別途市の基準により支給します。

▼応募・問合わせ先
深川市経済・地域振興部地域振興課地域振興係

▼詳細
https://www.city.fukagawa.lg.jp/cms/section/chiikis/uo2pli00000116es.html

「興味ある」「応募したい」ボタンを押してメッセージを送っていただければ、詳細な説明や、質問にお答えいたします!

深川市移住定住サポートセンター
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
深川市
深川移住定住サポートセンターが紹介する深川市ってこんなところ!

北海道深川市は、北海道のほぼ真ん中に位置し、人口約2万人の農業が基幹産業のまちです。
毎日地元の美味しいお米・野菜を食べて生活ができます。
そばは全国3位、お米は北海道内2位の収穫量です。また、きゅうり・トマト・ピーマン・長いもなど多種多様な野菜が栽培されています。花き農家の数も北海道1位です。
さらに、果樹栽培も盛んで、夏はさくらんぼ狩り、秋にはりんご狩りが楽しめます。
りんごの生産品種は30種類以上にものぼり、深川産のりんごを100%使ったお酒「ふかがわシードル」を特産品として販売しています。

田畑が広がる田舎まち…ではありますが、高速のICもあり海・山・札幌旭川など市街地へも車で1時間で行くことができ、札幌旭川間を走る特急列車が停まるJR深川駅もあり、交通アクセスに優れています。
子育て支援にも力を入れており、妊娠出産応援金として第1・2子33万6千円、第3子以降は53万6千円交付するほか、中学生までの子どもの医療費全額助成、全学区に学童保育所を設置しています。

有名な観光名所があり、知名度が高いまちではありませんが、自然・四季の移り変わりを身近に感じ、のんびり暮らせるまちです。

深川移住定住サポートセンター
深川市移住定住サポートセンター運営協議会
※ プロフィールはまだありません
10
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}